日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「和田アキ子 事務所」に関する記事

紅白初出場の歌手たち

NHKが一縷の望みをかける 「SMAP紅白出場」の大バクチ

今回は出場40回の節目だった和田アキ子(66)を筆頭にベテラン勢が続々と落選。初出場は10組と、出演者の世代交代と視聴者層の若返りを図るNHK側の意図が色濃く反映された人選となった。 昨年の紅白は視聴率が歴代最低の39.2%と、8年ぶりに40%割れ。今年は東京五輪が開催される2020年に向けて改革元年と位置づけているだけに失敗が許されない。そんな背水のNHKがすがる…

NHK紅白歌合戦の軍配はどちらに?

2015年紅白歌合戦をより楽しむための「10の基礎知識」

和田アキ子が残ったワケ 「『落選』という情報も流れましたが、今年で39回目。歌手は周年を気にするもの。もし今年がOKなら、来年で40回という“金字塔”を達成できる。それだけに本人も必死だったし、ホリプロも“功労者”の和田を全面的にバックアップしました」(芸能リポーターの石川敏男氏) 紅組司会はホリプロの後輩の綾瀬はるか。これも大きなアドバンテージになった。 ②ジ…

None

和田アキ子 NHKへの恨み節は屈折したラブコールか

和田アキ子(67)のNHKへの恨み節が凄いと話題だ。和田が司会のTBS系「アッコにおまかせ!」で16日、フィギュアスケート浅田真央の引退会見を取り上げた際、「トリプルアクセルに声をかけるとするなら?」の質問がNHKアナのものだったと知るや、「NHKの人なんですか? じゃあちょっとコメント差し控えさせていただきます」とそっぽ。「私、意外に水に流せないんです。去年、ちょ…

「僕らが若い頃もそうでした」と話した坂上忍

芸能界 カネと待遇の真実

ベテラン苦言…清水富美加「毎日働き5万円」是か非か

ある芸能プロ関係者によると、芸能人の給料には、レプロのような給料制と歩合制の2種類があり、大手では和田アキ子らの所属するホリプロが給料制、吉本が歩合制として知られている。 給料制の場合、デビューから数年ですぐに売れっ子となった氷川きよしも月給10万円、ホリプロ所属の優香も同額程度だったという。知名度が上がり大きな仕事が入るようになって初めて給料も上がっていく世界な…

40回出場は幻に?

すでに落選報道…和田アキ子「紅白」逆転出場はあるのか

今年で40回目の出場となる歌手の和田アキ子(66)が落選したというのだ。40回の“メモリアル”ということで、出場が確実視されていただけに、関係者のショックは大きいという。 “アッコ落選”に拍車をかけたのが、今年の司会だ。紅組は朝ドラ「とと姉ちゃん」のヒロイン・高畑充希(24)で決まりとみられていたが、フタを開けてみると、来年の朝ドラ「ひよっこ」のヒロイン・有村架純(…

人気に陰りが見える和田アキ子

芸能界クロスロード

女が嫌いな女1位…和田アキ子はなぜバッシングされるのか

和田アキ子(66)が「紅白」に落選。蜂の巣をつついたような騒ぎになっている。賛否両論あれ、これだけの騒動になるのも和田が大物たる証明だろう。40回目の節目の出場だっただけに、本人の落胆ぶりも伝わっているが、NHKは「総合的な判断」と漠然とした落選理由。近年、和田は「紅白」に選ばれるたびにバッシングを受けていた。 「ヒット曲がない」「事務所のゴリ押し」などが主な非難だ…

“犬猿の仲”といわれた小林幸子と和田アキ子

同じ紅白選出でも…小林幸子と和田アキ子を分けた“明暗”

あえて言えば、近年「なんで選ばれるの」と批判の矢面に立っている和田アキ子が今年も選ばれたことぐらい。選考基準には【(1)今年の活躍。(2)世論の支持。(3)企画、演出面】とある。「特別枠」として選出された小林は(3)に当てはまるのだろうが、和田に照らし合わせてみると――。和田の活躍は確かに飛び抜けているが、歌手としてよりもタレントとしての活躍が大。付属するように世論…

川島さんを大勢が見送った(左)

訃報をスルー…和田アキ子「川島なお美さんと不仲」の真相

和田アキ子(65)である。芸能界の“ゴッド姉ちゃん”として多くのタレントに慕われ、人一倍情に厚い人だが、川島さんへのわだかまりが亡くなる前から話題だったためだ。 通夜、告別式には多くの芸能プロ、タレントが供花を送ったが、斎場に和田の名札は見当たらなかった。生前の付き合いにもよるし、所属事務所は違うので、なくても何らおかしくないのだが、実は9月7日、川島さんがシャンパ…

小物も大物もバッサリ/(C)日刊ゲンダイ

和田アキ子食い “新・ご意見番”泉ピン子にTV界が熱視線

ワイドショーの番組スタッフが何かコトが起きると重宝してきたのが「芸能界のご意見番」こと和田アキ子(64)だ。ちなみに“ご意見番”とは、テレビ局やタレントから一目置かれ、他の事務所に所属するタレントについても遠慮なく持論を展開し、毒舌を吐ける人物のこと。ところが最近、和田の舌にキレがなくなってきたという。 「以前ならまさにズバリのコメントを的確に発してくれたんですが、…

最近はすっかり弱くなり/(C)日刊ゲンダイ

今だから語れる涙と笑いの酒人生

スピードワゴン井戸田潤「酔うと複数の女子にLINEを…」

和田アキ子に鍵で頭を何回も頭を刺され…… 最初に酒を飲んだ日は覚えてない。気づいたら飲んでましたね。二十歳の頃に居酒屋でバイトしてたので、仕事終わりによく飲んでましたから。一番飲んだのは20代後半から38歳くらいまでかな。泥酔して2週続けて携帯をなくしたことがあった。 地元名古屋での仕事終わりに飲んだ夜。地元の友達と飲む時はワーッとはしゃいでテキーラとかやっちゃ…

出場歌手発表会見もあまり盛り上がらなかった

大物切りNHK紅白 拙速な世代交代で“最低視聴率”の危機も

女医の西川史子も、同じ所属事務所・ホリプロの和田アキ子が落選したことについて「ちゃんと花道を飾ってあげるべき」とNHKの対応に憤慨していた。 始まる前からここまで批判が続出する紅白は近年、見たことがないが、一体、舞台裏では何が起こっていたのか。 「紅白に強い影響力を持つ大手芸能プロの幹部らが、今年はあまり選考に関与しなかったらしいのです。今後のために、系列グループの…

ジャニーズ事務所とNHKが水面下で駆け引きか?

SMAP巡りジャニーズと綱引き 紅白メンバー発表の舞台裏

今回で出場40回を数えるはずだった和田アキ子をはじめ、伍代夏子、藤あや子、先に卒業宣言した細川たかしらベテラン歌手……この表向きの理由は出場者の若返りだが、それなら天童よしみ、島津亜矢といった面々はなぜOKだったのか、女優の大竹しのぶが選ばれたのはなぜかなど、結構分かりにくい。 そこで、大物外しは別の理由かと勘繰りたくもなる。実は紅白に大きな影響力があった大手芸能プ…

北島三郎、森進一に続き、細川たかしも卒業表明

細川たかしまで…大物歌手が続々「紅白卒業」の裏事情

ベテラン歌手本人たちも、引き際を考えているでしょうから、今後こうした動きは続くと思います」 ■落選危機の和田アキ子はどうする? もっとも細川の場合、北島や森のケースとは決定的に異なるところがある。北島や森は、出場が決まった後に「来年以降は出ない」としてきたが、細川は出場歌手発表直前の段階での卒業宣言だ。落選する前に自ら“予防線”を張ったのでは――という見方もできなく…

及川恒平さん

あの人は今こうしている

六文銭の一人だった及川恒平さんは今もバンド活動継続中

沢田研二、和田アキ子、青江三奈……。主立った歌手はほとんど書き、1000曲は作詞・作曲したんじゃないかな」 だが、5年ほど過ぎた頃、「流行歌の量産なんて自分のやることじゃないな」と悩み、事務所を辞めるだけでなく、歌の世界からも足を洗った。 「で、何をやったか? 驚くことなかれ、テニスのコーチです。高校時代に軟式庭球の経験があり、テニスコーチの資格を取って、約10年間…

今年の紅白は“綾瀬だのみ”?

13年は放送事故も 紅白司会に綾瀬はるか起用するNHKの思惑

「トップバッターの浜崎あゆみを紹介する際、セリフを忘れて“ハイハイ”とやったのを皮切りに、天童よしみの曲名を忘れて固まってしまったり、審査員席にいた美輪明宏のコメントを途中で遮ったり、和田アキ子の歌を紹介する場面で“こんなメッセージが込められています”と言ったきり、内容を言わず、そのまま曲に入ってしまったり……。ミスを数え上げたらキリがありませんでした」(テレビ誌…

共演で衝突が多いパターン/(C)日刊ゲンダイ

ライバル心むき出し テレビ界に出回る「共演NGリスト」

変わったところでは和田アキ子と千昌夫で紅白の楽屋問題、内村光良とキングコング西野、タモリとオードリー若林はともに番組内での発言でモメたためだという。…

今年の出場は…

宇多田やSMAPは? NHK紅白「出場者」最新先取り情報

では、ピンチといわれる和田アキ子はどうか。 「ヒット曲がない和田にはNHKから落選を通告されたようですが、再来年に放映される大河ドラマ『西郷どん』で主演を務める鈴木亮平が和田と同事務所。断れなかったというウワサも流れています」(芸能プロ関係者) ■SMAP抜きでも楽しめる面々か 福山雅治の出場も取り沙汰されている。主演ドラマ「ラヴソング」が低視聴率、主演映画「SC…

マスコミに追いかけられる前に決断

芸能界クロスロード

世間が注目する“元夫婦”の今後 高島礼子は法廷に立つか?

和田アキ子はラジオで私的な意見として「離婚なんかできるの」と異論を唱え、逆にネットで叩かれるという余談もあったが、世間の最大関心事は夫婦の今後にあった。 「高知にどんな判決が出ようと、芸能界に戻れるほど役者としての価値もない」という声が大半を占め、高島に注目は集まっていた。当初、「離婚は高知の判決が出てから」との意見もあったが、高島の決断は速かった。 7月29日、高…

はるな愛と中山秀征

今あるのはあの人のおかげ

「面白がってくれた」はるな愛が感謝する中山秀征との出合い

ずっとお世話になってる和田アキ子さんや志村けんさんも、もとをたどればヒデさんコネクション。それが今に至るお仕事につながっているから、ホント、ありがたいです。ちなみに、飲食代はヒデさんの全額負担で~す。 そうそう、それから帰りのタクシー代。帰り際に「送っていけないから」って出してくれたんです。 しかも、1万円。数千円で足りる距離でも「お釣りは小遣いにしていいよ」って。…

ツイッター依存症?

アッコも苦言…三村マサカズは“過激ツイート”で芸風の危機

ついに、誤打ツイート翌日の10日には、事務所の大先輩・和田アキ子から「お前はいろいろ問題あるから、ツイッターを止めろ」と命じられたが、12日には「でも、止めなかったりして!」とツイートし、ゴッドマザーの指示を拒否してしまった。 「三村は某番組の企画で13年からツイッターを始めています。初めのうちは三村らしい、自分の家族の面白くて温かいネタをツイートしていた。三村らし…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事