日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「浅田真央 父親」に関する記事

今でも表現力は日本人随一だが…

GPファイナル最下位で涙…浅田真央に「引退危機」再び

12日(日本時間13日未明)の女子フリーは、SP3位の浅田真央(25)が最下位に転落する波乱となった。 前日のSPでは成功させたトリプルアクセルが、この日は回転不足の上、着氷も乱れた。その後も3回転、3回転が2回転の単発になり、課題のルッツもどこかぎこちない。出場6選手中最下位のフリー125.19点が足を引っ張り、総合順位でも自身初のGPファイナル最下位となった。 …

写真=安藤美姫のインスタグラムから

元恋人・南里康晴の父激怒で再燃する安藤美姫バッシング

パーティーに出席したのは、浅田真央(24)や織田信成(27)、パトリック・チャン(23)や小塚崇彦(25)、荒川静香(32)ら錚々たるメンバー。婚約者を捨てたハビエルと唐突に“結婚宣言”した安藤を素直に祝う気になれないのも無理はない。 12月12日から行われるグランプリファイナルは、ハビエルの祖国スペインで行われる。どうやら安藤も応援に駆け付けるらしいが、そこでハビ…

None

浅田真央の「宿命のライバル」キム・ヨナを徹底解剖する

NHK杯は4位に終わった羽生結弦/(C)日刊ゲンダイ

羽生強行出場が典型例 選手を潰す「スポーツ界」の悪しき体質

浅田真央は休養中とあって、フィギュア人気はソチ五輪金メダリストの羽生の双肩にかかっている。 スケート連盟は多額の費用を出しているスポンサーの顔色をうかがう。男女のスター選手がリンクを去った今、羽生まで欠場というわけにはいかない。羽生は自分の意思だと言うが、連盟が傷だらけでも中国杯を滑らせ、NHK杯出場にもストップをかけなかったのは、そういう事情もある。 組織や指導者…

None

現役時代の華ゼロ…安藤美姫のソチ五輪解説「デビュー戦」

8日23時台から5時間に及ぶ長時間番組で、浅田真央が出場する女子ショートプログラムを含む大注目の一戦であった。 「こういった大きなお仕事がいただけたことを、光栄に思います」 放映からまもなく、本人もこう挨拶した。確かに申し分のない舞台だ。 現地の特設スタジオから気心知れた織田信成と一緒にゲストで登場。別に解説者としてベテランの佐野稔氏が立つ“お気楽なポジション”であ…

None

家族、稼ぎ、男…メディアが報じない浅田真央の“私生活”

ガッポリ稼いだ織田信成 (C)日刊ゲンダイ

織田信成は朝番組レギュラーに フィギュア出身なぜ売れる?

浅田真央(24)の姉の浅田舞(26)は「真央とはめちゃくちゃ仲が悪かった」「20歳のころは金髪につけまつげでクラブ通い。家出をして漫画喫茶に寝泊まりしていた」といったぶっちゃけトークで話題に。また、交際中の「シクラメン」リーダーのDEppa(32)との結婚報道にも気さくに対応。さらには「コンプレックスだった」という巨乳を生かして昨年12月にはグラビアデビュー。来月2…

None

「嵐」相葉 ジャニーズただ1人「イメージ調査」に残った理由

14年2月度の男性の1位は阿部寛、2位明石家さんま、3位福山雅治で女性は1位浅田真央、2位綾瀬はるか、3位ドリカム。これは前回の13年8月度と大きな変動はないが、「おやっ」となるのはジャニーズの少なさ。20位以内は19位の「嵐」の相葉雅紀のみ。13年8月度では10位の「嵐」桜井翔と17位の相葉の2人だが、今回は相葉1人になっているのだ。 ■4月からNHKキャスター…

None

頭の中は「ソチ金」より「平昌五輪」…キム・ヨナが背負う重圧

このキムと浅田真央(23)との対決が注目されているソチ五輪。実は連覇が注目されるキムの視線は「その先」にあるそうだ。 バンクーバー五輪で頂点に立ったキムは、10年の世界選手権から翌年の同大会まで1年間実戦を離れた。さらに11―12年シーズンも全試合を欠場。「その間、一度は引退を決意した」ともいわれている。 ある現地記者が言う。 「あの時は<父親が多額の不動産投資に失…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事