日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「明石家さんま 出演」に関する記事

「相棒」角田課長でお馴染みの山西惇

その日その瞬間

会社か芝居か 山西惇が“役者一本”決意した生瀬勝久の一言

生瀬さんは明石家さんまさん主演のコメディー「恋のバカンス」(97年)と、「お熱いのがお好き?」(98年)に出演しているのですが、両方とも脚本が輿水泰弘さん、演出は水田伸生さんのコンビです。その後、生瀬さんから輿水さん、水田さんを紹介された縁もあって輿水さんが脚本を書かれてる「相棒」に、角田課長役で抜擢され、水田さん演出・さんまさん主役でシリーズ化された舞台「七人ぐら…

NHKは1時間で破格のギャラ

タモリ、鶴瓶、志村けん…「芸人ビッグ5」出演料ランキング

まずは芸人のトップ5、明石家さんま、ビートたけし、タモリ、笑福亭鶴瓶、志村けんである。この5人をピックアップしたのはNHKの出演ギャラが高いからだ(金額はいずれも推定、参考までに日本テレビとフジテレビも)。 NHKは紅白50回出場した北島三郎のギャラが50万円程度で、ギャラが少ないことで知られ、芸人の場合、ダウンタウン松本人志が20万円~というレベルだが、トップ5は…

明石家さんま、NHKの双方にメリット

SMAPとのパイプ役期待? さんま“30年ぶりNHK”の深謀遠慮

タレントの明石家さんま(61)が久々にNHKに出演することで、さまざまな臆測が広がっている。司会を務めるのは音楽特番「第1回明石家紅白!」(24日放送)。さんまとしては、NHKで“初の冠番組”となる。 すでに収録を終えていて、ゲストは「いきものがかり」やピコ太郎ら。実は音楽に詳しいというさんまが“独自の紅白”を開催するという触れ込みだ。過去に、13年の「NHK×日テ…

紳助と息はピッタリだった

今週グサッときた名言珍言

「『さんまのまんま』を2年延ばしたのは、紳助が帰ってくるのはここやと思ってたから」by 明石家さんま

ほとんどインタビューを受けないことで知られる明石家さんま(61)。そんな彼が、さまざまな質問に真面目に答えるロングインタビューが放送された。中でも島田紳助について語った際に明かした驚きの事実を今週は取り上げたい。 関西テレビ制作の「さんまのまんま」は今年、レギュラー番組としては31年の歴史に終止符を打った。それが本来は2年前に終了するつもりだったというのだ。 さんま…

明石家さんまは「木村派」を公言

今週グサッときた名言珍言

「派閥でいくと、もうハッキリ言うわ。オレ、木村派や」by 明石家さんま

SMAPの解散という重大ニュースを受けて、その見解を聞かれた明石家さんま(61)。後輩芸人を前にキッパリ明言した答えを今週は取り上げる。 さんまとSMAPといえば、年末恒例となった一緒の特番など共演経験も豊富だ。リーダーの中居正広とはフジテレビ「27時間テレビ」で毎年、深夜コーナー「今夜も眠れない」を担当。木村拓哉とは毎年正月に彼にとって数少ないバラエティー出演であ…

明石家さんまと尾木ママ

「僕の人生を変えた」尾木ママが感謝する明石家さんまの一言

「ひょうきん族」以来の起用

明石家さんま26年ぶり土曜夜に フジ失地回復策は吉と出るか

視聴率低迷にあえぐフジテレビが4月、土曜夜のお笑い番組をスタートさせ、その司会を明石家さんま(59)に託したことが話題だ。さんまがフジの土曜夜に出演するのは「オレたちひょうきん族」以来、実に26年ぶり。さんまを起用して「全盛期の夢よ、もう一度」ということだろう。 番組は土曜夜11時10分からの「さんまのお笑い向上委員会」。芸人をゲストに招き、どうすればもっと売れるか…

“ポスト大御所”の最右翼

酉年生まれ “年男年女”の吉凶

持ち前の男気がネックに 加藤浩次“大御所”へのアキレス腱

朝の情報番組「スッキリ!!」をはじめ4番組で司会を務め、所属する吉本興業の中でも明石家さんま、ダウンタウンに次ぐ稼ぎ頭の加藤浩次は、この4月で48歳になる年男。大御所といわれるベテラン司会者たちの番組が、ギャラ高額化のあおりで次々と終了する中、“ポスト大御所”の最右翼に挙げられるほど加藤の実績と安定感への評価は高い。 だが、そんな加藤にも不安要素はある。10年前に少…

一発で笑いをとった離婚会見での明石家さんま

ビジネスに使えるスターたちの処世術

取材嫌いの明石家さんまが応じてくれた「思い出の5分間」

間違いなくトップスターと言える明石家さんま(61)だが、およそ記者会見や囲み取材に応じる姿を見たことがない。 みなさんの記憶にあるところで言えば、大竹しのぶと離婚した時の記者会見だろう。額のすみに×印を書いて登場し、一発で笑いをとっていた。 彼が取材嫌いなのは確かだろう。しかし、マスコミを邪険にしているという指摘は当てはまらない。 僕はずいぶん前、あるゴシップ記事が…

年齢は非公表

たけし、さんま、鶴瓶がメロメロ 吉田羊が持つ“多角的”魅力

さらに、「A-Studio」(TBS系)の鶴瓶、「さんまのまんま」(フジ系)の明石家さんままで、共演する大物がことごとく吉田に魅了される。 「A-Studio」では、テレビで端役を演じていた吉田を見いだしたのが中井貴一で、彼の推薦で三谷幸喜の舞台に出るようになったというエピソードも紹介されていた。そういう不遇時代を経て、今があるから、余計に輝いて見えるのだろう。 …

None

この人物のオモテとウラ

さんまをソデにして永井大を選んだ中越典子の「理想の家庭」

実は永井と交際直後に、お笑いタレント・明石家さんま(58)の再婚相手として報じられた。「古風な女性が好みのさんまに好かれた」(関係者)が、本人は報道をきっぱり否定。永井が中越との熱愛を宣言したため、さんまとの噂も消えた。当時、永井は中越を「すごく真面目。何かに取り組む姿勢を見ていて、喜びを感じています」とゾッコン。結婚についても前向きな姿勢を見せた。 永井が「真面…

None

坂東英二をさんま後押し 復帰は吉本新喜劇で“植毛ギャグ”

2人目は明石家さんま(58)。昨年12月24日深夜の特番「明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー」(フジテレビ系)に電話出演し、「話し相手がおらんから寂しいねん。さんまちゃんの声が聞けて良かった」と近況を語っていた。これにさんまは「記者会見の増毛はあかんで。何で泣いたん?」とダメ出し。「寂しいねん」と訴える板東を「アンタが悪いねん」と一蹴した。しかし、…

None

豪華キャストも裏目に? 関根勤「初監督映画」のリスク要因

タモリに明石家さんまに小堺一機、YOU、実娘の関根麻里、同じ事務所のキャイ~ンなど、「他の監督では絶対できない」と関根が自画自賛するほどの豪華メンバーがずらり。なのだが、それが足を引っ張る恐れがある。 映画評論家の前田有一氏は「『豪華キャスティング』とアピールされる映画ほど、他に褒めることがあまりないケースが多い」とこう続ける。 「しかも、今回出演するメンバーは、…

None

「再婚」の噂も…明石家さんまが60歳引退にこだわる事情

明石家さんま(58)が先日のTBSラジオ「爆笑問題の日曜サンデー」に放送300回記念のゲストとして生出演。爆笑問題の太田光(48)から「辞める気なんか全然ないでしょ」と突っ込まれたさんまは、「辞めたほうがええねん。若いのが育たないねん」と、これまでにさまざまな番組で語ってきた60歳引退を否定しなかった。 さらに太田が「僕はさんまさんが見苦しいよって言われるまでやっ…

None

「別に」から改心 沢尻エリカ 10年後の幸せ私生活

「踊る!さんま御殿!!」にゲスト出演した際は、SNSでの中傷について、明石家さんまから「慣れてるやろ?」と向けられ、「全然何とも思わないです。『死ねばいいのに』とか書かれても『お前が死ねよ』みたいな」と、以前と変わらぬ傲慢な性格を垣間見せたが、それ以外は笑顔を絶やさず、ドラマ収録での共演者のほほ笑ましいエピソードを披露。 新作ドラマで母親役の沢尻は「自分の子供には…

None

島田紳助氏 表舞台復帰あるのか、ないのか

たとえば明石家さんまが口添えしたりすれば、紳助さんの復帰の道筋は開ける可能性もあると思います」 テレビの現場はどうか。ある放送作家がこう言う。 「制作の現場では、今も紳助さん待望論は強い。タレントの名前で数字(視聴率)を見込める時代じゃないのは、古舘伊知郎氏の12年ぶりバラエティーで話題を振りまいた『フルタチさん』(フジ系)が低迷中のことからも証明されています。ただ…

None

有名人の財布の中身

山田美保子

大変お世話になっている明石家さんまさんから、毎年ポチ袋に入れたお年玉を頂くのですが、私もそれに倣って。頂戴したお年玉は財布に入れて1年間お守りにしています」 この日の所持金は7万円。うち1000円札のピン札が10枚。5000円札が2枚あったが、これは“貯金用”だ。 「『1周回って――』で1月に黒柳徹子さんのスペシャルが放送されました。その際に黒柳さんが“5000円札…

テレビ局にとってはお得な司会者

小堺20億円でタモリは? 長寿番組MC“通算ギャラ”のお値段

明石家さんま(61)、ビートたけし(69)を含むビッグ3のGP帯のギャラは1本300万円以上が相場だが、「帯番組は“まとめ割”が適用されるとはいえ、少なくとも150万円以上」(広告代理店関係者)だという。04年度のタモリの推定年収は2億1500万円(納税額7690万円)。諸経費や事務所の取り分などを差し引いても、タモリが手にしたカネは総額50億円は下らないだろう。 …

解散の“予兆”は2年前からあった

2年前に予兆…SMAP解散がテーマだった異色ドラマの舞台裏

結局、解散はせず、うわさの出どころは明石家さんまだったというオチだったが、2年後、ホントに解散発表となってしまった。 「当時、チーフマネジャーをつとめていたI氏は、メンバーの結束を深めるために総合司会を“逆オファー”したそうです。しかし、ドラマの内容についてはジャニーズの幹部からかなり批判の声があがっていました」(フジテレビ関係者) さらに、同特番の目玉は45分間…

森朗さんは36歳で気象予報士に転身

喜怒哀楽のサラリーマン時代

森朗さん転職を相談した課長が3分考え言い放った一言

恵さんが明石家さんまさんと出演した舞台「七人ぐらいの兵士」を見に行った後、あまりに2人のかけ合いが面白かったので、「あのアドリブが面白かったです」と感想を話したら、恵さんは「すべて台本です」とサラリ。まるでアドリブに見える技術だったのです。少しはしゃべりが上達したかなとうぬぼれていた自分の鼻っ柱を一気に折られましたね。 そして最も助けられたのが、2年前に亡くなったオ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事