日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

川口春奈 特集

川口 春奈(かわぐち はるな)1995年2月10日長崎県生まれ。女優。所属芸能事務所は研音。2007年、第11回「ニコラモデルオーディション」でグランプリを獲得し、ファッション雑誌「ニコラ」の専属モデルとして芸能界デビュー。09年3月、テレビCM「三井のリハウス」の第13代リハウスガールに選出。同年4月、大塚製薬「ポカリスエット」のCMキャラクターに起用される。同年10月、「東京DOGS」でドラマ初出演を果たし、女優デビュー。10年7月、au「LISMO」のCMに出演。11年3月、「ニコラ」5月号をもって同誌専属モデルを卒業し、女優業に専念。同年6月、公開の映画「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」で映画初出演を果たす。同年7月、「桜蘭高校ホスト部」(TBS)でドラマ初主演。12年3月、同ドラマの映画版「桜蘭高校ホスト部」で映画初主演。
None

「夫のカノジョ」打ち切り決定も…川口春奈がブログで健気に“番宣”

“ゴールデンタイム今世紀最低視聴率”を記録してしまった連続ドラマ「夫のカノジョ」(TBS系)の主演女優・川口春奈(18)が11月28日、第6話放送を前に自身のブログを一週間ぶりに更新し、必死に番組を宣伝している。 TBS側の打ち切り発表後、初となるブログのエントリータイトルはズバリ、「観てね!」。冒頭、11月22日に封切られた主演映画「マダム・マーマレイドの異常な謎…

見た目とは裏腹に…

ガツガツしすぎ? 川口春奈の豪快な食べ方に視聴者が仰天

9日に放送された生活情報バラエティー番組「あのニュースで得する人損する人」(日本テレビ系)に出演した女優・川口春奈(22)の豪快すぎる食べ方が反響を呼んでいる。 番組では毎週、節約メニューや効率的な掃除の方法などを特集。この日は「余りがち野菜活用テク」と題し、白菜を余すところなく使った料理を紹介したが、最も注目を集めたのは料理よりも、川口の食べっぷりだった。 鍋料理…

20歳で一区切り/(C)日刊ゲンダイ

「低視聴率」に泣いた川口春奈 セクシー路線で狙う再浮上

紀伊国屋書店・新宿本店で11日、写真集「haruna3」の発売記念イベントを行った川口春奈(20)。2013年の2冊目に続く3冊目で、トップレスを思わせる大胆ショットや初めての下着姿も収録されている。初の“領域”にも川口は「全然平気でした。水着も下着も変わらないじゃないって思っていたし、抵抗はなかった。カメラマンさんと2人、無心で時を忘れて撮影しました。別に大変では…

姉と弟として共演/(C)日刊ゲンダイ

CM初共演 川口春奈&加藤清史郎は“デコボコ姉弟”?

川口春奈(19)と加藤清史郎(13)が17日、「クノール カップスープ」の新CM発表会見に登場した。 2人は27日から放送されるCMで姉と弟として初共演。「弟と妹がいる」という加藤は「お兄ちゃんやお姉ちゃんが欲しかったので、CMでお姉ちゃんの代わりになってもらえてすごくうれしかったです」とデレデレ。 川口も「姉が2人いて末っ子」だそうで、「妹か弟がほしかった。最初は…

主演映画がヒット/(C)日刊ゲンダイ

“持ってない”女優の汚名返上 川口春奈にようやく春が来た

川口春奈(19)と福士蒼汰(21)のダブル主演映画「好きっていいなよ。」が順調に数字を伸ばしている。 「12日の公開後、映画ランキングでは初登場2位。最終的には興収10億円を狙えるスマッシュヒットに配給の松竹もホクホク顔です」(映画関係者) 川口といえば「持ってない」女優として不名誉な出来事ばかりが続いていた。昨年10月放送の主演ドラマ「夫のカノジョ」(TBS系)は…

ファンはやきもち?/(C)日刊ゲンダイ

福士蒼汰 “公開キス”に続き川口春奈からケーキを「ア~ン」

女優の川口春奈(19)が「あ~ん」してケーキを食べさせている相手は福士蒼汰(21)だ。10日、都内で行われた映画「好きっていいなよ。」の完成披露試写会での甘~いひとコマ。福士の誕生日サプライズだって。先月行われたこの映画のPRイベントでは、福士は川口からキスをされていた。ファンはちょっとおもしろくない!?…

None

川口春奈が挑む「最低視聴率女優」リベンジマッチの行方は?

ゴールデンにもかかわらず平均視聴率3.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という前代未聞の数字を記録し、「史上最低視聴率女優」という不名誉を背負い込むことになった川口春奈(18)。 川口はドラマの打ち切り決定後に「たくさんの人や仕事、現場に出あえましたが、2014年もたくさんの現場や自分にとって代表作といえるようなお仕事、すてきな人に出会っていきたいなと思います」と…

None

川口春奈が救世主? ドラマ大コケ沢村一樹は“持ってる男”

川口春奈(18)主演の連ドラ「夫のカノジョ」(TBS系)に救われたのが、財前直見(47)と沢村一樹(46)がダブル主演した「家族の裏事情」(フジテレビ系)だろう。 「夫のカノジョ」は12日に最終回が放送され、全8話の平均は3.87%。一方「家族の裏事情」は13日が最終回で、全8話の平均は4.5%だった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。 どっちも惨敗、どんぐりの背比べ…

None

この人物のオモテとウラ

「今世紀最低視聴率」川口春奈を救った堂本剛の“一言”

主演のTBS系連ドラ「夫のカノジョ」が4.7%でスタート、第5話(11月21日放送)の平均視聴率3.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とプライムタイム史上最悪となってしまった川口春奈(18)。ついに12月12日の第8話で終了することが決まり、18歳で「史上最低視聴率女優」という不名誉を背負った。 だがイベント会場で「いい作品を作っていると心から思っています」とけな…

None

「夫のカノジョ」大コケ 低視聴率女優・川口春奈から出た“ホンネ”

初主演ドラマが大コケで話題を集めている川口春奈(18)が20日、イメージキャラクターを務めるスマートフォン「isai」の新CM発表会見に登場した。 そのドラマ「夫のカノジョ」(TBS)で、視聴率で大苦戦。初回(10月24日)から4.7%という驚異的な数字を叩き出し、第2話が4.8%、第3話は3.7%、第4話は3.1%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録してい…

NHK連ドラ初主演の小泉孝太郎(右)と共演の川口春奈

リオ五輪司会、NHKで初主演…小泉孝太郎に訪れた“勝負の夏”

原作は和田秀樹氏の同名小説で、川口春奈(21)扮する落ちこぼれの女子高生を東大合格へと導く“お受験ヒューマンストーリー”。 初回では川口と池に落下し、ずぶ濡れで水面に顔を沈め合うバトルを繰り広げるシーンがあり、「俳優人生でも印象に残る。撮影時期は1カ月半前で深夜にまで及び、震える寸前だった」と体当たりで撮影に臨んでいることを告白。体力の限界に挑むりりしい表情を見せた…

裏番組は死屍累々

米倉には勝てない…「ドクターX」復活で他局は厭戦ムード

翌年、同じくTBSが放送した「夫のカノジョ」(川口春奈主演)は3.87%で、14年は「MOZU2」を11月まで、それ以降は「ママとパパが生きる理由。」を放送するという変則体制をとってみたが、いずれも6%台の数字で、TBSはついに「木9ドラマ」枠を廃止してしまったほどだ。 いずれにしろ、必敗確実の「ドクター」の裏番組は制作費のかからないお笑い番組がズラリと並ぶのはもう…

アンテナショップの逸品

長崎よかもんショップ(四谷)かんころ餅

五島出身の女優の川口春奈さんがテレビで、『かんころ餅が好き!』と言った影響もあるでしょう」(長崎県物産振興協会 東京支所・中川正樹所長) ちなみに、ランキング上位は――。 2位「九十九島せんぺい」(8枚入り・452円)。3位「かんころ餅/かわむら」(380グラム・720円)。4位「そのぎ茶」(490ミリリットル・133円)。5位「まるごとうまかあご/森崎水産」(60…

「探偵の探偵」ではキレのいいアクションを

TV見るべきものは!!

「探偵の探偵」の北川景子に「HERO」よりハマり役の評価

この三浦もそうだが、探偵社の社長を演じる井浦新や助手の川口春奈など、脇役たちの好演も北川とこのドラマを支えている。終盤に向かって楽しみな一本だ。 (上智大学教授・碓井広義=メディア論)…

左上から時計回りにAKIRA、真中瞳(現・東風万智子)、松浦亜弥、川口春奈

AKIRAも茨の道? “低視聴率”“打ち切り”ドラマ主役のその後

「HEAT」の2.8%の前にワーストだった13年の「夫のカノジョ」は川口春奈(20)の初主演作だが、5話に3.0%を記録し、8回で打ち切りになった。 「それでも若い川口はくじけず、放送中の『探偵の探偵』に2番手で出演しています。かつては上戸彩が03年の『ひと夏のパパへ』(TBS系)で3.6%を記録してダメ女優の烙印を押されましたが、その後もめげずに出続け、最近は高視…

「ドラマのTBS」が今や…

木9枠も終了…専門家が分析する「ドラマのTBS」衰退理由

平均視聴率が3.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と民放連続ドラマで今世紀最低記録を更新してしまった川口春奈(20)主演の「夫のカノジョ」(13年10月期)以降、お客が戻ってきていないのである。 “木9”は71年10月以降、良質な作品を量産してきた。上智大教授(メディア論)の碓井広義氏が「ドラマのTBSを支えた伝統的な枠のひとつ」と話すように、代表格は「3年B組金…

小芝風花(左)と三吉彩花(右)/(C)日刊ゲンダイ

若手登竜門 ドラマ「GTO」新キャストで抜きん出るのは?

2012年放送の第1弾でも、川口春奈(19)や本田翼(21)、西内まりや(20)が注目を集めました。右も左も同世代のライバル。刺激を受け、気合が入るから、一気に伸びるのです」(制作会社幹部) その後、川口はドラマ「夫のカノジョ」で主演を射止め、「JR SKI SKI」のCMに起用されている。本田はドラマ「ショムニ」やアフラックのCMで活躍。西内もドラマ「山田くんと7…

None

“生ける伝説”となったドラマ「夫のカノジョ」 は必見か

また、入れ替わる39歳の主婦(鈴木砂羽)と20歳のOL(川口春奈)の関係が、「妻が夫の愛人だと誤解した」だけという設定も実に弱い。そして一番の欠点は、中途半端なドタバタ劇のようなストーリーが幼稚なこと。ナレーションを子役の鈴木福くんが担当しているのも象徴的だ。 しかし、この瀕死(ひんし)のドラマにも「見るべきもの」はある。それは鈴木砂羽だ。ホクトの「きのこCM」で…

None

鈴木砂羽が悩ましげにタメ息…キノコの「ホクト」CMがバカ受け

確かに新妻でアラフォーのエロさを放つ砂羽がキノコを握るカットは“子供にはちょっと”というPTAも多いでしょう」(芸能評論家の金沢誠氏) 10月から始まった川口春奈と共演のドラマ「夫のカノジョ」(TBS)は初回視聴率4.7%で撃沈――。2人の体が入れ替わる設定は面白いが、裏では米倉涼子の「ドクターX」(テレビ朝日)があって致し方なし。ユーチューブは大ヒット中だが、ドラ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事