日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

秋元康特集

「秋元さんのおかげ」と姿月あさとさん

今あるのはあの人のおかげ

姿月あさとは詞に涙…歌い手の心境見抜く秋元康の“洞察力”

退団後は実力派ボーカリストとしてクラシックからポップス、ミュージカルまで幅広く活躍中だが、もっとも大切にしている曲「夜明け」を作詞、プロデュースしてくれたのが秋元康さんだ。 そのメールって、決まって深夜3時とか4時に届くんです。内容は10年12月に東京と大阪で開催した主演のディナー・ミュージカル「Actress(アクトレス)」の楽曲の歌詞。送信者は秋元康さんです。 …

秋元康氏は2300万円を懐に

秋元康氏の名も 注目集める新規上場「ジグソー」の株主たち

「株主名簿の中にAKB48のプロデューサー・秋元康氏の名前があって、市場関係者の間で話題になっているんです」(兜町関係者) 同社の新規上場申請のための有価証券報告書によると、確かに秋元氏は1万1000株を保有。ほかにも「はなまるうどん」の創業者・前田英仁氏(2万5000株)も名前を連ねている。 秋元氏らが株を保有した経緯については、「個人情報なのでお答えしかねます…

指原莉乃は秋元康氏にブチ切れたのか?/(C)日刊ゲンダイ

指原莉乃が握手会を突如中止 秋元康氏との"口論"が原因か

アイドルグループHKT48の指原莉乃(22)が11日、パシフィコ横浜で予定されていた「控えめ I love you !」劇場版の個別握手会を突如欠席すると自身の公式ツイッターでつぶやき波紋を呼んだ一件に、AKB48の総合プロデューサー秋元康氏(56)との"口論"が原因との憶測が広がっている。 発端は同日午前11時すぎ、秋元氏が新世代トークアプリ「755」(ナナゴーゴ…

渡辺麻友

荒波相場に挑む 稼げる「鉄板」銘柄

VR進出「イグニス」 プロモ動画に秋元康氏登場で連日株高

なぜ、人気が出たかというと、VR事業のプロモーション動画の中に、あの「秋元康」氏が登場しているからだ。「ありえない融合、はじまる。」という“意味深な言葉”でエンディングを迎える約30秒の動画。これが投資家たちの妄想をかき立てているのである。 秋元氏といえば、「AKB48」の生みの親だし、株式市場で言えば、半年前にブランジスタ(6176)の狂乱相場をつくりだした張本…

峯岸みなみの丸刈り/(Youtubeから)

AKB48はブラック企業なのか

「総選挙」直前連載 AKB48はブラック企業なのか<2>

48グループには、メンバーのソロやユニットなども含めると800曲を超える歌があるが、そのほぼ全ての歌詞を書いているのは、秋元康である。その歌詞には、メンバーの置かれた環境を反映した自己言及的な歌詞が多い。メンバーの言葉や体験が歌詞に取り込まれていることも珍しくはない。 それはAKBが、彼女たちの「物語」を楽しむコンテンツであり、偶然の出来事も歌詞を通じて「物語」に…

みんなお友達/(C)日刊ゲンダイ

秋元康氏も…五輪組織委理事は安倍・森コンビの「お友達」揃い

目玉人事として、作詞家の秋元康氏(55)や写真家の蜷川実花氏(41)が理事に起用されると話題だが、リストをよく見ると、安倍首相や組織委の森喜朗会長の「お友達」で固められている。 秋元氏は、政府の「クールジャパン推進会議」のメンバーで、安倍首相と交遊が深い。五輪招致の際、“秘蔵っコ”のAKB48が活動に協力したのは記憶に新しい。 今年元日の産経新聞でも2人は、東京五輪…

乃木坂46も絡む?

荒波相場に挑む 稼げる「鉄板」銘柄

ファンサイト運営「エムアップ」 秋元銘柄入りで株価上昇

秋元康氏が事業に参画することで、AKB48や乃木坂46などが連想され、株価がブチ上がる。ただし、ほとんどの場合は期待ハズレに終わり、その後、株価は急落する」 その秋元銘柄の1番手は、何といってもブランジスタ(6176)。「秋元氏プロデュースのスマホゲームが出る」と先物買いが入ったが、フタを開けてみれば、「神の手」という単なるバーチャルクレーンゲーム。株価は一時1…

乃木坂46も絡む?

荒波相場に挑む 稼げる「鉄板」銘柄

ファンサイト運営「エムアップ」 秋元銘柄入りで株価上昇

秋元康氏が事業に参画することで、AKB48や乃木坂46などが連想され、株価がブチ上がる。ただし、ほとんどの場合は期待ハズレに終わり、その後、株価は急落する」 その秋元銘柄の1番手は、何といってもブランジスタ(6176)。「秋元氏プロデュースのスマホゲームが出る」と先物買いが入ったが、フタを開けてみれば、「神の手」という単なるバーチャルクレーンゲーム。株価は一時1…

(C)日刊ゲンダイ

AKB48はブラック企業なのか

「総選挙」直前連載 AKB48はブラック企業なのか<3>

秋元康によれば、グループ在籍中ですら、CMや番組のキャスティングでは「総選挙10位以内のメンバーをお願いしたいんですけど……」と打診されることが増えているという(読売新聞連載コラム5月25日)。総選挙には約300人のメンバーが参加しているというのに、わずか数人ばかりにしかオファーが来ない。彼女たちが卒業して「AKB」の看板が外れた時のことは、推して知るべしである。 …

写真集で初めてランジェリー姿を解禁

社会学者が読み解く 白石麻衣「写真集」異例ヒットの背景

「乃木坂のプロデュースはAKB48と同じ秋元康ですが、AKBが身近なアイドルなのに対して、乃木坂は高根の花がコンセプト。清純派の美形を揃え、これまでほとんど水着になることもなかった。それが今回白石が初めてランジェリー姿を解禁したんです。それでファンが飛びついた」 それもヒットの要因だろうが、ヘアヌード写真集の大ブームを知る中高年世代からすれば、露出は控えめ。それに…

林真理子氏と三枝成彰氏

【特別対談】林真理子×三枝成彰 「50代の仕事」を語る

台本は林氏、演出は秋元康氏が手掛ける。 ▽さえぐさ・しげあき 1942年兵庫県生まれ。東京芸大大学院修了。代表作にオラトリオ「ヤマトタケル」、オペラ「忠臣蔵」、NHK大河ドラマ「太平記」「花の乱」、映画「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」「優駿ORACION」など。07年、紫綬褒章受章。08年、日本人初のプッチーニ国際賞、11年、渡辺晋賞を受賞。13年、オペラ「KAM…

90年代のカリスマ的存在だった

海外でサウンド再評価 小室哲哉の絶頂と凋落、そして現在

つんくのハロプロ、秋元康のAKB48は小室からの系譜をたどります」 最盛期にはプロデュース曲の年間総売上枚数が1500万枚超という驚異的なセールス記録をつくった小室。音楽業界では日本の歌謡界、Jポップにユーロビートやダンスミュージックの要素を取り入れて定着させた第一人者とされている。だが、この旋風は00年ごろ急に失速し、泡と消えた。小室は最近の「NIKKEI STY…

欅坂46のゲームをリリースするという噂が…

今週の爆騰株

公式ゲーム発売? 「エニッシュ」欅坂46関連で株価上昇中

欅坂46は、AKB48グループや乃木坂46に続く、2015年に秋元康がプロデュースした女性アイドルグループです。CDはリリースされるごとに売り上げを伸ばし、デビュー4枚目「不協和音」は60万枚を超えるビッグヒット。誰もが認める今一番熱い注目のアイドルグループだ。 「エニッシュ」が、欅坂46のゲームをリリースするという噂のきっかけになったのは、同社の求人広告。求人内…

セルフプロデュース能力は抜群

このMCなぜ凄いのか

自分を冷静に客観視 指原莉乃が秘める“偉大なるMC”の条件

「指原クオリティー」という、タイトルもさることながら、その文章に光るものがあって、秋元康さんが「これからは指原を推すから」とスタッフに言ったそうです。それを聞いた周りのスタッフは、「冗談だろう」と半信半疑だったそうですが、その後の活躍は皆さんも知っての通りです。多少のスキャンダルをものともしない、しなやかでしたたかなのが指原さんなのではないでしょうか? 僕自身も新し…

ジャニーズ事務所

徹底検証 「SMAP解散」の真実

「ポストSMAP」の座はどんなタレントが継承していくのか

AKBと同じ秋元康さんプロデュースのアイドルなのですが、欅坂も乃木坂もファンの意思いかんにかかわらず、スタッフの側で選抜メンバーが決められていく。AKB48に比べてその分より神秘性が高く、人気なのです。もう一方でバーチャルアイドル初音ミクのようにファンがつくり上げるようなケースもありますが、欅坂や乃木坂の人気からみて、そういう、ファンにはアプローチ不能なのだけれど引…

センターを務める平手友梨奈

存在感際立つ平手友梨奈 欅坂46出演ドラマの注目ポイント

総帥・秋元康が手がけるアイドルグループだ。 テレビ東京はこれまで、AKB48の「マジすか学園」シリーズ、乃木坂46の「初森ベマーズ」など、積極的に“AKB系ドラマ”を制作してきた。欅坂46が出演する「徳山大五郎を誰が殺したか?」は、その最新作となる。 舞台は私立の女子高校。文化祭を目前にしたある日、生徒たちが教室で担任教師・徳山大五郎(嶋田久作、怪演)の死体を見つけ…

私の秘蔵写真

プロレスラー神取忍さん 七五三直後に床屋で髪をバッサリ

ジャッキー佐藤さんが率いるジャパン女子プロレスの旗揚げは、秋元康プロデュースで、『闘う宝塚』ってキャッチフレーズで始まった。キューティー鈴木とかアイドルレスラーがいて、彼女たちが負ける姿にファンが共感したり、まさに今のAKBの世界。うちの団体は、時代を先取りし過ぎたね、ハハハ」 入門して即、実力派四天王に加わり、ジャッキー佐藤や北斗晶らと、女子プロ史上に残る壮絶な試…

タメ口は譲れない

ママは見た! 六本木夜の芸能事件簿3

ダレノガレ明美は客にタメ口 女性芸能人の“キャバ嬢時代”

安倍総理と親しい存在で、盟友が秋元康氏と見城徹氏というちょっとキナくさい男よ。その彼の好みになるために、金髪を黒髪に変え、派手なギャルが清楚な井川遥風のルックスに大変身。彼氏のツテで総理主催の「桜を見る会」に和服を着て出席するなど、今までと別人のような芸能活動にいそしんでる。いつまで続くかしらね。精神的に無理してなきゃいいけど。 今後も芸能界に「六本木大学」出身者…

「コン・エアー」

この映画の決めゼリフ

コン・エアー(1997年 アメリカ)

製作のジェリー・ブラッカイマーは“ハリウッド版秋元康”で、ヒット作をパクって豪華キャストでリメークするという厚顔無恥なことが平気でできる製作者。「ダイ・ハード」から10年遅れの本作は、その亜流で作られたような作品。男くささ、アメリカ的な能天気な展開が痛快だ。 クライマックス、輸送機はネオン瞬くラスベガスのど真ん中に不時着。札束の雨が降る。腹を抱えて笑える一本だ。…

妻は自称・社長令嬢

東野幸治も詐称被害か 妻の“自称社長令嬢”はウソだった?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事