日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「広末涼子 出演」に関する記事

謎の温泉芸者役

夏ドラマ“主役・脇役・敵役”辛口採点

視聴率低迷「神の舌を持つ男」 広末涼子が“切り札”の吉凶

第3話まで、エンドロールの出演者テロップに「ヒ・ミ・ツ」と表示して、それまでおかっぱ頭の後ろ姿しか見せていなかった謎の温泉芸者を演じるのが広末涼子(36)であることを第4話放送前に明かしたのだ。 「ヒロインの木村文乃よりも上の扱いにしていた謎の温泉芸者を誰が演じているのかは、なるべく後ろまで引っ張りたかったのは間違いない。それを早々に明らかにしたのは、あまりの視聴率…

None

神田沙也加の相手は広末の元カレ 超モテ男

実はこの男、女優の広末涼子の元カレとして、業界では有名だった。広末が「スーパーアイドル」として人気絶頂だった1998年に、初ロマンスの相手として何度も報じられている。 「当時、広末のプロモーションビデオに“恋人役”で出演したことをきっかけに、交際が始まったんです。東京・世田谷にある村田のボロアパートに、広末が入っていくのをキャッチされたり、新宿をデートする2人の姿が…

バラエティーにもせっせと出演

共演者も恐れる“怪女優” 高畑淳子は1年先まで仕事びっしり

高畑に食われていると評判なのは連ドラ「ナオミとカナコ」(フジテレビ系)で主役を演じる広末涼子と内田有紀。 「高畑は謎の中国人女性の役ですが、その芸達者ぶりにネットに“チャイニーズ淳子”とスレが立つほど盛り上がっている。ドラマの筋より高畑目当ての視聴者がいると話題になっています」(制作関係者) 視聴率が好調なNHK大河ドラマ「真田丸」も同様だ。高畑は真田昌幸(草刈正…

濡れ場もいとわない決意か

冬ドラ女優“辛口”通信簿

「ナオミとカナコ」も低調の広末涼子に“濡れ場解禁”説

90年代にアイドルとして人気を博した実力派女優の広末涼子(35)と内田有紀(40)が初共演するとあって、局側もかなりPRに力を入れていた「ナオミとカナコ」(フジテレビ系)。地下鉄表参道駅には肌もあらわな2人の巨大なポスターを何枚も貼り、朝の情報番組にも2人揃って顔を出すなど、番宣に多数出演。 それなのにフタを開けてみれば初回視聴率7.9%(以下、数字はいずれもビデオ…

ヤケドじゃ済まない/(C)日刊ゲンダイ

佐藤健との不倫報道でCMは…広末涼子「肉食」火遊びの代償

広末涼子(33)が9歳年下の人気俳優、佐藤健(24)と不倫関係にあることが発売中の「女性セブン」のスクープで発覚。同誌には広末が佐藤の自宅マンションを訪れる様子や、翌朝、時間差で外出する姿がバッチリ。2人が甘~い時を過ごしたのはこの日が初めてではなく、都内の溶岩浴スパでの個室デートも目撃されている。 広末は2010年にキャンドルアーティストのキャンドル・ジュン氏(…

この春から東京の大学に進学

ブレーク夜明け前 あのCM美女の正体

“岡山の奇跡”の声も 桜井日奈子はポスト橋本環奈の最右翼

しかし、宮沢りえや広末涼子でさえ、演技ができるようになるまでにはだいぶ時間がかかったわけで、女優として花開くかどうかは、これからの努力と経験次第。ポスト橋本環奈の第一候補ですが、今は未知数」(広告代理店関係者) 来年あたりにはCM女王候補に名乗りを上げそうだ。…

もう「第2の杏」とは呼ばせない

広末の代役で「花燃ゆ」に 鈴木杏はブレークの方式に乗れるか

第3子妊娠5カ月の広末涼子(34)に代わり、NHK大河「花燃ゆ」への出演が決まった鈴木杏(27)。芸歴20年目のベテランだが、意外にも初の大河出演。主人公・文(井上真央)の最初の夫となる久坂玄瑞(東出昌大)の愛妾で、芸妓の辰路役を演じる。第20回(5月17日放送)から登場。目鼻立ちのハッキリとした顔だから、目ばりを引かずとも白粉と紅でイイ女に化けるんじゃないかともっ…

やることはやっていた

広末涼子も…女性芸能人のオメデタ「自分から発表」続く理由

「やることはやっていた」と、一部で報じられたのが、広末涼子(34)。妊娠5カ月であると所属事務所を通じて発表し、「新しい命を授かり、とても、嬉しく、喜ばしく、思っております」とのコメントをつけたのである。 広末は03年にモデルの岡沢高宏と結婚し、翌04年4月に第1子の長男(10)を出産。08年に離婚後、10年10月にキャンドルアーティストのキャンドル・ジュン氏(41…

ヌードに挑んだ安達と市川/(C)日刊ゲンダイ

女優で見る秋映画…エロスなら安達祐実と市川由衣で決まり

次第に女優の風格を感じさせるようになった2人、広末涼子と榮倉奈々の出演作も話題になるはず。広末が「想いのこし」(11月22日公開)。榮倉は「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」(11月22日公開)。広末が岡田将生、榮倉が相葉雅紀の相手役を演じる。2人とも演技力が存分について、期待が持てる。 映画ジャーナリストの大高宏雄氏は「若手が裸も辞さないほどやる気になって…

仕事は絶好調/(C)日刊ゲンダイ

不問なの? 広末涼子の“不倫騒動”をCMスポンサーに直撃

ドラマ「聖女」(NHK)での濃厚な濡れ場が話題になっている広末涼子(34)。きょう9日には第4話が放送されるが、このドラマが始まる半年前には佐藤健(25)との不倫スキャンダルが報じられ、世間を騒がせた。被災地支援のため、月の大半、家を空けているという夫のキャンドル・ジュン氏(40)との関係も心配されているが、不安定なプライベートとは対照的に仕事は大忙し。今月1日から…

セクシーな衣装がサマになっている

伊勢谷友介と破局で脱皮 長澤まさみ「初ヌード」の期待度

伊勢谷と交際する前には、嵐の二宮和也、同郷のEXILEのAKIRA、さらには一部報道で広末涼子の元夫でモデルの岡沢高宏と交際し、岡沢の借金返済を迫られていたことまで報じられたのだが……。 「よく、女優として成長するため、恋愛は不可欠といわれるが、長澤は図らずもそれをしっかり実践している。転換点となった作品は『モテキ』(11年)で、男性経験が肥やしになって、いわゆる…

妻役の内田有紀にやりたい放題

「ナオミとカナコ」でDV夫役 “熱血漢”脱いだ佐藤隆太の評価

本作は、直美(広末涼子)が半年ぶりに大学時代の親友、加奈子(内田有紀)に再会。加奈子がエリート銀行員である夫の達郎(佐藤)から激しいDVを受けていることを知り、達郎の殺害計画を立てるというストーリー。視聴率こそ1桁続きで伸び悩んでいるが、日本に不法滞在中の中国人という1人2役を演じる佐藤の怪演に注目が集まっている。 佐藤といえば、代表作「池袋ウエストゲートパーク」「…

モテモテCMで話題/(C)日刊ゲンダイ

仕事激増 「ゼクシィガール」女子高生モデル松井愛莉って?

今年の秋には岡田将生(24)主演の映画「彼女との上手な別れ方」に出演する予定で、広末涼子(33)らとポールダンサーを演じている。 女優業やタレント活動に本格参戦してきた松井。「脱・あのプロポーズされている女の子」となる日は近いかもしれない。…

“理解”ある夫に恵まれ…/(C)日刊ゲンダイ

広末の疑惑に理解…キャンドル・ジュンが貫くラブ&ピース

先週の芸能界を席巻した広末涼子(33)と若手イケメン俳優、佐藤健(24)の不倫騒動――。今週になってもその火は収まらず、双方の所属事務所やマスコミを巻き込んで大騒動になっている。 発売中の「週刊女性」は路上で広末を直撃取材。不倫について記者が質問すると足を止めて「彼ではなくて私の友人のところに遊びに行ったのですが、たまたま彼と同じマンションだった」とコメント。夫のキ…

None

能年超え!? CM10本に激増した有村架純の“魅力”

CMのため汗を流すのではなく、やはり女優業で認められ、その結果、CM本数が増えていくという展開が理想的です」(芸能評論家の金沢誠氏) 有村は事務所先輩の広末涼子や小雪らを追い越すことができるか。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事