日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「篠山紀信 モデル」に関する記事

デビューのきっかけは写真家・篠山紀信(右)

今あるのはあの人のおかげ

女子大生・宮崎美子の人生を変えた篠山紀信の“1枚の写真”

明るく知的なイメージで人気だが、折に触れ、支えてくれたのが篠山紀信さん(75)だった。 ◇ ◇ ◇ 芸能界に入ったのは篠山さんの写真がきっかけです。ある朝、新聞を開いたら「週刊朝日」の大きな広告が目に入ったんです。 「篠山紀信があなたを撮ります・キャンパスの春」って。「週刊朝日」の表紙を飾る女子大生の募集広告ですね。それに応募したんです。 私は熊本の生まれで当時は熊…

美貌は健在/(C)日刊ゲンダイ

あの人は今こうしている

人気グラドルだった井上晴美 今は熊本でプロパンガス生活

95年12月公開の映画「82(ワニ)分署」で初主演し、99年には篠山紀信撮影のスキンヘッド・ヘアヌード写真集が評判を呼んだ。 「丸刈りしてから3カ月ほどロンドンで生活したんです。現地ではパンクロック好きの女の子にモッテモテ。外出するたび追っかけられ、おちおちショッピングもできませんでした」 その後はミステリードラマを中心に女優活動。07年からは子育てを優先していた。…

左:“りえママ”こと光子さん(日本雑誌協会代表撮影)

宮沢りえの母・光子さん死去…“一卵性母娘”の呪縛と壮絶秘話

写真家の篠山紀信に相談してヘアヌード写真集『サンタフェ』を仕掛けたのも、りえママの手腕です」(芸能ライター) 日本中を驚かせたのが貴花田(現貴乃花親方)との婚約発表(92年)と婚約解消だった。もちろん、そこにもりえママの姿があった。 「結婚して、おかみさんになったら芸能界を引退することが条件だったので、りえママが反対して破局してしまった。傷心のりえは中村勘九郎(当時…

「交際宣言」も話題に/(C)日刊ゲンダイ

プレイバック芸能スキャンダル史

テレ朝・下平さやか ウッチャンと熱愛騒動

<2000年7月> 早稲田大学在学中の91年、篠山紀信の表紙モデルシリーズで、片足を高く上げた大胆なポーズが「週刊朝日」の表紙を飾ったこともあるテレビ朝日アナウンサー、下平さやか。入社は95年。「トゥナイト2」「ミュージックステーション」などで活躍する一方、99年にはSMAPの中居正広との熱愛がウワサされるなど、男性スキャンダルがマスコミを賑わすことも多かった。 2…

絶賛/(C)日刊ゲンダイ

すっぽんぽんで…篠山紀信ベタ褒め 筧美和子撮影秘話

火付け役は写真家の篠山紀信氏(73)。久しぶりに手がけた写真集「ヴィーナス誕生」(幻冬舎)は先月、発売と同時に大きな注目を集めた。被写体は筧美和子(20)。まだ無名のアイドルにどんな思いでカメラを向けたのか。篠山氏と共に“女性の素顔”に迫ってきたアイドル評論家の中森明夫氏が聞いた。 ■グラビア写真界に物申す! 中森明夫(以下中森) かつて、写真家・篠山紀信はヘアヌー…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事