日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

横浜スタジアムの関連ニュース

None

菅野 開幕回避して“鬼門”先陣の憂鬱

横浜スタジアムでのDeNA戦だ。 巨人は昨季のCSファーストステージで3位DeNAに1勝2敗。本拠地・東京ドームでの敗退にショックが広がった。昨季はDeNAに10勝14敗と負け越し。敵地横浜スタジアムでは4勝9敗とさらに勝てなかった。 昨季の投手陣の対戦成績が苦手を物語る。先陣を切るエースの菅野智之(27)は3試合で0勝1敗、防御率7.27。2戦目の先発予定の内海は…

今季集客数は05年以降最多の181万人

ハマスタ買収検討のDeNA “黒字化”までの果てしない道のり

DeNAは14日、本拠地として使用している横浜スタジアムの運営会社「株式会社横浜スタジアム」の買収に乗り出していることを明らかにした。 池田球団社長は、「両者の間で合意は出来ています」と話し、さらに「(TOB=株式公開買い付け)は11月中に開始して1月には終了できれば」と、見通しを語った。買収額は100億円規模になるという。 歴代の球団保有企業は高額なスタジアム使…

12勝目のマイコラスは六回に盗塁も

4連勝で燕のM点灯また阻止も…巨人の逆転Vに「3つの不安」

敵地甲子園での阪神戦1試合と横浜スタジアムでのDeNA戦2試合がカギとなる。 「東京ドームで11連勝中という強さとは裏腹に、ロードでは26勝42敗1分けと分が悪い。16勝8敗とお得意さまの阪神も甲子園では5勝6敗。特に厄介なのは横浜スタジアムのDeNAとの2試合ですよ」と球団関係者が眉をひそめる。 「今季13勝10敗ながら横浜スタジアムでは3勝5敗。一度3タテを食ら…

メッセ起用が裏目に

12連戦黒星スタート…阪神を“鬼門”ハマスタの悪夢が襲う

横浜スタジアムが嫌いなのはメッセだけではない。ここは優勝争いをしている時の阪神にとっては鬼門の球場なのだ。 岡田監督時代の08年、7月に最大13ゲーム差をつけて首位に立ちながら、巨人に歴史的な大逆転負けを喫した。責任をとって辞任した岡田監督は、「9月5日からの広島3連戦(広島)の初戦を落とした時に辞任がチラついた」と言った。しかし、選手たちにとって痛かったのは、実…

ハマスタとは相性抜群

3戦連続弾の西武・中村 「交流戦HR」の5本に1本がハマスタ

7日に横浜スタジアムで行われたDeNA戦の四回2死一塁。「カァーン」という甲高い快音を残して打球を左翼スタンドに運んだのが西武の「おかわり」こと中村剛也(31)だ。 5日の試合からこれで3戦連続弾。今季18号は日本ハム・中田と並んでリーグトップだ。 中村といえば、横浜スタジアムは「大好物」。今カードの3発を含め、同球場の通算本塁打数は実に14本。自身の交流戦通算本塁…

None

上野由岐子が本紙に語った 東京五輪への決意と弱音

17日、6月に行われる「日米対抗ソフトボール2017」の記者会見が横浜スタジアムで開かれた。日本代表の宇津木麗華ヘッドコーチ(53)、主将の山田恵里(33)、エース投手の上野由岐子(34)らが出席。上野は代表に初選出された17歳の高校生(勝股美咲)に、「年齢のことは言いたくないけど、彼女とは17歳離れている。今年17年目なので、ソフトボールを始めたときに(勝股が)…

DeNAラミレス監督は下馬評を覆すか

DeNAがCS初進出 警戒する広島は「巨人の方がやりやすい」

地元・横浜スタジアムの大声援を浴びたラミレス監督は「(3、4月は負けが込んだが)選手が諦めず、下を向かずに頑張ってくれた。多くのファンのみなさんが最初から100%応援してくれたことを感謝します。残り4試合、2位を目指して最後まで諦めずにやっていきます!」とお立ち台で宣言した。 2位の巨人には2・5ゲーム差。2位か3位かによって、東京ドームか横浜スタジアムか、CSファ…

ハマスタは「県の隠し金庫」ともいわれた超優良企業だった

74億円でハマスタ買収も…DeNA「健全経営」までは茨の道

「(ファンから)最大の補強という声を頂いた」 21日、DeNAがTOB(株式公開買い付け)により本拠地・横浜スタジアムの運営会社である「株式会社横浜スタジアム」を連結子会社にしたと発表した。 株の売却に難色を示した一部大株主、個人株主もいたというが、総額74億2500万円をかけ、約71%の株式を取得。これでDeNAによる保有率は76.87%に達した。 これにより、球…

村田に走者一掃の二塁打を浴びたメッセンジャー

メッセも能見もお嫌い…首位阪神に深刻「東京ドーム恐怖症」

投げたくない球場らしく、狭い東京ドームと横浜スタジアムではナーバスになって自滅することが多いんです」 今季の東京ドームの巨人戦は1勝2敗、防御率5.71。横浜スタジアムのDeNA戦も0勝2敗、4.50とOBの言う通りだが、東京ドームが嫌いなのはメッセンジャーだけではない。19日の2戦目に先発予定の能見も0勝1敗、7.50。リーグトップタイの10勝を挙げている3戦目の…

当時を伝える日刊ゲンダイ紙面

巨人軍 あの日、あの時、あの事件

元横浜打撃コーチ・高木由一氏が語る 長嶋監督を奈落の底に突き落とした「マシンガン打線」の秘密

98年7月15日、横浜スタジアムでの巨人戦。三回までに7点を奪われた横浜は、「マシンガン打線」が猛打を振るい、13対12でサヨナラ勝ち。両軍40安打の大乱戦を制した。巨人はこの年、ドラフト1位で目玉の慶大・高橋由伸を獲得。この試合で初めて松井秀喜、清原和博との「MKT砲」が揃って本塁打を放つ活躍を見せるも、横浜に連夜のサヨナラ負け。長嶋茂雄監督は茫然自失の体で報道陣…

マジメで優良な助っ人/(C)日刊ゲンダイ

ロペスがDeNA入り クビにした巨人の選手が恐れる理由

今季、横浜スタジアムで打率.333、5本塁打と活躍したロペスは昨季も.444、3本塁打を記録するなど、横浜スタジアムとの相性の良さも巨人にとってはイヤなデータだ。 「チームの勝利に貢献するために、やれることはすべてやることを誓います」 そう言ったロペスに巨人は何度となく煮え湯を飲まされそうだ。…

(氷室京介オフィシャルサイトから)

氷室京介は燃え尽き症候群? 「引退宣言」に飛び交う憶測

氷室京介(53)が13日、山口県周南市で行ったライブの中で、今月19、20日の横浜スタジアム公演を最後に「氷室京介を卒業する」と突然の“引退宣言”。「思うようなパフォーマンスができなくなったら引退しようと思っていた」「スポーツ選手が引退するように、氷室京介を引退しようと思う」という趣旨の発言を会場のファンがツイッターで発信し、瞬く間に大騒ぎになった。しかも、この引…

None

●流れ流れて日韓米7球団

「門倉さんにプレゼントがあります」由伸はケラケラ笑ってある物を差し出した

開幕戦は敵地・横浜スタジアムでの横浜戦。開幕投手は「番長」こと三浦大輔である。この時、「天才」といわれる由伸は人知れず悩んでいた。開幕してまず最初に打席に立つのは、ビジターチームの1番打者。由伸が両チームの選手の中で一番早く打席に立つ。開幕直前、ボクは由伸にこう言われた。 「門倉さん、今年は緊張してます。こんなに緊張感がある開幕は初めてです」 「大丈夫だよ。由伸なら…

None

開幕からブレーク 無名選手の正体

中日・三ツ間卓也 雑草右腕の目標は東京五輪

会場がハマスタ(横浜スタジアム)だと、僕は投げやすいのでありがたいです」。 今年の目標は1年間一軍で投げること。「ロングリリーフでも先発でもいいから勝ちゲームで投げたい」。まずはチームの救世主になるつもりだ。 ▽みつま・たくや 1992年7月22日、群馬県高崎市出身。健大高崎では甲子園出場経験はなし。高千穂大で1年秋と3年秋に最優秀防御率のタイトルを獲得。卒業後、B…

ヤンはボールに角度があるのがウリだという

DeNA大盤振る舞い 筒香3億円更改に続き韓国152km左腕も

加えて、横浜スタジアムを買収したことで、広告収入、販売収入がすべて球団に入るようになったことでDeNAとしては初めて黒字化に成功。『番長』こと三浦が引退し、引退試合の収入のみならず、Tシャツ、タオルなど三浦関連のグッズがバカ売れしたことも後押ししている」(球界関係者) 今季は11年ぶりに3位でAクラス入りしたDeNA。ライバルの巨人ほどの大型補強ではないにせよ、優勝…

問題山積(野球・ソフトボール3団体合同会議)

会場だけじゃない 東京五輪「野球・ソフト」に問題山積

野球・ソフトボールはメーン会場の横浜スタジアムのみが決まり、世界野球ソフトボール連盟(WBSC)が希望する、被災地・福島県での一部実施案は提案自体が先送りになった。 WBSCと東京五輪組織委員会の足並みが揃わないことが決定に至らなかった理由のひとつだが、野球の場合は会場以前の問題がいくつもある。 ■他競技から笑われる まず、大会方式だ。WBSCが出場6チームによる1…

3億どころか…

打撃も米国人好み ベイ筒香に数々の“メジャー向き”要因

狭い横浜スタジアムを本拠地にしているが、彼は外野スタンドの上段まで飛ばすし、凡打を見ても、完全に打ち取られたという打席は少ない。打者の手元で動く球が多いメジャーでもアジャストできるはず。さらに言えば、メジャーの公式球は日本のそれよりも硬い。筒香の打撃スタイルなら、日本以上に飛ばす可能性もある。日米の投手の能力差はあるが、打率3割、30本塁打も夢じゃない」 ■関西人気…

退任した池田社長

CSの士気にも影響か DeNA池田社長“電撃退任”の複雑事情

直後にスポーツ事業部長兼横浜スタジアム社長に就任した。 「南場オーナーは岡村社長が総務省在籍時から7年間追い続け、ヘッドハントした人材。引き抜いた時から池田社長の『次』としての構想を描いていたとしても不思議ではない」(前出の関係者) 池田氏は退任会見で、「再建と再生に取り組んできた」と胸を張ったが、内実は複雑なようだ。…

春田真氏は現在、株式会社ベータカタリスト代表取締役CEO

新規参入5年でCSへ DeNA前オーナーは快挙どう見た

新規参入した際、横浜スタジアム側の入場料収入の取り分を25%から12%程度にしてもらった。当時、球団と球場を合わせた収益は赤字だった。お互いがパイを増やす努力をし、黒字にしましょうということで当時のスタジアムの鶴岡社長もご理解下さった」 ――プロ野球界には放映権を一括管理すべきという考え方があるが、放送局の系列の球団があるなど難しい部分もある。 「テレビにこだわる必…

元気ハツラツのギャレット

CSキーマンに? 巨人ギャレットが「残留」へ猛アピール

DeNAの本拠地・横浜スタジアムでは、12試合で.452、9本塁打と打ちまくっているのも、高橋監督にとっては頼もしい限りだろう。 この助っ人のデキが、CSの結果に直結すると言っても過言ではないほど、重要な存在になりつつある。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事