日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

危険信号・出演者の関連ニュース

都心3区の中古マンションは値下がりに転じた

不動産バブル崩壊か 危険信号「の」の字現象がクッキリ

景気がいい話に聞こえるが、これがなぜ“危険信号”なのか。 近著に「新築マンションは買ってはいけない!!」(洋泉社)がある住宅ジャーナリストの榊淳司氏が言う。 「私がかねて指摘してきた、不動産市場の“『の』の字現象”が顕著になってきました。東京の山手線内と城南、湾岸エリアの局地的バブルが、川崎市の武蔵小杉周辺、横浜のみなとみらい地区まで波及し、これが八王子→多摩→高尾…

初動が肝心/(C)日刊ゲンダイ

片耳が聞こえなくなった…急性難聴は重大病の危険信号だ

急に片耳が聞こえなくなったら危険信号と捉え、すぐに医療機関で診察を受けたほうがいい。…

None

土日勝つ騎手も占う!週刊デリコ推命術

10/8~14のあなたの運勢

☆8月生まれ☆ 他人の行動にケチをつけたくなると危険信号。口は災いのもとと意識して。赤と3が吉。 ☆9月生まれ☆ 予定通りにならずとも短気は厳禁。さっさと軌道修正すれば運気も上昇。桃と8が吉。 ☆10月生まれ☆ クールダウンの時間が必要。風通しの良い部屋は気力を高め健やかにする。茶と5が吉。 ☆11月生まれ☆ 普段やらないことには手を出さない方が安全。気分転換は懐…

None

天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

6つの危険信号を見逃してはいけない

患者さんに聞いてみると、大きな発作が起こる前に、心臓から「危険信号」が出ているケースがほとんどです。その典型的な初期症状は、①胸痛②動悸や脈拍の異常③息切れや呼吸困難④むくみ⑤めまい⑥一時的な失神の6つです。 思い当たる場合は、「少し様子を見てみよう」などと病院に行くことを先延ばしにしないようにしましょう。 中でも注意が必要なのは、命の危険があり、最も多くみられる…

電通には家宅捜査が入った

オトナの社会講座

専門家に聞く 部下を過労自殺させないためにやるべきこと

危険信号はどう見分けられますか。 「私がカウンセリングでまず聞くのは、『眠れてますか?』です。自死という一歩踏み込んだ行動を取る場合、『入眠障害』『中途覚醒』『早朝覚醒』といった睡眠障害が起きているケースが多くあります。過重労働などで心身が疲れているにもかかわらず、よく眠れなかったり、寝ついてもすぐに目が覚めてしまう現象が起こります。睡眠時間が6時間を切るようなら危…

コスモス賞では差し返す勝負根性を見せた

市川が人気馬を斬る

【阪神ジュベナイルF】3つの初物 ソウルスターリングに危険信号!

年を取ったらクスリを見直せ

血糖値を下げる「SU薬」は加齢とともに見直す

そして、血糖値が下がるにつれて手の震え、動悸などにより体は危険信号を発します。低血糖をたびたび起こす状態が続くと、死亡率が上昇するといった報告もあります。 また、加齢とともに低血糖が起こりやすくなることもあります。「ずっと飲んでいる薬だから安心」なわけではありません。同じ薬を飲んでいる患者さんで、加齢によって低血糖の頻度が増えたため、薬を変更した事例もあります。 低…

送検される県立高校2年の男子生徒の車

女性メッタ刺し 少年の“心の闇”深めた中学時代のトラブル

そうなる前にAの“危険信号”に気づけたはずだ。…

イラスト・たかぎしひろや

100の壁をブチ破れ

結果オーライに満足してはいけない

危険信号の“逆球”に満足しないこと。普段通りのリズムに戻れるように、上体を大きく、ゆっくり捻転させて打ち急がないことを心掛けるといいですね」…

朝起きた時から肩が凝っている人は要注意

睡眠の質と冷えに原因あり 「朝型肩こり」が体の不調招く

■「朝、起きた時から肩が凝っている」は危険信号 五十肩などを除いた慢性的な肩凝りは、血流が悪く、疲労物質が蓄積されることで起こる。 いま、それに最も強く関係しているのは、パソコンやスマホ。目を一点に集中させ、長時間同じ姿勢を続けるので、筋肉の緊張が起こりやすく、血流が滞る。一年を通して午前中はそうでもないが、午後から夕方にかけて肩凝りがひどくなる人は、このタイプだ…

「背中が痛い」と周囲に漏らしていた

阿藤快さんも訴えていた 「背中の痛み」が教える重大病サイン

■「背中が痛い」は大動脈の危険信号 これといった前兆がない場合もあるが、阿藤さんは「背中が痛い」と周囲に漏らし、マッサージを受けていた。背中の痛みは、動脈に関係する重大病の“サイン”のひとつだという。東邦大学医療センター佐倉病院循環器科の東丸貴信教授はこう説明する。 「動脈の血管の径が正常の1・5倍、40ミリ超に膨らんで瘤になったものを大動脈瘤といいます。多くの場…

イタタッと思ったら…

指の毛も大事、角質は落とす…冬が危ない“足トラブル”対策

■足の指に毛がないのは危険信号 「男性なのに足先が冷える、温めてもなかなか改善しないという場合は、『足の動脈硬化』の疑いがあります」 足の動脈の血管が何らかの原因で狭まり、足先まで血液が巡らなくなって、冷たさを感じている可能性があるのだ。冬は寒さで血管が収縮するため、より症状を悪化させやすい。 「心臓の動脈硬化と同じで、原因は体質や生活習慣です。特にたばこが危険因…

None

危険なXデーは3回…日本株は年初来安値まで暴落するのか

彼らは日本株は実体経済と比べて高過ぎるとみているので、株高を演出してきたアベノミクスはジ・エンドだと踏んでいます」 テクニカル面でも危険信号がともる。日本株の動きは「グランビルの法則」で長期的な売りパターンに転じた。「恐怖指数」と呼ばれ、暴落が予想される時に数値が跳ね上がるVIX指数も節目の40ポイントを上回った。米国債が格下げされた2011年10月以来で、90年以…

角質細胞もバラバラに/(C)日刊ゲンダイ

市販薬も効かないしつこい“かゆみ”には「重大病」が潜む

ただ、いずれにしてもかゆみは体からの危険信号といっていいでしょう」 謎のかゆみに襲われたら、すぐに医療機関で診断を受けるべし。…

(C)日刊ゲンダイ

龍虎さん急死…中高年ハイカー「山の突然死」が増えている

アゴのしびれや肩の痛み、脚がつるなど、呼吸器とは関係がなさそうな症状も危険信号です」(呼吸・循環器内科が専門の大学病院医) 症状が表れたら119番すること。心臓の応急処置は人工呼吸ではなく心臓マッサージだ。病気持ちの人の単独登山は厳禁である。…

金融危機の悪夢がよぎる(ニューヨーク証券取引所)/(C)AP

米国債の利回り低下は“リーマン・ショック再来”の足音か

このように米国の長期金利と日本株が連動しているため、先行指標とされているのです」(大手銀ストラテジスト) そもそも2%そこそこの利率はリーマン・ショックと同水準なのだから危険信号。日本株にとっては不安材料である。 「もうひとつ、米経済は深刻な問題を抱えていて、これが日本にも波及しそうです。米国では最近、シェール・バブルがはじけたという見方が広がっている。最大規模の埋…

None

気になる新刊

『「おなかの張り」をとれば腸は年をとらない!』松生恒夫著

つまり、おなかの張りは腸内環境が悪化している危険信号なのだ。 これを解消するには便秘を解消するしかないが、やみくもに食物繊維を取っても逆効果になる。便秘解消のために玄米を取る人は多いが、玄米の食物繊維は水に溶けない不溶性食物繊維で、逆に便を硬くして腹部膨満感を悪化させることもある。また、ヨーグルトの取りすぎが脂肪の取りすぎにつながり、肥満のリスクにもなると本書。 オ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事