日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

シューマイ特集

 (C)日刊ゲンダイ

築地新聞

【菅商店】自家製点心をハフハフしませんか?

自家製のシューマイとギョーザが看板メニューです。店先では蒸したても販売しており、場外の食べ歩きフードとしてファンの多い一品。取材中もお客さんがひっきりなしに訪れ、頬張っていました。そう、ハフハフしながら。 シューマイとギョーザを偏愛する本紙記者は、こちらの2種類のシューマイがお気に入り。ナンコツ入りの鶏シューマイ(15個1080円)は酒のアテにグー。肉汁た~っぷり、…

 (C)日刊ゲンダイ

築地新聞

【菅商店】自家製点心をハフハフしませんか?

自家製のシューマイとギョーザが看板メニューです。店先では蒸したても販売しており、場外の食べ歩きフードとしてファンの多い一品。取材中もお客さんがひっきりなしに訪れ、頬張っていました。そう、ハフハフしながら。 シューマイとギョーザを偏愛する本紙記者は、こちらの2種類のシューマイがお気に入り。ナンコツ入りの鶏シューマイ(15個1080円)は酒のアテにグー。肉汁た~っぷり、…

人間が面白い

「私が死んでもレシピは残る 小林カツ代伝」中原一歩著

「常識破りの肉じゃが」「わが道を行くワンタン」「庶民のシューマイ」……。簡単、時短でも決して手抜きではないオリジナル料理の数々。あの人気番組「料理の鉄人」に出演、ジャガイモ対決で中華の鉄人・陳建一を破り、家庭料理の凄さを世間に認めさせた。晩年のカツ代と親交のあった著者が、その変化に富んだ生涯を生き生きと描いた評伝である。 小林カツ代は、1937年、食の町・大阪ミナミ…

焼売炒飯弁當

小林しのぶの読む駅弁

焼売炒飯弁當(東京駅・品川駅)

シューマイがメーンの駅弁といえば、ビートたけし氏も好んで食べるという崎陽軒の「シウマイ弁当」。東京駅では、JR東海パッセンジャーズが調製する「焼売炒飯弁當」の人気が高く、同駅構内の駅弁売り上げランキングでトップを飾ったこともある。その人気駅弁が今年6月にリニューアルを行った。 内容は、チャーハンのほか、シューマイ、鶏空揚げ、大学芋、ピーマン揚げ、ニンニクの芽揚げ、紅…

焼売炒飯弁當

小林しのぶの読む駅弁

焼売炒飯弁當(東京駅・品川駅)

シューマイがメーンの駅弁といえば、ビートたけし氏も好んで食べるという崎陽軒の「シウマイ弁当」。東京駅では、JR東海パッセンジャーズが調製する「焼売炒飯弁當」の人気が高く、同駅構内の駅弁売り上げランキングでトップを飾ったこともある。その人気駅弁が今年6月にリニューアルを行った。 内容は、チャーハンのほか、シューマイ、鶏空揚げ、大学芋、ピーマン揚げ、ニンニクの芽揚げ、紅…

見た目とは裏腹に…

ガツガツしすぎ? 川口春奈の豪快な食べ方に視聴者が仰天

さらに、白菜を皮に使った大きなシューマイも一口で放り込むなど、次々と料理をたいらげていき、一緒に食べていた俳優の山崎賢人(22)がかすんでしまうほど。 極めつきはヤキソバを食べる際の顔つき。麺をほおに溜め込んでムシャムシャと咀嚼したかと思えば、満足げに目を閉じて「うまい」とボソリ。「(山崎より)春奈ちゃんの方が量食ってるよね」と、進行役を務めていたスピードワゴンの井…

「孤独のグルメ」原作者による食のこだわりネタばらし

それこそ、崎陽軒の「シウマイ弁当」はシューマイを一気に5個続けて食べるか、否、シューマイと他のおかずを交互に食べるべきか、干しアンズを食べるタイミングはいつか、と逡巡しながら力石との優劣を比較していく。 「メシなんて、とにかくガーッと食えりゃいいんだよ」なんて思う人にとってはどうでもいい漫画だろうが、一食一食を慈しみたい人にとっては腑に落ちるところの多い漫画だろう…

「孤独のグルメ」原作者による食のこだわりネタばらし

それこそ、崎陽軒の「シウマイ弁当」はシューマイを一気に5個続けて食べるか、否、シューマイと他のおかずを交互に食べるべきか、干しアンズを食べるタイミングはいつか、と逡巡しながら力石との優劣を比較していく。 「メシなんて、とにかくガーッと食えりゃいいんだよ」なんて思う人にとってはどうでもいい漫画だろうが、一食一食を慈しみたい人にとっては腑に落ちるところの多い漫画だろう…

ラーメンチェーン「幸楽苑」は全国に520店舗

幸楽苑は困惑…静岡清水“親指入りラーメン事故”の真相

その後、シューマイ工場で作業員が指の先を切断しレトルト食品に混入した事故もあった。 今回もスープに指がどっぷりと思ったら、少し違うようなのだ。同社の広報担当者が言う。 「爪が入っていたのは事実ですが、指ではないのです。9月8日、パートの女性従業員が厨房のスライサーでチャーシューを切っているとき、誤って右手の親指の爪をそっくりはがしてしまったのです。かなり出血し、本人…

故・地井武男さんは宍戸開の目標

今あるのはあの人のおかげ

慢心見抜き助言も 宍戸開が語る故・地井武男さんの人柄

例えるならシューマイ弁当のカラシ。弁当全体が引き締まるでしょ? しかも、ちゃめっ気があって温厚でオシャレ。いつもニコニコしてらっしゃるから現場がとても和やかでした。亡くなられて4年。今でも憧れであり、目標とする役者さんです。…

ヨシムラ・フードHDの吉村元久社長

今週の爆騰株

中小食品再生「ヨシムラ・フード」画期的ビジネスモデル

実際に、同社が買収した赤い箱でおなじみのシューマイを製造する楽陽食品は、主力商品のチルドシューマイのシェアが毎年アップして1位になっています。 このビジネスモデルに共感して、官民出資の投資ファンド産業革新機構や、JTが出資し、大株主となっています。 中小食品会社は、売り手は非常に多いのですが、逆に買い手はほとんどなく、非常に割安な金額で買収可能です。投資金額が数年…

ヨシムラ・フード・HD

倍返し株はコレだ

食品特化の中小企業支援「ヨシムラ・フード・HD」

連結子会社はシューマイ・ギョーザの楽陽食品(東京)や、温麺の白石興産(宮城)、かきフライのオーブン(愛媛)、ピーナツバターのダイショウ(埼玉)、日本酒の桜顔酒造(岩手)、マグロ加工品の雄北水産(神奈川)など。これら企業群が販路を拡大し、クロスセル効果もあり順調に売り上げを伸ばし業績は好調。 今期(17年2月期)は過去最高の売上高、利益を更新の見通し。これは今後のM…

文庫あらかると

「フードバンクという挑戦」大原悦子著

パッケージに記された原材料の表示順序が誤っていただけで店頭から回収された10万個のシューマイなど、日本の食品ロスは年間600万トンを超える。 そうした食品ロスが生まれる背景から、日本でフードバンクが始まった経緯、そして活動を担うNPO法人が抱える問題や企業側の新たな動きなど。現場を取材しながら、社会を変えていくための方途を考える。(岩波書店 860円+税)…

臭気判定士 清水真由美さん

我が社のプロフェッショナル

年間300人のにおい嗅ぐ 臭気判定士・清水真由美さんの仕事

ただし判定中は、カレーやシューマイなど体臭に近い香りのものは食べたくなくなりますね(笑い)」 清水さんのような臭気判定士は同社に7人。その他のスタッフとともに、グループで事に当たる。 「においの感じ方は人それぞれ。複数の人間が嗅いで評価がぶれないようにしています」 そもそも臭気判定士とは、工場から出る悪臭などの公害対策として設立されたもので、化粧品メーカーでこれほど…

黒毛和牛 牛肉焼売弁当

小林しのぶの読む駅弁

黒毛和牛 牛肉焼売弁当(米沢駅)

中身は国産米を炊いたご飯の上に、牛肉煮、牛肉そぼろ、錦糸卵をのせた弁当で、さらにおかずとして牛肉シューマイ、卵焼き、ニシン入り昆布巻き、煮物、かまぼこなどを添えた。発売当初は野菜類がなく、おかずのほとんどは牛肉料理という徹底ぶりだったが、リニューアル時にニンジンやシイタケの煮物、昆布巻き、ワサビ菜や菊花の醤油漬けなどを追加した。 黒毛和牛を使用した肉シューマイは、大…

黒毛和牛 牛肉焼売弁当

小林しのぶの読む駅弁

黒毛和牛 牛肉焼売弁当(米沢駅)

中身は国産米を炊いたご飯の上に、牛肉煮、牛肉そぼろ、錦糸卵をのせた弁当で、さらにおかずとして牛肉シューマイ、卵焼き、ニシン入り昆布巻き、煮物、かまぼこなどを添えた。発売当初は野菜類がなく、おかずのほとんどは牛肉料理という徹底ぶりだったが、リニューアル時にニンジンやシイタケの煮物、昆布巻き、ワサビ菜や菊花の醤油漬けなどを追加した。 黒毛和牛を使用した肉シューマイは、大…

昨年は熱愛報道で話題に

ファンには好評 神田愛花アナのツイッターに潜む“法則”とは

その後、シューマイ弁当の写真をアップし、最後はやはり自撮り……。 8日と7日も同様のペースで番組本番前に写真を投稿したほか、4日には福岡のテレビ局で収録を行っていた際の様子を掲載、やはり楽屋から「弁当・菓子・飲み物・自撮り」のツイートだった。 これらにはファンから<今日もお綺麗で何より><神田さんの家には、どれくらいのお菓子のストックが有るんだろう>などの声が寄せら…

福井県の地ガラシ

真似したい伝承療法

福井県の地ガラシ

おでんやシューマイなどの薬味に使うのはもちろん、練った地ガラシにワインビネガーを加えればマスタードになる。 さらに地元の漁師の中には、新鮮な刺し身を食べるとき、ワサビの代わりに地ガラシを使う人もいるという。 辛さで、味と健康にいい刺激を与えてくれそうだ。…

タレントが通う店 やってる店

春風亭小朝もハマった! 住宅街の小さな中華料理店

もうひとつ、小朝が決まってオーダーするのが中華の定番「シューマイ」(450円)。玉ねぎを炒めることで、自然な甘味を引き出しているところが最大の特徴。豚肉や貝柱のうま味と見事に調和して、これまたヤミツキ必至だ。 隠れた名店の本格中華、ぜひお試しを。…

None

ザッツエンターテインメント

男が極める食の道編

実践編には、同時進行で仕上げるタイムチャートつきの「シューマイ&蒸し鶏定食」、ギョーザなどで余った具材をリメークする技、イカをさばいてつくるイカめし&ワタ焼き&マスタードマリネの3点レシピ、定番のハンバーグ、豚の角煮、さらにはチョコレートケーキや杏仁豆腐の作り方までを紹介。さっそく腕まくりして台所に立ちたくなること請け合いだ。 IT界の寵児としてシリコンバレーで大…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事