日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「浅丘ルリ子 石原裕次郎」に関する記事

人間が面白い

「私は女優」浅丘ルリ子著

浅丘ルリ子、本名・浅井信子は、父の赴任先の満州で生まれた。終戦をタイで迎え、収容所暮らしを経験。引き揚げ後は神田のガード下にある粗末な家で暮らした。父は大蔵省出身の官吏で、戦後は議員秘書になったが、政界が肌に合わず、ほどなくやめて苦労を重ねる。浅井家は貧しかった。 13歳のとき、信子の人生は大きく変わる。北条誠作の人気小説「緑はるかに」の映画化が決まり、二千数百人…

本人が活字で語った小林旭との関係

小林旭との恋愛暴露…浅丘ルリ子の「新聞連載」次は何が出る

浅丘ルリ子が登場し、20歳前後の頃に付き合っていた小林旭のことに触れたからである。2人の恋愛関係は有名だが、本人が活字で語ったのは初めてか。 この欄では往年の大女優がかつての恋愛話を語ることが多い。とくに2010年の有馬稲子がすごかった。市川崑監督との不倫関係を暴露、別れ際の修羅場までを披露した。 その時点では監督と監督夫人の脚本家・和田夏十とも亡くなっている。遠慮…

None

プレイバック芸能スキャンダル史

賑やかに行われた水の江滝子の「生前葬」

岡田真澄、浅丘ルリ子、石原裕次郎らを発掘し、スターに押し上げた。 その後も「独占!女の60分」(テレビ朝日)のメーン司会を12年も務めるなどマルチタレントとしてテレビになくてはならない存在だったが、87年突然、芸能界を引退。趣味だった宝石やアクセサリーのデザインに本腰を入れ、都内に店をオープン。人気を呼んだ。 亡くなったのは09年11月16日、94歳。生前葬で葬儀委…

“ヘアヌード”の仕掛け人の異名

私が書いた離婚届

高須基仁さん 1人目にバイ菌のように嫌われ、2人目は…

かつて石原裕次郎と浅丘ルリ子の主演映画「憎いあンちくしょう」(蔵原惟繕監督)で、長門裕之と芦川いづみの演じる“絶対愛”が石原と浅丘によってぶち壊された時、高校生だった私は、同じころに見た吉永小百合と浜田光夫の主演映画「泥だらけの純情」(中平康監督)の“純粋愛”とか“絶対愛”って、この世にないんだとしみじみ思った。 だが、心の中には“純粋愛”を演じた芦川と吉永の“顔…

生粋のエンターテイナー

時代劇スター ここだけの話

勝新太郎さんに「主役以外やるな」と言われた松平健

相手役は天下の浅丘ルリ子だった。 78年、主演作「暴れん坊将軍」がスタート。主役とはいえ、まだまだ新人である。 「現場では、ドラマで成敗する悪役の大先輩たちに『どうぞ』と椅子を出していました」 一方、北島三郎や有島一郎らベテラン陣は若手スター松平健をもり立ててくれた。番組は大人気に。もっとも、モテモテ将軍吉宗が、湯殿で大奥美女に「上様~?」と迫られるシーンなどは、「…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事