日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「前田敦子 現在」に関する記事

映画での体当たり演技が高評価

佐藤健、尾上松也…恋愛経験が花開かせた前田敦子の演技力

総選挙間近のAKBの“元・不動のセンター”前田敦子が、この7月からスタートする連続ドラマ「ど根性ガエル」(日本テレビ系)に出演する。同ドラマは、70年代に一世を風靡した同名人気漫画の実写版で、原作の世界から16年がたったという設定。前田は30歳になった主人公・ひろしのマドンナ「京子ちゃん」役を演じる。 前田といえば、AKB48で人気絶頂の時代から卒業後にかけて出演し…

抜擢/(C)日刊ゲンダイ

“泥酔パンツ”で降板も…前田敦子「酒好き」でCM返り咲き

渡哲也(72)が03年から出演している松竹梅「天」の新CM発表会が12日に開かれ、渡と共演した元AKB48の前田敦子(23)が登場した。このCMシリーズで渡が女優と共演するのは初めて。数ある女優の中で、しかもまだ20代前半の前田は大抜擢となった。 前田は“大物”との共演が少なくない。トヨタのCMではジャン・レノ(66)と共演している。現在「花王」や「不二家」などC…

日テレは杏が頼り

「花咲舞」は早くもシーズン3決定 杏と日テレ“蜜月”の裏事情

まさに過去に日テレが放映していた『太陽にほえろ』と同じ制作構造なんです」(芸能プロ関係者) 現在、日テレが勝負に打って出た松山ケンイチ&前田敦子が出演するドラマ「ど根性ガエル」は回を重ねるごとに数字を落とし、視聴率6%台をマーク……。さらに、初回こそ視聴率16%超えを記録した「デスノート」もいまや“シングルベル”。日テレドラマは「花咲舞が黙ってない」以外、実は大惨敗…

左から川栄李奈、前田敦子、高橋みなみ

あれもこれも言わせて

ドラマで続々新境地 AKB48現役メンバー&卒業組を採点する

■濡れ場大サービスで新境地 今期のドラマではもうひとり、元AKB48の“絶対的エース”前田敦子も「毒島ゆり子のせきらら日記」(TBS系)に主演して濃厚キスシーンやベッドシーンなど濡れ場大サービスで新境地。映画「イニシエーション・ラブ」同様、前田敦子はこういう役がハマる。佐藤健やら尾上松也やらプライベートはなにかと男運が悪そうだが、仕事でストレス発散ができてよかった…

「電波停止」に言及した高市総務相

TV見るべきものは!!

高市総務相はまだ「電波停止」発言を撤回していない

同じTBS系では、漫画家の世界やコミック誌の現場をのぞかせてくれた黒木華主演「重版出来!」(脚本は「逃げ恥」の野木亜紀子)、前田敦子が新境地を開いた「毒島ゆり子のせきらら日記」なども挙げたい。 また、石原さとみ主演「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」(日本テレビ系)は、出版社の校閲部という舞台設定が新鮮だった。石原のファッションがインスタグラムなどSNSを通じて話…

新大久保で焼肉店経営/(C)日刊ゲンダイ

「かわいそう」の声も…AKB48内田眞由美は一番の勝ち組?

AKB48の11月26日に発売が予定されているシングル「希望的リフレイン」のMVに、前田敦子や大島優子などの卒業生も含む、これまでセンターポジションを経験したメンバーが出演することで話題になっている。 ちなみに出演メンバーは、ミリオンヒット連続達成の1曲目のシングル「桜の木になろう」(2011年2月11日発売)以降のセンターポジション経験者である。 ところが、一部の…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事