日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「渥美清 テレビ」に関する記事

秋野太作さん

今あるのはあの人のおかげ

「付き人のようにそばに」 秋野太作が語る故・渥美清との17年

尊敬してやまないのが故・渥美清だ。初共演からの17年を振り返ってくれた。 渥美さんがお亡くなりになられたのが1996年の8月4日。早いもので、もう19年になるんですね。 初めて一緒にお仕事したのは私が俳優座に所属して間もない67年のことです。TBSの一話完結ドラマシリーズ「泣いてたまるか」の中の一話で、渥美さんが高校教師、私は詰め襟姿の学生役でした。 あの時はうれし…

None

「泣いてたまるか」好評 BSで名作ドラマがブームのなぜ?

土曜日に放送中の渥美清主演の「泣いてたまるか」が好評で、3月21日からの10日間と、4月からの毎週月曜日に、評判が良かった作品をセレクトして再放送されることが決まった。 BS12はこのシリーズだけではない。少し前に終わった「女と味噌汁」や放送中の「ありがとう」も話題になっている。さらに、こうした反響を受け、他局でも名作ドラマの編成が続々と決まりつつあるという。 共通…

ザッツエンターテインメント

浅草通になれる本特集

それでも寺山修司は街はずれの見世物小屋を舞台に「浅草放浪記」を発表、日常からはタブー視された大衆社会としての浅草を描き、ビートたけしは渥美清、萩本欽一らがテレビ界へと去った浅草演芸最後の残り火を「浅草キッド」で活写した。 もっとも著者らの主眼は、今日の浅草はかつて文芸作品に描かれた「大衆」の町ではなく、もはや単なる「消費者」の町になり果てたのでは、という問題提起でも…

ハイテンション演技は徹子そのもの

TV見るべきものは!!

満島ひかりが好演 「トットてれび」が伝える時代の熱気

森繁久弥(吉田鋼太郎)、渥美清(中村獅童)、沢村貞子(岸本加世子)らが“成りきり”で競い合う。22歳の黒柳さんが接した森繁は「近所のちょっとエッチなおじさん」という印象。接した女性全部に(黒柳さんにも)、「ね、一回どう?」とコナをかける様子が笑える。 黒柳さんの自分史は、そのままテレビの歴史と重なる。全7回で終わりじゃモッタイナイ。…

山田洋次監督(左)と前田吟

今あるのはあの人のおかげ

寅さん全作に出演…前田吟が山田洋次監督から得た“財産”

渥美清さん演じる寅次郎の妹さくらの夫、印刷工の諏訪博役として全48作に出演させていただき、それが大きな財産になっています。 第1作公開が1969年ですから、もう47年も前のことですね。 当時、私は25歳。俳優座養成所を修了し、役者になって5年目くらいでした。テレビや映画で主役もやっていました。でも、経済的にはまだまだ恵まれていません。主役を演じた翌週には通行人のエキ…

人間が面白い

「トットひとり」黒柳徹子著

兄ちゃんと慕う渥美清さんは、いつも「お嬢さん」と呼んでいる妹分をよくからかった。母さんと呼んでいた沢村貞子さん、もう一人の兄ちゃん杉浦直樹さん、お姉ちゃんの山岡久乃さん。トットちゃんの周りには、優しくて、面白くて、凄い人ばかり。 トットちゃんはNHKがテレビ放送開始にあたってテレビのために養成した専属俳優の1期生。はじめのうちは「変な声」「おかしなしゃべり方」「個性…

晩年は献身的な介護ぶりが話題に

プレイバック芸能スキャンダル史

女性遍歴を実名交え…長門裕之が「買うな」と訴えた暴露本

松田聖子、渥美清、大橋巨泉、愛川欽也らに対する辛辣な人物評も満載。 この本の記述に対してOは、かつての恋仲を否定しないものの、書かれていた件は事実ではないと言明。Iは記者会見で事実無根と抗議し、「何で私が下着を洗わなくちゃいけないんですか」と激怒した。Kも長門の嫌がらせとし、法的手段も辞さずと怒りの記者会見を開いた。 抗議を受けた長門は何度も謝罪会見を開き、11月1…

人間が面白い

「崑ちゃん ボクの昭和青春譜」大村崑著

佐々十郎、芦屋雁之助、小雁、森繁久弥、伴淳三郎、藤山寛美、由利徹、渥美清、トニー谷、江利チエミと高倉健、美空ひばり母娘……。みな、ひとクセあるつわものばかり。確執もあれば和解もあった。笑いも涙もあった。多くは故人となってしまったが、崑ちゃんの語り口が、その素顔を生き生きと蘇らせた。(文藝春秋 1400円+税)…

コメディエンヌぶりが抜群

若かりし日の黒柳徹子を好演 満島ひかりの光る芸達者ぶり

2話目の先週は渥美清(中村獅童)と共演したりと売れていくが、昭和33年の「紅白歌合戦」の司会では「曲目は、アレです……アレです……」とド忘れしたり。満島は役に“化けて”いて、なかなかのコメディエンヌぶり。素の自分に近い恋愛ものより技量が必要な役を達者にこなしている。 売れている女優はみんな、コメディーもできる幅広さを持っているのだから、バカのひとつ覚えの婚活ドラマ…

『男はつらいよ 寅次郎恋歌』 DVD発売中 販売元:松竹(C) 1971 松竹株式会社

観ずに死ねるか

男はつらいよ寅次郎恋唄(1971年 山田洋次監督)

昔は年末になると「男はつらいよ」のテレビCMが流れたが、1996年に渥美清が亡くなってからそれも終わった。本作はシリーズ第8作。マドンナは池内淳子だ。 寅次郎の妹・さくら(倍賞千恵子)の夫・博(前田吟)は「母危篤」の知らせを受けて岡山に帰省。母は死去し、葬儀に寅次郎が現れる。葬儀後、寅次郎は博の父の飃一郎(志村喬)の家に居候。飃一郎から「人間は運命に逆らってはいけな…

いろんなイベントでモテモテだった/(C)日刊ゲンダイ

あの人は今こうしている

「電波少年」ブレークの“なすび”は出身地の福島市に尽くす日々

『フーテンの寅』の渥美清さんの大ファンで、喜劇俳優が夢でしたから。で、ドラマや映画から声がかかった時は、正直、やったと思い、うれしかったですね。今は舞台に取りつかれてます。去年10月にも『カサブタかきむしれっ』って芝居に出させてもらいました。福島が舞台。だけど、コメディーなんです。いや、楽しかったですねえ」 世田谷区内の「帰って寝るだけ」の1Kアパートに一人暮らしだ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事