日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

猫ひろし特集

夢を幻に終わらせなかった

猫ひろし 五輪マラソンのカンボジア代表に決まったニャ~

リオ五輪出場を目指していたカンボジア国籍のタレント猫ひろし(38=本名・滝崎邦明)が、同国の男子マラソン代表に“当確”したことが、25日までに分かった。同国五輪委から連絡を受けたと現地の代理人が明らかにしたという。来月3日に正式発表される予定だ。 猫は五輪出場を夢見て2011年にカンボジア国籍を取得。12年ロンドン五輪の代表に選ばれたが、同国で連続1年の居住実績がな…

選考会優勝したニャー!

リオ選考大会V ブレーク必至の猫ひろしをTV局が争奪戦

いま、各テレビ局が壮絶な奪い合いを展開しているのが“芸能人最速マラソンランナー”の異名を誇る、お笑い芸人の猫ひろし(38)。今月8日、カンボジア・カンポート州で行われたリオデジャネイロ五輪男子マラソンの代表選考大会で優勝したことから俄然、日本のテレビ界が盛り上がりを見せている。 「猫は大会前の記録が五輪選考委員会が定める標準タイム2時間19分0秒には及ばず、当初は諦…

リオ五輪出場ニャるか?

猫ひろし カンボジア代表選考会“優勝”でリオ出場に現実味

タレントの猫ひろし(38)が8日、カンボジアで行われたリオ五輪のマラソン競技カンボジア代表選考大会で2時間44分2秒のタイムで見事優勝。 2011年にカンボジア国籍を取得して以来、五輪出場を目標にしてきたが、今夏のリオ五輪出場が現実味を帯びてきた。猫はこの4年間、毎日30キロのトレーニングを欠かさず、カンボジア選手1位の記録をキープ。 前回のロンドン大会は一度は代表…

「もみじはりきゅう整骨院」の飯田淳司院長(左はリオ五輪マラソンでの猫ひろし)

アスリートが通う整骨院 鍼&手技で疲れ目と腰痛スッキリ

飯田淳司院長の元には、リオ五輪男子マラソンに出場した猫ひろしやプロレスラーのミノワマン、格闘家の濱村健、釜谷真らも訪れるという。アスリートの“駆け込み寺”だ。料金は初診料のほか施術代込みで45分6500円と手ごろ。そんなにすごいのか。 訪れた日は、原稿執筆が続いていたせいか、目がかすみ、首がパンパンに。腰も重く、前かがみや腰を後ろに倒すのもつらかった。そんな症状を伝…

東京五輪挑戦は「まだ分からない」

「ランナーである前に芸人」 猫ひろし“マラソン続行”秘話

体育会系女子の土屋太鳳

徐々にTシャツが…土屋太鳳が激走で“へそチラ”ハプニング

今年のTBS系「オールスター感謝祭」(8日放送)の人気企画「赤坂ミニマラソン」は、猫ひろし(39)の出場などで盛り上がったが、視聴者の注目を集めたのは女優・土屋太鳳の“へそチラ”だった。 走っている途中から、Tシャツの下側が少しずつめくり上がるハプニングが発生。おへそがあらわとなったまま、土屋は走り続けた。さすがにTBSもマズいと思ったのか、土屋が一瞬フレームアウト…

第71回びわ湖毎日マラソン大会での北島選手と石川選手

ケニア人ランナーを売る男

リオの日本男子マラソンは入賞も期待できない

それに猫ひろし(38)。カンボジアの国籍を取ってまで五輪に出たいという、ロマンを買うね。ただし完走しないとダメよ。そいじゃ……」 (ルポライター・岡邦行)…

グループLINEで“反省レポート”10枚指示

腹筋強要、LINEで暴言…急成長不動産会社の壮絶パワハラ

芸人の猫ひろしらと孤児院への支援を行っていた。 そんな伸び盛りの不動産会社だが、パワハラは陰湿だったようだ。訴状によれば、勤務中に座らせないで立たせ続けたり、全従業員向けに暴言を「LINE」などのSNSに投稿したりしていたという。 「パワハラは常態化していました。SNSの暴言以外にも、営業成績が悪いと朝6時に出勤させられ、社内でスーツ姿のまま腹筋を強制された。仕事で…

“面白い”だけじゃ生き残れない

オードリー春日 フィン水泳代表選出で透ける芸人受難の時代

春日は番組の企画でフィンを始めたが、昨今は猫ひろし(37)のマラソンのように、笑いとは違う部分で注目される芸人は少なくない。春日もボディービルやフィンスイミングに傾注してからはコンビとしての仕事は減少。“笑い”の要素はどんどん少なくなっている。さらに最近は「8・6秒バズーカー」など笑いとはかけ離れた“リズム芸人”がお茶の間を席巻中。漫才など芸一本で勝負する本格派芸…

“ニャー”だけでは… (C)日刊ゲンダイ

目玉なし…フジ「東京マラソン」中継特番に透けた“低迷”理由

山岸は取材で訪れた被災地の少年・少女たちとの心温まる交流をクローズアップするなど、あざといくらいの演出でした」(テレビ関係者) 当然ながら、今年はフジの手腕が注目されたわけだが、自前で女子アナを走らせるわけでもなく、出場したタレント勢もかろうじて名前がわかるのは猫ひろし、元ボクシング世界王者の内藤大助、水沢アリーぐらい……。その上、スタジオの中継は宮根誠司に丸投げだ…

ロシアの柔道女王とガチンコ勝負

プレイバック芸能スキャンダル史

桜庭あつこ 羽賀研二との醜聞から“無謀”格闘家転身まで

ー2000年12月ー タレントがスポーツに挑戦するといえば、ロンドン五輪を目指した山崎静代と猫ひろしだが、かつてGカップ93センチの巨乳を武器にグラビアアイドルとして活躍した桜庭あつこは、総合格闘技で話題になった。ロシアの柔道女王とガチンコで戦った。 1996年、写真集「夢でいっぱい」でデビュー。注目のきっかけは99年の羽賀研二とのスキャンダルだった。Vシネマで共演…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事