日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

伊集院静 特集

伊集院 静(いじゅういん しずか)1950年2月9日生まれ。1981年、「小説現代」に「皐月」を発表し作家デビュー。その後も多数の作品を発表し、2016年、紫綬褒章を受章。私生活では、これまでに3度の結婚歴(現在は婚姻中)があり、84年には女優の故・夏目雅子と結婚し、大きな話題となった(夏目は85年9月に急性骨髄性白血病で死去)。
伊集院氏(中央)は初受賞/(C)日刊ゲンダイ

妻の“監視下”で井川遥を口説けず? 伊集院静氏がボヤく

18日、サントリー「WHISKY HILLS AWARD2014」の授賞式が行われ、作家の伊集院静(64)、井川遥(38)、ソフトバンクの工藤公康監督(51)が出席した。 酒を手にした伊集院は終始、冗舌で、「僕はただウイスキーを飲んできただけなんだけどね。今年で6回目? 声がかかるのがずいぶん遅かったね。ウイスキーはお祝いでも、切ない席でも人間が必要とする。人間が作…

None

HOT Interview

正岡子規の青春を描いた最新作が話題 伊集院静氏に聞く

直木賞作家の伊集院静氏が明治の大文学者・正岡子規を描く「ノボさん」(講談社 1600円)が話題を呼んでいる。俳句や短歌、小説、随筆と幅広い創作活動を行いながら、35歳の若さでその生涯を終えた正岡子規には、“悲劇の人”というイメージがつきまとう。しかし本作で著者は、生きる力と希望に満ちあふれた青年の生きざまを、実にさわやかに描き出している。 「私と正岡子規の最初の出会…

新書あらかると

「追いかけるな大人の流儀5」伊集院静著

(講談社 926円+税)…

「となりの芝生」伊集院静著

(文藝春秋 1000円)…

「許す力」伊集院静著

(講談社 926円)…

None

「いいとも」レギュラー直談判 笑えないとんねるずの“就活”

伊集院静にも相談!? 「『みなさんの――』は視聴率が1ケタもあるほど低迷しているのに、ギャラは2人で1000万円といわれています。1997年から続いている長寿番組ですが、費用対効果の悪さから、『いいとも』と同じく3月で終わるともっぱら。そうなると、2人は完全に干上がってしまう。石橋は最近、作家の伊集院静氏を兄貴分と慕っていろいろと相談していると聞いています。厳し…

ガーデングループの密山根成社長

語り部の経営者たち

ガーデングループ密山根成社長パチンコの鉄則と必勝法

でもねえ、伊集院静さんの本を読んでいると、『そんなちまちまとした賭け方はギャンブルじゃない』……。頭に血が上らなければ負けないのですけれど、でも、ギャンブル好きの人はそれでは楽しくないかもしれませんね」(おわり) (ノンフィクション作家・野地秩嘉)…

裏街・色街「アウトロー読本」

ある日突然、妻へのDV容疑で逮捕され…

冲方丁が吉川英治文学新人賞を受賞したとき、作家・伊集院静の祝賀スピーチが印象的だった。 「授賞式のとき、家族みたいな席にきれいな女がいるなあと思ったが、いま聞いたら、女房だという。美人をもらうということは、将来、非常に苦労する。わたしも女優を嫁にもらって、ずいぶん苦労した(場内笑)」(「本の雑誌」2010年6月号)。 だが好事魔多し。 2015年8月24日、ベスト…

宮澤がターンベリーで撮影した作品

熱中人大集合「お宝拝見」

宮澤正明さん(写真家)

伊集院静が講談社から創業100周年記念事業で写真エッセー「HOME of GOLF」を出版することになり、宮澤がそのパートナーに指名されたのだ。 「日本のゴルフ場は朝か夕方、斜光の時しか、きれいな写真が撮れないのですが、スコットランドは朝も夕方もありません。まさに一日に四季が2度くらい来る。朝起きた時は豪雨が降っていたのに、急に晴れたかと思ったら風が吹いて寒くなり…

CMディレクター役の内野聖陽

舞台演出に新たな可能性を

稽古を通じて“同志”になった 俳優・内野聖陽への信頼

その第1作に選んだのは、伊集院静さんの「乳房」です。伊集院さんが亡き妻・夏目雅子さんとの最後の日々を描いた自伝的短編です。それは、とても切ない清澄な物語です。 酒とギャンブルに明け暮れる無頼派のCMディレクター役は内野聖陽さんに決めました。内野さんは、デビュー作・森田芳光監督「ハル」の青年役から、テレビドラマ「JIN~仁」の坂本龍馬役まで、演技の幅がすごいな、と。9…

宮澤正明

熱中人大集合「お宝拝見」

宮澤正明さん(写真家)

そんな時に伊集院静と出会った。流行通信、ブルータスのアートディレクター長友啓典の紹介だった。 「伊集院さんはまだ作家になる前で、薬師丸ひろ子のプロデュースをしていました。競馬場で長友さんに、『若くてイキのいいカメラマンはいないか?』って聞いたそうです。後日、九段下のワンルームのボロい事務所に顔を出してくれて、『水を一杯くれ』って。恐らく二日酔いだったのでしょう。『お…

大西一平さん

熱中人大集合「お宝拝見」

大西一平さん(元神戸製鋼ラグビー部主将)

巻頭の数ページを飾ると聞いて、これはえらいことになった、いい加減なことは言えないなぁと思い、あわてて練習を始めました」 大のゴルフ好きで、以前から親交のあった作家伊集院静に相談したところ、「3日間、合宿や。仙台に来い」と言われ、夫婦で伊集院が住む仙台へ向かった。 「伊集院さんは『どうせ下手なんだから、とにかく思いっきり振れ』の一点張りでした。一方、奥さまの篠ひろ子さ…

熱中人大集合「お宝拝見」

長友啓典さん(アートディレクター)

ゴルフの師匠は、35年来の付き合いがある伊集院静氏だ。 「初めて出会ったのは銀座の文壇バーで、当時、伊集院は黒鉄ヒロシや浅井慎平さんらと俳句の会を結成して、よく飲んでいた。そのバーで知り合い、意気投合した。それをきっかけに、伊集院の週刊文春連載『あの子のカーネーション』はじめ、小説、エッセーの挿絵を手掛けるようになった」 ほぼ制覇したハワイのゴルフ場は、ほとんど一緒…

長友啓典さん

熱中人大集合「お宝拝見」

長友啓典さん(アートディレクター)

全部合わせて400万円です」 ある時、伊集院静さん、妻で女優の篠ひろ子さん、俳優の小林薫さんと一緒にラウンドした。皆、同じクラブセットを持っていた。 「キャディーも最初は『ハイ、7番です』って普通にクラブを手渡してくれていたのですが、値段を聞いた途端、ガチガチになってしまいました。それはそうです。4セット積んだら、マンションを運んでいるようなものですから。それでチョ…

「圧倒的な清潔感と透明感」の波瑠

「あさが来た」絶好調…波瑠に“黄金時代到来”と絶賛の声

これまで3度、朝ドラヒロインのオーディションに落ちたのも神様の狙いで、今回の役は出合うべくして出合ったような気がしてなりません」 ■「小波瑠から大波瑠に」 作家・伊集院静氏の自伝的小説「いねむり先生」が13年にドラマ化された際にはマサコ役で出演。そして、同じく伊集院氏の自伝的小説を原作とした来年5月の舞台「乳房」でもヒロインの新人女優を演じる。同舞台の企画・台本・演…

自ら描いた日光CC

熱中人大集合「お宝拝見」

長友啓典さん(アートディレクター)

「ちょうどその頃、伊集院静と知り合い、一緒に取材で米国に行くたびに、西海岸の有名なコースでプレーした。本土だけで10カ所以上、ハワイでは1週間の滞在であっちこっち10コースは行った。20年間、ハワイに通っているので100コースは回っています」 仕事で地方に行く時も、バッグを担いでプレーする。関西では茨木CC、鳴尾GC、枚方CC、有馬ロイヤルGC、六甲CCなど名門コ…

64歳で初入籍した桃井かおり

64歳で初入籍 桃井かおりの「男性遍歴」はまるで“トラブル史”

噂になったのは伊集院静、荒木一郎、萩原健一、松田優作、つかこうへいなど、いずれもひと癖もふた癖もある男たちばかり。 「中でも印象に残っているのは荒木一郎との件ですね。私がまだ駆け出し時代、別件で荒木さんを取材したら、それをはぐらかすように『俺とかおりとの関係を書けばいいじゃない』と言われ、その場に桃井まで呼んでくれた。おかげで思わぬスクープをモノにできました」(肥留…

None

近藤真彦 “50歳アイドル”可能にしたジャニーズ副社長の教え

昨年12月の「千年恋慕」はオリコン初登場22位と、さすがに往年の勢いはないが、今年12月にデビュー満35周年を迎えるのを機に、来月7月19日の誕生日には、アルバム「三十五周年 近藤真彦×伊集院静=二十四曲」をリリース。仙台、鹿児島、大阪などを回るツアーを行う。 「中2の時に『3年B組金八先生』でデビュー早々、事務所から“人気は永遠には続かないからね”とクギをさされた…

「今宵もウイスキー」太田和彦編

(山口瞳著「優しい酒場」) その他、田村隆一の詩や椎名誠のスコットランド紀行、伊集院静の短編などを収録。ウイスキーを題材に取った、17人の小説やエッセーを集めたアンソロジー。(新潮社 550円+税)…

夏目雅子とそっくり?

“平成の夏目雅子”と話題 NHK朝ドラ主演波瑠が持つオーラ

「波瑠が出たドラマでもっとも印象的なのは伊集院静原作の『いねむり先生』です。彼女はこの中で故・夏目雅子を演じたのですが、目が澄んでいてしぐさが夏目にそっくりだった。思わず“平成の夏目雅子”と思った視聴者がいたはず。それくらいキラキラしたオーラがあった。これまで連ドラでは4、5番手というポジションでしたが、朝ドラでメーンを張ってハジける可能性大です」 波瑠にとってラ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事