日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

ニュージャージー州の関連ニュース

米ニュージャージー州では無料支給されている

ニューヨークからお届けします

無料配布「ベビーボックス」が乳幼児突然死症候群を防ぐ

ニューヨーク州のすぐお隣、ニュージャージー州では、赤ちゃん用の段ボール箱「ベビーボックス」の無料の支給が開始され話題になっています。 段ボール製のベビーボックスの中には硬めのマットが敷かれ、紙おむつやベビーワイプ、ベビー服なども入っています。 その中で赤ちゃんをあおむけに寝かせることで、窒息死などの「乳幼児突然死症候群」を防ぐのに効果があると、ヨーロッパを中心に利用…

娘婿クリシュナー氏(左)は別格か

人事で大混乱 ワシントンとNYで“チームトランプ”分裂加速

クリスティー・ニュージャージー州知事(54)が降格され、クリスティーと近い関係にあるロジャース元米下院情報特別委員会委員長らが解任された。この解任劇を主導したのは、トランプの長女イバンカの夫であるジャレッド・クシュナー(35)とされる。「ニューヨーク」を本拠地とするクシュナーが、「ワシントン」で活動してきた2人を切った形だ。 米メディアによれば、検事時代のクリスティ…

ジャレッド・クシュナー氏(左)とスティーブン・バノン氏

内紛勃発 トランプ氏長女の夫が陰の首席補佐官として実権

元議員は、政権移行チームの委員長から副委員長に降格されたニュージャージー州のクリス・クリスティー知事と親しい。 そのクリスティーは同州の検事だった2005年、クシュナーの父親を脱税や違法献金で刑務所送りにしたことがある。クリスティーの降格もロジャーズの離脱も、クシュナーの個人的な遺恨が働いたとみられている。 クシュナーはトランプの大のお気に入りだ。米国では「反縁故法…

ウィルバー・ロス商務長官

トランプ政権の閣僚を裸にする

ウィルバー・ロス商務長官 手掛けた総額23兆円超の再建王

州別富裕層世帯率で全米2位のニュージャージー州で生まれた。父親は弁護士、母親は教師で、高校時代はライフルチームのキャプテン。エール大(学士)を経て、1952年にハーバード大でMBA(経営学修士)取得。世界中の富裕層の資金を動かす投資銀行「ロスチャイルド」に24年間勤務した。2000年に投資ファンド「WLロス・アンド・カンパニー」を設立し、世界中で総額2000億ドル…

米アトランティックシティーの潰れたカジノとレストラン

日本もこうなる カジノ現場報告

海外では斜陽産業 経済成長のエンジンどころか地域破壊も

ニュージャージー州アトランティックシティーでは去年までに4つのカジノが潰れ、今年も1つ倒産した。 世界のカジノ市場動向をウオッチする静岡大学教授の鳥畑与一氏はこう断言する。 「アジアでも過当競争状態のところに、周回遅れで日本が参入しても成功するはずがない」 IRはカジノの収益で施設内のホテルやレストランなどの値引きサービスをして客を囲い込む。その結果、周辺の商業施設…

左から小池百合子東京都知事、松井一郎大阪府知事、林文子横浜市長

カジノ法案審議入り攻防戦 “推進派”が急ぐ怪しい背景

ニュージャージー州は北部にカジノ建設計画を立てたが、住民投票で否決されました。アトランティックシティーではカジノが4つ潰れました。マカオでも収益は14年からほぼ半減。カジノ市場は飽和状態で過当競争に入っています」 あのトランプ次期大統領が創設したアトランティックシティーのカジノも、14年に破産法を申請している。シロウトの日本が手を出しても、ヤケドするか、“胴元”…

トランプもお気に入りのジャレット(左、中は妻のイバンカ)

新政権の参謀か トランプ長女の夫「ジャレッド氏」の正体

今現在も、クリス・クリスティー・ニュージャージー州知事とマイク・ペンス副大統領と共に閣僚の人選を行っている。ジャレッド自身は、新政権で大統領補佐官に就任する可能性があります。大統領に対し幅広い助言をしたり、政策をメディアにどう発表するかなど、重要なポジションです」 実際に10日、ホワイトハウスでオバマと会談したトランプに随行したジャレッドは、現職の首席補佐官であるデ…

8日、投開票当日トランプ大統領候補についてインタビューを受けるペイリン元アラスカ州知事

世界が激震 トランプ大統領誕生

どこよりも早い新政権人事 「ペイリン女史」まで長官候補に

11月10日現在、クリス・クリスティ・ニュージャージー州知事が人事の責任者に就き、マイク・ペンス副大統領とトランプの義息ジャレッド・クシュナー氏と共に人選を行っている。 まず、トランプの首席補佐官に名前が挙がっているのは、ラインス・プリーバス共和党全国委員長。首席補佐官というのは、ホワイトハウスで大統領の右腕となる人物だ。そして盟友ルドルフ・ジュリアーニ元ニューヨ…

ケーシック氏

誰が勝つ 「米大統領選」核心リポート

トランプの副大統領候補に浮上した4人

これまで、トランプの相方としてはニュージャージー州知事のクリス・クリスティー(53)や元ニューヨーク市長のルドルフ・ジュリアーニ(71)などが噂されていたが、5日現在、具体的な名前が挙がってきた。 ■「女性」「オハイオ州」がキーワード 1人目が現ニューメキシコ州知事のスサナ・マルチネス(56)。全米最初のヒスパニック系女性知事で、全米知事協会の女性会長でもある。 メ…

苦しい!?

誰が勝つ 「米大統領選」核心リポート

「1ドルでも献金を」 ヒラリー陣営に悲壮感

ヒラリーを負かすためには今後、ニューヨーク州、ペンシルベニア州、ニュージャージー州、そしてカリフォルニア州の大票田4州で6割以上の得票率をあげなければならない。 4州で大勝しない限り、サンダースが代表候補になるチャンスはないのだ。しかも支持率は現在、全州でヒラリーがリードしており、実質上サンダースが民主党の代表候補になれる可能性はほとんどない。 ワシントン・ポストの…

タンポン税の集団訴訟の原告、ナタリーさん(右)とゾーイさん

ニューヨークからお届けします

生理用品に消費税は“性差別” NYの女性たちが州政府に訴え

さらに、ニュージャージー州、ミネソタ州、ペンシルベニア州では、すでに生理用品は非課税となっています。こうした動きを受けて、今後全米で次々に法改正が進むかどうかが注目されます。…

安倍首相とは似た者同士

巻頭特集

おぞましいトランプ旋風と安倍人気 “極右政治家”跋扈の謎解き

共和党のアイデンティティーが揺らいでいる隙を突くような形でトランプ氏が登場し、何か新しいことをやってくれそうだという期待を集めているのです」 予備選から撤退した主流派でニュージャージー州知事のクリス・クリスティーは26日にトランプ支持を表明。今後は、勝ち馬に乗ろうとするバンドワゴン効果が働き、ますます勢いを加速するだろう。 ■大衆を扇動するポピュリズムの極致 トラン…

写真はイメージ

知らなきゃ損!

米では規制開始 「歩きスマホ」で152人が緊急搬送されている

ケガのリスクを問題視して、米ニュージャージー州フォートリーでは、12年に「歩きスマホ規制条例」が成立し、違反者に85ドルの罰金が科されるようになった。このまま啓蒙活動が広まらなければ、日本でも同じような道を歩むかもしれない。…

支持率急上昇

米大統領に現実味 暴言王トランプ根強い支持3つの理由

トランプといえば、「9・11の直後、ニュージャージー州では何千人というイスラム教徒が集まって、勝利を喜んだ」「メキシコは問題のある人間を(米国に)送り込んでいる。彼らは強姦犯だ」などの発言で物議を醸しただけでなく、「ISに対抗するためには彼らの家族を人質にとって殺すべきだ」などという過激発言でも知られる。 こんな人物が米国大統領になったら大変だが、暴言を繰り返せば…

ニュージャージー州では大騒ぎ/(AP)

本場は破綻 ハゲタカに踊らされる安倍政権「カジノ解禁」

米国有数のカジノリゾート、ニュージャージー州アトランティックシティーでは12日、現地の大型ホテル「レベル・カジノ・ホテル」が9月の閉鎖を発表。地元は大騒ぎとなっている。 「『レベル・カジノ』は海沿いの絶好のロケーションに立ち、高級レストランやスパがあるホテルです。2年前に開業したばかりで、突然の閉鎖に衝撃が走っています。アトランティックシティーは、カジノホテルが立…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事