日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

一青窈特集

ガッポリ稼いだ?

カラオケ人気1位 一青窈が「ハナミズキ」印税で稼いだ3億円

一青窈(38)は『ハナミズキ』で一体いくら稼いだのか」――音楽関係者の間でこんなヒソヒソ話がささやかれている。 4日放送された「THE MUSIC DAY」(日本テレビ系)の「キャラオケタイムマシーン2000」というコーナーで、2000年代(2000~09年)にカラオケで最も歌われた歌ベスト5が発表され、堂々1位に輝いたのが「ハナミズキ」だったからだ。 ある楽曲が…

「年上しか興味ない」とも/(C)日刊ゲンダイ

小林武史氏と破局…一青窈はなぜ「ファザコン」になったのか

音楽プロデューサー、小林武史氏(55)との8年にわたる交際が終わりを迎えた一青窈(38)。すでに同棲は解消され、一青は実家のあった世田谷区内の土地を姉で舞台女優の一青妙(44)と分割し、そこに一戸建てを新築。現在はその新居に一人で住んでいるという。 2人は05年の音楽イベントで知り合い、その後、07年には不倫交際が発覚。翌08年に小林が前妻・akko(41)と離婚し…

金井克子とふなっしーが共演?/(C)日刊ゲンダイ

紅白サプライズ案に急浮上「井ノ原」「ふなっしー」「金井克子」

意外なのは、ドラマ『昼顔』(フジテレビ系)の人気に便乗する形で出演が予定されている一青窈と金井克子。金井の持ち歌の『他人の関係』がドラマ主題歌に起用され、一青窈が歌っているのです。さらに超サプライズとして昨年、ドラマ『あまちゃん』でブレークした能年玲奈の出演も噂されている。彼女の主演作、映画『ホットロード』の主題歌に使用されていたのが、今年デビュー30周年を迎えるロ…

/(C)日刊ゲンダイ

読者への説得力が大事…芸能マスコミ「スクープ報道」の裏側

「綾瀬・松坂」の陰であまり目立たなかったが、先週発売の「女性セブン」では、歌手の一青窈が新たな恋人を自宅に招き入れる写真を撮り、さりげなく記事にしている。説得力は十分伝わる。大事なのは業界へのアピールではなく、読者が「スクープ」と納得するかどうかである。(ジャーナリスト・二田一比古)…

準優勝止まり/(C)日刊ゲンダイ

あの人は今こうしている

「R―1」敗退続きで話題 「まなてぃ」は英語ペラペラ才女

「歌手では坂本冬美さん、中島みゆきさん、一青窈さんなんかが十八番ですね。目標? 『タモリ倶楽部』に出た~い。何でもします。どう扱われてもかまいません。だから、ぜひ出して下さいッ」 板橋区内の2DKマンションを女友達とシェアしている。…

None

プレイバック芸能スキャンダル史

松下由樹 結婚秒読みと思われた小林武史と突然破局

だが、06年に小林と一青窈の密会現場が写真誌にキャッチされ、08年元日に離婚して12年間の結婚生活にピリオドが打たれた。 松下は独身のまま。シリアスからコメディーまでこなす実力派女優として活躍を続けている。 ◇1995年9月 4日、沖縄で米海兵隊員3人が女子小学生を暴行。5日、フランスが南太平洋ムルロア環礁で核実験強行。6日、オウム真理教による坂本堤弁護士一家殺害事…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事