日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「麻原彰晃 逮捕」に関する記事

None

プレイバック芸能スキャンダル史

鹿島とも子 オウム真理教に傾倒し娘の拉致容疑で逮捕の過去

そこで手にした本が麻原彰晃の著書。これがきっかけで89年、鹿島は入信した。 その後、急速にオウムにのめり込む。93年に夫と離婚、翌94年7月には南青山のオウム東京総本部道場で出家会見を開いた。「俗世間を捨て修行に励み、芸能界を引退します」と宣言。2人の子供のうち9歳の長男を連れ、親子で出家した。 オウムはタレント出身の鹿島を“広告塔”として利用し、魔の手は当時19歳…

(C)日刊ゲンダイ

プレイバック芸能スキャンダル史

菊池桃子 プロゴルファー西川哲との電撃入籍

16日、オウム真理教の教祖、麻原彰晃こと松本智津夫逮捕。29日、横綱貴乃花と河野景子が結婚。31日、青島都知事が世界都市博中止決定。…

None

プレイバック芸能スキャンダル史

永瀬正敏 9回目の結婚記念日に小泉今日子と離婚

27日、麻原彰晃に死刑判決。…

麻原死刑囚

スクープドッグ咆哮記「オウム事件」編

副編集長が宅配弁当の山を指して叫んだ「全部捨てるぞ!オウムかもしれん」

これからは武力でいく」 1990年、真理党代表として衆院選に出馬した麻原彰晃は、落選後弟子たちにこう話し、オウムは武装カルト集団の道を一気に突き進む。すでにその前年、坂本堤弁護士を殺害していたが、冒頭の発言どおり滝本弁護士サリン襲撃、松本サリン事件、男性信者リンチ殺害、オウム真理教被害者の会会長VXガス襲撃、仮谷清志さん殺害など数々の凶行に及んでいった。そしてあの地…

村井秀夫刺殺事件の翌朝の記者会見 (左)上祐史浩外報部長、(右)青山吉伸弁護士

スクープドッグ咆哮記「オウム事件」編

「人だかりに野次馬根性で体をねじ込んだら、目の前に犯人がいて、村井がうめきながら倒れてた」

オウム事件以降、ワープロのキーボードをタッチすると、「お」→「オウム真理教」、「こ」→「公安調査庁」、「せ」→「正大師」、「さ」→「サティアン」、「く」→「國松孝次警察庁長官」、「あ」→「麻原彰晃」、「ま」→「マンジュシュリー」などと変換が出てくるようになった。五十音ほとんどがオウム関連ワードに単語登録されており、その“犯人”は、すこぶる敏腕なうえせっかちな公安問…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事