日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「松下奈緒 ドラマ」に関する記事

芦田愛菜はババを引かされた

フジまた惨敗 「OUR HOUSE」「早子先生」に打ち切り情報

芦田愛菜(11)とシャーロット・ケイト・フォックス(30)ダブル主演の「OUR HOUSE」(日曜21時)と、松下奈緒(31)主演の「早子先生、結婚するって本当ですか?」(木曜22時)。いずれもフジテレビ系のドラマだが、「ともに1~2話のカットが決定したそうです」(フジテレビ関係者)。当初の予定より放送回が少なくなるというのだから、これ、事実上の“打ち切り”である…

花魁役がはまった?/(C)日刊ゲンダイ

濡れ場が好評の安達祐実 次はフジ官能枠で「ドラマ主演」か

現在は石原さとみと松下奈緒が共演する「ディア・シスター」が放送されていて、石原の入浴シーンやキスシーンが視聴者の目をとめている。夏には上戸彩、吉瀬美智子が不倫妻を演じた「昼顔」が放送された枠。同作では吉瀬のベッドシーンが生唾もので、平均でも14%近い視聴率を叩き出した。 この枠にピッタリの女優として安達に白羽の矢が立ったわけだ。 「安達の代表作は『家なき子』。その他…

自慢の黒髪を30センチも切ったのに…

春ドラ俳優&女優 “辛口”通信簿

主演ドラマに打ち切り説 松下奈緒“キャラ変”失敗の大誤算

女優生活10年目を迎えた松下奈緒(31)が、2年ぶりの民放主演ドラマ「早子先生、結婚するって本当ですか?」(フジテレビ系)で“脱皮”に失敗している。節目の年にチャレンジしたかった気持ちはわかるが、これでは逆効果である。 自慢の長い黒髪を30センチ切って独身小学校教師役に挑み、清純派イメージをぶち壊すように劇中では“コマネチ”ポーズまで披露。しかも一糸まとわぬ姿で踊る…

コメディエンヌぶりが抜群

若かりし日の黒柳徹子を好演 満島ひかりの光る芸達者ぶり

「私結婚できないんじゃなくて、しないんです」(TBS系/主演・中谷美紀)と「早子先生、結婚するって本当ですか?」(フジテレビ系/同・松下奈緒)はタイトルからしてウンザリの“婚活ドラマ”だし、逆に「コントレール」(NHK/同・石田ゆり子)は旦那を殺した男を愛してしまうというシリアスで暗~い中身。以前、当コラムで触れた「重版出来!」(TBS系)の黒木華は元気のいい新人…

有田哲平、松下奈緒(右上)、中谷美紀(右下)

あれもこれも言わせて

婚活ドラマよりも参考に 恋愛マスターは有田哲平に限る

松下奈緒主演「早子先生、結婚するって本当ですか?」(フジテレビ系)と中谷美紀「私、結婚できないんじゃなくて、しないんです」(TBS系)。 「早子先生」は松下演じる34歳小学校教師、実家暮らしの立木早子が父の病をきっかけに結婚を意識し、同僚の教師たちと婚活同盟を作り、婚活にいそしむストーリー。 “実家暮らし34歳独身女が幸せ探す物語!笑って泣いて元気が出るドラマ”とあ…

意外な姉妹役/(C)日刊ゲンダイ

石原さとみ&松下奈緒も…秋ドラマ「ヒロイン2人制」の戦略

そして、石原さとみ(27)がヤンチャな妹で、松下奈緒(29)は堅物で安定志向型の姉……。 つまり、生き方や性格、世代が異なる“あべこべ”を採用しているというわけだ。 上智大教授の碓井広義氏(メディア論)はこう言う。 「生活スタイルが多様化する中、“ひとりヒロイン”で視聴者の共感を得るのは難しい。電車の路線が単線より複線のほうが便利で、行き先も増えて目的地が選べるよう…

美女ぞろい/(C)日刊ゲンダイ

紀香は下着、綾瀬は入浴…秋ドラマは“お色気合戦”も要注目

石原さとみと松下奈緒の姉妹物語だが、姉の松下に反抗する石原が入浴シーンに挑戦し、さらに男をベッドに引きずり込んでの濡れ場も披露した。この調子だと、もっと過激なシーンは確実だろう。 綾瀬はるかも15日スタートの日本テレビ系「今日会社を休みます。」で、入浴シーンをたっぷりと見せた。胸は白濁したお湯で隠れていたが、Fカップといわれる巨乳を想像しながら見た視聴者も多かったの…

左から川栄李奈、前田敦子、高橋みなみ

あれもこれも言わせて

ドラマで続々新境地 AKB48現役メンバー&卒業組を採点する

松下奈緒主演の春ドラマ「早子先生、結婚するって本当ですか?」(フジテレビ系)にも出演。しっかり者の妹役を演じている。 その川栄がなんともいい。地味な昭和顔も「とと姉ちゃん」での役柄にぴったり。ヒロインの母・君子役の木村多江も“不幸が似合う”などと言われてきたが、こういう顔は貴重。バタ臭い平成顔より地味な昭和顔はなんとも落ち着くのだ。 もちろん顔だけではない。声や表情…

None

嵐・二宮はともかく…ジャニーズだらけだったフジの凋落

「人にも自分にも、嘘をつくのは……まっぴらごめんです!」と松下奈緒に言うシーンは、身長差がちょっと気になったが、セリフ回しはレベルが高い。コミカルな脚本と細切れのカット割りによって「新・坊っちゃん」ともいうべきおもしろいドラマとなっていた。“赤シャツ”役の及川光博をはじめ古田新太、岸部一徳などクセの強い俳優が脇を固めても、主役は食われなかった。 V6の岡田准一のよ…

菅野美穂の夫役演じたチオビタCMが話題に

刑事ドラマの常連 平山浩行の転機は「事務所移籍」と「改名」

最近は、石原さとみ&松下奈緒ダブル主演の「ディア・シスター」や斎藤工主演の「医師たちの恋愛事情」など演技の幅を広げているだけでなく、そのイケメンぶりで女性ファンを増やしている。 そんなイケメン脇役の認知度が高まったのは7年前。今でも続く菅野美穂の夫役を演じるチオビタのCMがスタートした時には、「あれは誰?」と話題になった。身長185センチで、股下が85センチもある…

1週間の集中ロケに挑戦/(C)日刊ゲンダイ

NHKドラマ主演の松下奈緒 “冷凍庫カンヅメ”ロケに興奮

14日、松下奈緒(29)が主演するNHK土曜ドラマ「芙蓉の人~富士山頂の妻」(26日スタート)の制作発表会見に登場した。 明治28年、厳冬の富士山頂に初の私設気象観測所をつくった気象学者、野中到とその妻・千代子の絆を描いた作品で、松下は佐藤隆太(34)と夫婦役を務めた。観測所のシーン撮影のため、マイナス10度の冷凍倉庫内に組まれたセットで1週間の集中ロケに挑戦する2…

石原さとみの代表作になる?

TV見るべきものは!!

校閲ガール賛否凌駕する石原さとみのフルスロットル演技

近年の石原は、松本潤や山下智久の相手役、松下奈緒の妹役といった立場で、完全燃焼とは言えなかった。だが今回は、「鏡月」のCMで表現した大人の女性の可愛らしさも、「明治果汁グミ」で見せたコメディエンヌの才能も、思う存分発揮できる。もしかしたらこのドラマ、石原の“セカンドデビュー”ともいえる、代表作の一本になるかもしれない。…

“ゲゲゲ”をきっかけに本格ブレーク

松下&向井だけじゃない…あの吹石一恵も“ゲゲゲ”が転機に

水木さんの妻・武良布枝さん(83)が書いた自伝をもとにした朝ドラ「ゲゲゲの女房」(2010年、NHK)で主役を演じた松下奈緒(30)は「まさか大好きなお父ちゃんが……。当時を思い出すと涙があふれます」とコメントを発表すると、同ドラマの主題歌「ありがとう」を歌ったいきものがかりも「主題歌を歌わせていただいたことは多くの人々に自分たちの存在を知っていただく大きな転機に…

「安定」か「ドキドキ」か/(C)日刊ゲンダイ

下馬評は仲間優勢だが…「紅白」司会めぐる吉高との一騎打ち

“夏の紅白”とも呼ばれるこの番組では、朝ドラのヒロインを司会に起用することが多く、国仲涼子(01年「ちゅらさん」)、松下奈緒(10年「ゲゲゲの女房」)、杏(13年「ごちそうさん」)などがそう。さらに、「“夏の紅白”の司会は、年末の紅白司会の予行演習」という見方も。 実際、松下は10年に夏と冬の“紅白司会”を制覇。12年に「梅ちゃん先生」でヒロインを務めた堀北真希は…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事