日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

東京体育館の関連ニュース

日本バスケットボール協会エグゼクティブアドバイザーの川淵三郎氏

注目の人 直撃インタビュー

川淵三郎氏が力説 「有明アリーナは黒字経営確実」の根拠

東京体育館、国立代々木競技場はアリーナではなく体育館だよね。体育館は観客のことを考えて設計されているわけではないから、トイレが少なかったり、不便が多々ある。五輪会場としても、今後のイベント会場としても魅力がない。その点、計画されている有明アリーナは多目的アリーナなんだ。五輪ではバレーボール会場だけど、バスケット、ハンド、バドミントンなど主要な大会の会場に使えるし、そ…

リオ五輪で金メダルの高橋・松友ペア

リオ後の明暗 人気急騰バドミントンとプロ化バレーの違い

20日に開幕したバドミントンのヨネックス・オープン・ジャパン(東京体育館、~25日)のチケットが、リオ五輪効果でバカ売れだ。 女子ダブルスで金メダルの高橋礼華・松友美佐紀組や女子シングルス銅メダルで大会2連覇がかかる奥原希望が出場するとあって、すでに24日(土)、25日(日)限定のプレミアシート(1万円)は完売。土日のアリーナ席(5000円)も売り切れだ。 チケット…

前日練習では笑顔の福原愛

卓球・福原愛 リオ五輪「第4シード」確保へ試練の荻村杯

前日練習の会場(東京体育館)に姿を見せた福原愛(27)が、約2時間半の調整後に見せたのが写真のこの表情。満面の笑みからは、台湾の卓球選手との恋愛がうまくいっていることが想像できるが、笑ってばかりもいられない。 現在の世界ランキングは、石川佳純(23)が4位で五輪シングルスでは第2シード、同7位の福原愛は第5シードの位置にいる。石川は第2シードを確定させれば同2位で第…

臼井二美男さん

この人に密着24時間

「技師装具士」臼井二美男さんは睡眠5時間のフル回転

ストレスを減らし、少しでも前向きになれるように作っています」 この日は主宰する切断者の陸上クラブ「ヘルスエンジェルス」の練習会で、仕事を終えると千駄ケ谷の東京体育館へ向かった。練習会のメンバーはパラリンピックを目指す人から、初めてランニング用の義足を着ける人まで幅広い。 練習中は義足のはき替えから、足の角度、ネジの締め具合などを始終チェック。必要に応じて伴走もする。…

村上清加さん

この人に密着24時間

パラリンピック陸上・村上清加さん「右足を失ったことで出会えた人もいる」

『今まで通りの生活ができるのか』『結婚はできるのか』と、2カ月は悩み続けましたね」 東京体育館のあるJR「千駄ケ谷駅」で待ち合わせたパラリンピック陸上選手の村上清加さん(32)は、真っすぐに見つめながらこう語った。 25歳だった2009年、貧血で駅のホームから転落。右足切断のほか、左足も粉砕骨折を負い、生死の境をさまよった。 「事故の前後の記憶はありません。救急車や…

CHACOあめみやの炭焼きハンバーグ

極旨ランチ探検隊

【CHACOあめみや】レアでも食べられる炭焼きハンバーグ

千駄ケ谷は東京体育館や将棋会館に程近い通りで、1979(昭和54)年創業の老舗ステーキ店。肉を注文すると、入り口前のかまどで炭焼きしてくれる。「あめみや」とは雨宮一家による家族経営という意味だ。 地下1階の店内はレンガ調のあたたかい雰囲気で、少し薄暗く、隠れ家に入った気持ちになる。登山家の三浦雄一郎氏が分厚いブロック肉目当てに通ったり、有名人の常連はたくさんいる。 …

準決勝進出を決めた錦織圭/(C)AP

フェレール撃破で錦織ベスト4 準決勝はジョコビッチ濃厚

1970年に第1回大会が日本(東京体育館)で行われてから今年45回目。日本人選手の出場は錦織が初めて。日本のファンもメディアも関心がなかった。 自称、「ツアー・ファイナルを初めて取材した日本人」という塚越亘氏は、大会名が「ザ・マスターズ」と呼ばれていた第1回大会の時はアルバイトで会場にいたという。 「それはたまたまですが、取材は1973年のボストン大会から始まり、8…

スマッシュクイーンの2人/(C)日刊ゲンダイ

ラケット手にした美女2人 「会場で気軽に声をかけてね」

6月10日(火)から15日(日)まで東京体育館で行われる大会の会場でお客さんへのサービス、選手の応援と大活躍する。今回はロンドン五輪優勝の林丹(中国)、昨年優勝の高校生山口茜(勝山高・16)など注目選手が出場する。 SAKURACOさんはバトントワリングで全国大会に出場したこともあるスポーツウーマン。上条さんは先日も駒沢公園でプレーするなど、最近、バドミントンにはま…

「新国立競技場、何が問題か」槇文彦、大野秀敏編著

槇文彦・大野秀敏編著「新国立競技場、何が問題か」(平凡社 1400円)では、2013年10月に行われたシンポジウムをもとに、東京体育館などを手掛けた槇文彦氏を中心とする建築家らが、新施設建て替えの問題点を明らかにしている。 日本スポーツ振興センター主催の国際デザインコンペを経て、イラク出身の建築家であるザハ・ハディド氏の案が選ばれた新国立競技場。しかし、このコンペ…

None

「GS東京大会8人欠場」はニッポン柔道“真っ当さ”の裏付け

グランドスラム(GS)東京大会(29日~、東京体育館)開幕を前に日本代表の男女監督が27日会見。今大会にエントリーしていた松本薫(26=女子57キロ級金メダル)らロンドン五輪メダリスト3人が直前になって故障を理由に辞退。男女合わせて8人の選手が出場を見送るのは国際大会では異例の事態だ。 GSは日本で行われる唯一の国際大会。海外から五輪、世界選手権のメダリストが参戦…

None

逃げる人も…柔道メダリストがビラ配りで痛感した人気凋落

全日本柔道連盟(全柔連)は14日、東京・水道橋駅前で29日開幕の「グランドスラム東京2013」(東京体育館)の告知イベントを開催。今年8月の世界選手権(ブラジル・リオデジャネイロ)で銅メダルを獲得した男子66キロ級の福岡政章(29)ら現役選手の他、ソウル五輪女子61キロ級銅メダルの北田典子氏、ソウル、バルセロナ、アトランタと3大会連続メダルの田辺陽子氏らアスリート…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事