日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「川島なお美 舞台」に関する記事

激やせが心配される川島

激やせ心配される川島なお美 体調不良により出演舞台を降板

女優の川島なお美(54)が17日、出演中の舞台を急きょ降板したことが分かった。 川島は現在、ミュージカル「パルレ~洗濯~」の長野公演ツアー中。17日は午後6時30分から飯田市の飯田文化会館で公演予定だった。所属事務所の担当者は「体調不良による降板」と事実を認め、これから検査するという。 昨年1月に肝内胆管がんの手術を受けた川島は、今月7日に出席したイベントで“激やせ…

(左から)舞台「桂由美物語」に出演する高樹澪、森口博子、汀夏子

舞台でドレス披露 森口博子“結婚できない女”返上はいつ?

ちなみに東尾理子や小林麻央、川島なお美ら数多くの芸能人のウエディングファッションを手がけてきた桂氏だが、自身の結婚は42歳の時。37人目のお見合いだった元大蔵省の官僚とのゴールインで、多忙な生活を送っていたとはいえ、なかなかの晩婚だ。 そういえば、森口も芸歴30年超の割に恋愛ゴシップが少なく、「過去に親密交際が明らかになったのは、元日テレの松本志のぶの夫で音楽プロ…

「なお美さんの分も」と意気込む渡辺めぐみさん

故・川島なお美さんの代役に 女優・渡辺めぐみの意外な商才

24日に胆管がんのため亡くなった川島なお美さんの代役としてミュージカル「クリスマス・キャロル」(11月8日から全国公演)に出演する。自身のブログで故人をしのび、「なお美さんの分も頑張ります」と決意を語った。 「代役」といって侮るなかれ。これまでNHK大河ドラマ「勝海舟」で降板した渡哲也に代わった松方弘樹(74年)、天海祐希の降板で舞台「おのれナポレオン」の代役を務め…

川島なお美さん

Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

【川島なお美さんのケース】抗がん剤治療を拒否した選択は間違っていない

24日に胆管がんで亡くなった女優・川島なお美さんは、亡くなる8日前まで主演ミュージカルの舞台に立っていたそうです。ところが、その翌日の17日、朝起きることができないほどの状態で、舞台を降板して緊急入院。手の施しようがなく、最愛の夫でパティシエの鎧塚俊彦さん(49)のそばで大切な時間を過ごすべく、自宅に戻って療養していたと報じられました。 享年54。早過ぎる死にショッ…

川島なお美さんの通夜と弔問に訪れた石田純一

石田純一が懺悔…川島なお美さん「失楽園」主演は代役だった

9月24日に胆管がんのため亡くなった川島なお美さん(享年54)の通夜が1日、しめやかに営まれた。祭壇にはワイングラスが飾られ、棺の中には舞台衣装、楽屋のれん、ゴルフボール、愛犬の服などが納められた。 通夜には秋元康、松嶋菜々子、片岡愛之助、中島美嘉、荒川静香など、各界の著名人1500人が参列。その中で、「謝らなくちゃいけないことがあって……」とうつむいていたのは石田…

根っからの女優だった

川島なお美さん 抗がん剤&放射線拒否で貫いた“全身女優魂”

女優の川島なお美さんが24日午後7時55分、がんのため都内の病院で亡くなった。享年54。川島さんは肝内胆管がんを患い昨年1月に12時間に及ぶ手術を行った。肝内胆管がんは肝臓内にある胆管にがんができる病気で、早期発見で手術すれば助かる可能性が高いが、川島さんは5年生存率が50%であることを公表。しかし、仕事の意欲が衰えることはなく、今夏もイベント出演など仕事をこなし…

ドラマ「失楽園」で共演した2人/(C)日刊ゲンダイ

今あるのはあの人のおかげ

川島なお美が古谷一行に感謝 「ラブシーン感情移入できた」

今年1月に肝内胆管がんの手術を受けた川島なお美(53)。「生存率の厳しい芸能界で35年生存してきたので大丈夫」と退院後すぐに仕事復帰。そんな気丈な女優の出世作となった主演ドラマ「失楽園」が97年の放送以来17年経って初めてDVD化された。全裸撮影など厳しい撮影の支えになったのは共演の名俳優だった――。 ■京都で、日光で、毎回のようにベッドシーン 22時台のドラマとし…

None

艶めかしい左乳下のホクロ…川島なお美が主演映画で“過激”濡れ場

川島なお美(52)が官能映画「チャイ・コイ」(来月7日公開)で喘ぎまくっている。 岩井志麻子原作の同名小説の映画化。「メトレス・愛人」(00年)以来の主演作での濡れ場だが、ブランクを感じさせない。三田村邦彦(60)相手に受け身のセックスに徹した前作とは異なり、年下の韓国人俳優イ・テガン(27)相手に攻めたり攻められたり。ヘア出しはないがフルヌード。異国タイを舞台に開…

53歳で亡くなった平尾誠二さん

Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

治療しない選択肢も 平尾誠二氏の命奪った胆管がんの知識

昨年、女優・川島なお美さんと柔道家・斉藤仁さんも、同じがんで帰らぬ人となりました。2人とも54歳。平尾さんのケースとダブります。 胆管は、肝臓からすい臓を経由して十二指腸に胆汁などの消化液を運ぶ6~8ミリほどの管で、肝臓の内部と外部に分けられ、胆管細胞がんという場合は主に肝臓内の胆管にできた腫瘍を指し、肝臓の外にできた腫瘍の肝外胆管がんと分けられます。胆管細胞がんと…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事