日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「橋爪功 俳優」に関する記事

「ロケ中は飲まない」と石倉三郎さん

今だから語れる涙と笑いの酒人生

“酒豪俳優”石倉三郎 京都からの誘いに「行くよ」と新幹線で…

「翳りゆく夏」の豪華出演陣/(C)日刊ゲンダイ

松也と熱愛中も合い鍵なし…前田敦子は「風俗嬢似合う」に苦笑

これに橋爪功(73)が「ってことは、風俗嬢が似合うってこと?」と横ヤリ。隣にいた前田は「せっかくいい感じに褒めてもらったのに~」と苦笑するしかなかった。 前田といえば、発売中の「週刊文春」で交際している尾上松也(29)との近況を撮られたばかり。松也のマンション前でタクシーを降りた前田が寒空の下、エントランスのインターホン前で携帯電話を手に立ちつくしていて、「前田は…

足元もセクシー/(C)日刊ゲンダイ

「西田さんは自由、橋爪さんはエロ…」米倉涼子の“男好み”

「西田敏行さんほど自由な方はいないし、橋爪功さんもすごくセクシーでエロさがある」。魅力的な共演俳優を聞かれ、年上好きの一面をのぞかせた米倉。西田は「ドクターX」で、橋爪とは春の特番ドラマ「家政婦は見た!」での共演。たしかにそこらの若者では米倉には歯が立たず…。 次にお眼鏡にかなうオジサンはダ~レだ?…

“持ってる”女優/(C)日刊ゲンダイ

デキ婚で大ヒンシュクでもベタ褒め 黒木メイサの巨匠殺し

中井貴一をはじめ、柳葉敏郎、樋口可南子、岸本加世子、吉行和子、橋爪功、倍賞美津子とそうそうたる演技派が出演する中、“マドンナ”に抜擢されたのが黒木メイサ(25)。大津波で漁師のフィアンセを瞬時に失いながらも、2つの家族をつなぐ重要な役を演じた。コラムニストの桧山珠美氏が言う。 「一貫して家族をテーマに掲げてきた巨匠だけに、かけがえのないものを失った家族が再生する様子…

日本人女性4人目の快挙/(C)日刊ゲンダイ

ベルリン映画祭で大金星 主演の松たか子を「食った」黒木華

橋爪功や笹野高史といったベテラン俳優からなめるような性的なまなざしを向けられるシーンも印象的で、作品のいいスパイスになっていた。内に秘めた色っぽさを表現できる女優として一気に開眼しました」(映画ジャーナリストの大高宏雄氏) メデタイ話の裏では、「山田監督に同行して現地入りしたのが、受賞者本人の華チャンでよかった」(映画関係者)なんて声も聞こえてくる。ベルリンで栄光を…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事