日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「坂本龍一 教授」に関する記事

会場は人であふれかえった

「クーデターに近い」…坂本龍一氏が安保法案反対集会で怒り

約4000人が参加した集会で、坂本龍一氏(63)の怒りのメッセージが読み上げられた。 坂本氏といえば、中咽頭がんを患い療養中の身だ。病身を押して安倍政権の姑息なやり方に憤りの声を上げた坂本氏。女性が戦争への拒否感を示すことに理解を示すとともに、若者たちが危機感を覚え声を上げたことを称えた。 会場にいた高千穂大准教授の五野井郁夫氏はこう言った。 「坂本氏は日本の危機的…

None

スピード婚 坂本美雨の伴侶は父・坂本龍一似の「草食系」

世界的な音楽家の坂本龍一(62)とシンガー・ソングライター矢野顕子(59)の長女である。7年前に俳優・新井浩文との熱愛が報じられて以降、表立って浮いた話はなかったが、13年5月に知り合った山口博之氏と約10カ月でのスピード婚。 <相手が猫でなくて驚いている>と矢野顕子がツイートするぐらいの愛猫家だが、伴侶との出会いもやっぱり猫らしい。 「山口さんは美雨さんが参加した…

(C)日刊ゲンダイ

プレイバック芸能スキャンダル史

坂本龍一&矢野顕子 大型カップルの別居・離婚

<2006年8月> 日本人初のアカデミー作曲賞受賞者で、“教授”のニックネームで知られる元YMOの坂本龍一。シンガー・ソングライターの矢野顕子との間にミュージシャンとして活動中の坂本美雨が生まれたのは80年5月。交際のきっかけはYMOのツアーに参加した矢野に、坂本が惚れ込んだことだった。 実はこの時、坂本は学生結婚した女性と離婚が成立しておらず、矢野も前夫と離婚して…

この方も“有名教授”(坂本龍一)

荒波相場に挑む 稼げる「鉄板」銘柄

「シンバイオ製薬」 株価急騰の理由はアドバイザーの教授

「じゃあ、坂本龍一は?」と尋ねると、「それは知っている」という。「教授(坂本龍一の愛称)」はそこそこ有名らしい。なので、若者には、「昔、坂本龍一ら3人がYMOというバンドを組んでいて、大ブームが起こったんだ」と説明する。すると、若者もそれなりに納得してくれる――。 シンバイオ製薬(4582)の株価が急騰している。理由は簡単。同社のアドバイザーである熊本大学名誉教授の…

人で埋め尽くされた国会前

「戦争法案反対」12万人の凄まじい熱気と安倍官邸の異常対応

そんな予感がしました」 ミュージシャンの坂本龍一氏は「現状に絶望していたが、希望があるなと思った。日本人の中に9条の精神が根付いていることに勇気づけられた。憲法を血肉化することが大事だと思う」と訴えた。作家の森村誠一氏、ルポライターの鎌田慧氏も次々にマイクを握り、そのたびに、「安倍辞めろ」コールが盛り上がった。 驚くべきは、こうした反対運動が全国350カ所で、沸き起…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事