日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「江角マキコ 現在」に関する記事

「落書き」報道から2週間/(C)日刊ゲンダイ

元マネに責任転嫁? 江角マキコがブログで済ませた“謝罪”

江角マキコ(47)が9日、13日ぶりにブログを更新し、長嶋一茂(48)宅への落書き騒動について「心より深くお詫び申し上げます」などと謝罪した。 江角は2週間前の週刊文春で、12年12月末に前所属事務所の元マネジャーに一茂宅の壁に「バカ息子」「アホ」と書くよう命じたと報じられた。幼稚園のママ友同士のいじめが原因とされ、元マネジャーも事実関係を認めている。 しかし、江角…

身から出たサビとはいえ…(右・長嶋一茂)/(C)日刊ゲンダイ

CM打ち切り…江角マキコ“問題行為”でタレント生命の危機

江角マキコ(47)が、タレント生命の危機に立たされている。イメージキャラクターを務める「花王」のテレビCMが“打ち切り”の事態に見舞われているというのだ。 「北は北海道から南は沖縄までネット局を含め、出稿予定だった江角さん起用のCMが、次々と同社他製品のCMに差し替えられている。この動きはウチの局だけではないはず。ここ数日の間で“江角CM”は完全にお蔵入りになるので…

花魁役がはまった?/(C)日刊ゲンダイ

濡れ場が好評の安達祐実 次はフジ官能枠で「ドラマ主演」か

局としても広末涼子や江角マキコらにも声をかけている状況で、安達の出番は来夏になるのではとみられています。ただ、安達はセミヌード写真集も発売するなど、露出では一歩先を行っている。実現の可能性は高いのではないか」(先の制作関係者) 安達にとっては待望の主演ドラマ。話題になるのは確かだろう。…

「ケンカ対面SP」に出演した石田純一(左)とMCの仲間由紀恵

あれもこれも言わせて

古傷に塩を塗りたくる内容もネットでの匿名攻撃よりマシ

あの江角マキコがMCの「私の何がイケないの?」という女性週刊誌のエグみを凝縮したような番組が終了したと思ったら、新たに始まった「ご対面バラエティー 7時にあいましょう」もかなりのエグさ。 タイトルから察すればその昔、桂小金治や徳光和夫、はたまた島田紳助がやっていた感動のご対面番組かと思ったら、とんでもない。5月30日放送「一触即発!有名人ケンカ対面SP」を見る限り、…

事務所の2トップ

菅野美穂が産休突入で…“稼ぎ頭”天海祐希にのしかかる重圧

「長年、事務所の看板だった江角マキコが昨年独立し、復活を期していた山口智子もドラマがコケて再浮上できなかった。実質的に2トップは菅野と天海だった。ところが、その菅野が妊娠で復帰時期も未定なだけに、1トップの天海への期待は増すばかりです」(芸能プロ関係者) 天海には相当なプレッシャーがのしかかるが、天海といえば、一昨年の舞台公演中に心筋梗塞で入院し、舞台を降板。以後…

新妻とは別居婚状態/(C)日刊ゲンダイ

自宅全焼、無事鎮火も…ビッグダディ タレント生命“燻り中”

『バイキング』では江角マキコとのバトルも話題になりましたが、番組では気の利いたことがぜんぜん言えず、ギャラ泥棒という声まで上がっていました。期待したほどの客寄せパンダにもならない以上、降板は必然でした」(テレビ関係者) テレビ朝日系のドキュメンタリー「痛快!ビッグダディ」でブレークして以降、元妻の美奈子とともにメディアの寵児に祭り上げられたダディだが、やはりしょせん…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事