日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「中田英寿 引退」に関する記事

None

土田晃之が腰痛とおさらばできた名波浩の「引退試合」

ほかの出場選手は、キングカズ、ゴン中山、中田英寿と、Jリーグ草創期を支えたそうそうたる選手ばかり。いくら名波の友達といえど、ここに自分が参加したら差は歴然。4万3000人の前で公開処刑みたいなものですよ。 「サッカーファンとして観客席で見たい」と断ると、名波はどうしても出て欲しいと言う。そこまで言われたら仕方ないと思い、せめて当時93キロあった体重を減らし、ボール…

None

中田英寿が「富裕層向け投資ファンドの広告塔」報道後に失踪か?

元日本代表MF中田英寿(36)は06年ドイツW杯後、現役を引退するとサッカー界と縁を切り、「旅人」として世界各地を回るようになった。 「年俸やCM契約金など総獲得賃金は50億円。単なる金持ちの道楽」(サッカー記者)と言われながら、代表理事を務める財団法人「TAKE ACTION FOUNDATION」主催のチャリティーマッチの収益金を寄付したり、それなりに“文化人”…

メロメロなのは柴咲コウとの噂も

柴咲コウをメロメロに…旅人・中田英寿氏「恋の終着駅」は?

14日、元サッカー日本代表の中田英寿氏(38)が「SAKE COMPETITION 2015」の表彰式にゲストプレゼンターとして登場。「日本には1200~1300の蔵がある中で、僕は興味を持って始めたら全部行きたいという人間。できれば日本にある蔵元は全部行ってみたい」と夢を語った。 また、酔ったらどうなるかとの問いに「僕は酔いません。酔うまで飲まない。自分がきちんと…

経営センスが注目される/(C)日刊ゲンダイ

旅人・中田英寿 たどり着いた「日本酒ビジネス」のなぜ?

元サッカー日本代表の中田英寿(37)が、モバイルコンテンツ会社エムティーアイと共同で、無料の日本酒検索アプリ「Sakenomy」を開発した。アプリのコンセプトや使い勝手など細かいところまでアドバイスしたという。 「大きな特徴は、約1000種類の日本酒データベース。銘柄のラベルを写真に撮ると、詳細な情報をチェックできるのは、中田さんのアイデアです。中田さんは全国の酒蔵…

15年4月の岐阜戦でプレーする筆者(右)

45歳Jリーガー プロ25年目の真実

まずは、現役にこだわり続ける理由を話そう

たとえば中田英寿君(39)。本当にやり切ったという気持ちがあるでしょう。W杯に3回出場し、欧州リーグでも活躍しました。目指すべきものが、少なくなったのかもしれません。 ボクは世界に挑戦できていないし、W杯に出たこともありません。小さい頃からの夢を何ひとつ達成していません。 自分のサッカー人生には「悔しさ」しかありません。でも、その「悔しさ」こそが、今も現役を続けられ…

愉快な“病人”たち

お笑い芸人 土田晃之さん (41)

ほかの出場選手は、キングカズ、ゴン中山、中田英寿と、Jリーグ草創期を支えたそうそうたる選手ばかり。いくら名波の友達といえど、ここに自分が参加したら差は歴然。4万3000人の前で公開処刑みたいなものですよ。 「サッカーファンとして観客席で見たい」と断ると、名波はどうしても出て欲しいと言う。そこまで言われたら仕方ないと思い、せめて当時93キロあった体重を減らし、ボール…

写真はイメージ

40歳のリアル

出世意欲が42%しかない“抱っこし放題世代”

1977年の早生まれである元サッカー選手の中田英寿(39)がいい例で、意外とあっさり引退し、世捨て人のように自分探しの旅に出てしまうようなところがある。 どことなく、情熱の薄い年齢である。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事