日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「金子恵美 離婚」に関する記事

したたかな計算が(15年自民党カフェスタに夫婦で出演)

ゲス夫辞職から3カ月…自民金子議員“離婚せず宣言”の勝算

妻で自民党の金子恵美衆院議員(38=新潟4区)がようやく29日付の自身のフェイスブック(FB)で〈離婚しない〉と明言した。 金子議員は〈一時は離婚を考えたこともある〉としながらも、〈子供の将来を考えた時に、二人で子供を守っていくことが最善の道だと考えるに至った〉〈一度は(過ちを)許すことも人としての道ではないかと考える〉と決意表明している。 「金子議員は当初、離婚も…

今も一緒に暮らす宮崎謙介&金子恵美夫妻

2016年上半期 アノ事件の“今”追跡

支援者カンカン “ゲス夫”と離婚しない金子議員に落選危機

一方、妻の金子恵美衆院議員(38)は出産後、結婚指輪を外した状態で国会に復帰。妻は離婚を決意か――なんて臆測も流れている。 「今は宮崎氏、金子氏、金子氏の母親、子どもの4人で、金子氏の議員宿舎で一緒に住んでいるようです。宮崎氏は黒縁メガネにヒゲ姿が週刊誌にキャッチされ、その変わり果てた姿に注目が集まりました」(永田町関係者) 夫は針のむしろのプータロー生活、金子氏も…

ポイントは「精神的苦痛」

成功のヒミツ失敗しないコツ

浮気調査のプロ語る 妻にバレて“ゲス度”あげないルール

臨月の妻・金子恵美衆院議員(37)を放り出し、元タレントの女性と逢瀬を重ねていた宮崎謙介前議員(35)。今度は18日発売の「週刊文春」に「二重婚約」疑惑をスッパ抜かれ、SNSがますます大炎上している。今年はベッキー(31)、狩野英孝(33)と、この類いの話が立て続けだが、「ゲス」のレッテルを貼られないためにはどうしたらいいのか。「境界線」を知っておく必要がありそうだ…

政治活動を再開させた金子恵美議員

仕草で分かる本音と建前

会見で夫婦の上下関係ハッキリ示した 金子恵美議員の胸中

先週、妻である自民党の金子恵美代議士(38)が、産休を終えて国会に戻りました。産休前にはめていた結婚指輪を外していた金子議員。一体、どんな心境だったのでしょうか。 衆議院本会議に、まっ白なスーツ姿で現れた金子議員は、ワンレングスの髪を何度もなでつけたり、かきあげました。産休前とは様変わりしてしまった“職場”で、以前と変わらず自分をキレイに見せたい、疲労感を見せたくな…

浮気された金子恵美議員は「恥をかけ」と一喝

金子議員には同情票殺到も…“出来過ぎ妻”は浮気される?

今回、妊娠中に浮気された妻の金子恵美議員(37)には、「かわいそう」という同情票が殺到している。だが、金子議員にまったく落ち度がないと言い切れるだろうか。そもそも夫の人間性を知って結婚したのは金子氏本人。気の毒だが、自分がまいた種だ。また、学年で3つ上の姉さん女房であり、人生の先輩として夫の行為を修正できなかった負い目もある。そして政治以外で世間を騒がせたことに対…

会見では9度も頭を下げた

結婚詐欺まがいの悪事も 不倫宮崎議員“ゲス極まる”女グセ

出産したばかりの妻・金子恵美衆院議員(37)もさぞや驚いたに違いない。不倫相手は1人ではなく、複数いたのだ。宮崎議員は「(金子氏と)これからも生活していきたいが、そんな虫のいい話はないだろうと思う」と話しており、離婚は避けられないとみられる。 「文春は今年1月にも、金子氏と交際中だった宮崎議員が、京都の財界人の娘との婚約を破棄していたという“二股婚約破棄”疑惑を報…

謝罪会見で辞職を表明した宮崎議員

“ゲス不倫議員”辞職 会見で浮上した別女性の存在と関係

宮崎議員は妻で同じ自民党の金子恵美衆院議員(37=新潟4区)の出産に合わせて育児休暇取得を検討すると表明。「イクメン議員」「売名行為」などと賛否両論を巻き起こし、注目を集めていたが、妻の出産直前の1月30日、京都市内の自宅に女性タレントを招き入れ、一夜を共にしたことが発覚。すっかり「ゲス不倫議員」として炎上してしまった。 午前10時45分すぎ、100人以上の報道陣…

日枝神社で盛大に挙式

男性議員初の育休希望で物議 宮崎謙介代議士の評判と打算

男性国会議員初の育児休暇を希望して物議を醸している自民党の宮崎謙介衆院議員(34=京都3区)と金子恵美衆院議員(37=新潟4区)が23日、東京・日枝神社で挙式し、都内のホテルで約400人を招いた披露宴を挙げた。2人が所属する派閥のドンの二階総務会長をはじめ、安倍首相や菅官房長官も顔を出した。 今年2月に結婚した2人のパーティー開催はこれで6回目になる。宮崎議員は加藤…

イケメン宮崎氏と元ミス日本の金子氏

「イケメン&元ミス日本」自民党議員の“職場結婚”に不穏な噂

身長188センチのイケメン、宮崎謙介(34)と、永田町きっての美女、金子恵美(37)両衆院議員の“職場結婚”をめぐっては、早くも「いずれ不満が爆発するだろう」なんて不穏な噂が飛び交っている。 宮崎議員は早大を卒業後、生保会社などを経て2012年の衆院選で初当選した2期生。高学歴、高収入、高身長の上にボートで国体出場経験アリという、世の不公平を体現しているような男だ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事