日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「島耕作 漫画」に関する記事

原監督(右)と左上から、中野、二宮、弘兼3氏

箱根駅伝完全Vの青学・原晋監督 祝賀会で“トークバトル”

6日に「青トレ 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ」の版元・徳間書店主催の優勝祝賀会が開かれ、原晋監督、フィジカル強化担当の中野ジェームズ修一氏、スポーツジャーナリストの二宮清純氏、「島耕作」シリーズの生みの親で駅伝ファンの漫画家・弘兼憲史氏が思う存分に語り合った。 まずは箱根の5区・山上りで区間2位の神野について二宮氏が「彼の調子は良くなかったと思いまし…

None

CINEMAゲンダイ

「キャプテン・フィリップス」ポール・グリーングラス監督

松下電器産業(現パナソニック)の元社員で、「島耕作」シリーズなどの漫画家、弘兼憲史氏(66)に聞いた。 ■問題を好転させる“島耕作”流のメッセージ ――船と乗組員20人を守るため、船長は徒手空拳で武装集団に立ち向かい、人質として拉致されてしまいます。この決断、行動をどう見ましたか。 「自分にはできるか、できないだろうなあと思いながらも、あの立場ならリスクを取り除く責…

None

ファンも安堵…「島耕作」が会長就任後、初の濡れ場

発売中の漫画誌「モーニング」第9号(2月13日号)に掲載された「会長 島耕作」第13話が話題を呼んでいる。昨年7月に連載が始まって以来、つまり島耕作(66)が会長就任後、ようやく濡れ場が“解禁”されたからだ。 島の情事のお相手は、25年に及ぶ交際の後、一昨年に結婚した妻の久美子(45・旧姓は大町)。ラブラブ夫婦はなんと、久美子が着物を着たままの「昆布巻き」合体だから…

弘兼憲史さん

この人に密着24時間

弘兼憲史さん(漫画家)「アイデアが湧かなくても締め切りは待ってくれない」

周りに飾られた「島耕作」のグッズが静かに見守っている。「人間交差点」「黄昏流星群」などの傑作もここで誕生していった。 「夕食は、僕が台所に立って作ることもありますが、主にスタッフにレシピを指示して、交代で作らせています。きょうは知り合いが釣ってきてくれたブリがあるんで、その刺し身とブリ大根です」 スタッフが手際良く料理を仕上げて、夕食を囲む。そしてまた、デスクへ。ス…

None

北野誠が“内定” …「島耕作検定」で初芝電産に入社できる!?

ありそうでなかった「課長島耕作検定」の誕生だ。団塊世代のサラリーマン“神話”を描いた漫画「島耕作」(講談社)の連載30周年記念イベントの一環。「初芝電器産業入社試験」なる設定でファン心理をくすぐる。先週末の2日間、計110人近くの入社希望者が受験。8日、ひと足早く、著名合格者4人の内定式が行われた。 ■北野誠「銀座や北新地で名刺を配りたい」 「ここには5000万円と…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事