日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「松本人志 映画」に関する記事

None

「R100」大コケは当然か “松本人志監督”に足りないモノ

お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(50)が監督した映画「R100」は、公開2日間の興行収入が5282万円。これが松本の4作目となるが、デビュー作「大日本人」の2億円台と比べたら“惨敗”。右肩下がりで客足が遠のいていっている。映画批評家の前田有一氏が言う。 「万人受けする映画とは正反対の、どう転んだってヒットするわけがないシュールな作品、普通の映画監督ならとても…

監督作品にヒットなし/(C)日刊ゲンダイ

「神への冒涜」…美味しんぼ問題で吠えた松本人志監督の力量

作者のものであって、外部の人間がストーリーを変えろなんてチャンチャラおかしい」 眉間にシワを寄せながら厳しい表情でこう語ったのはダウンタウンの松本人志(50)である。11日に生放送された「ワイドナショー」(フジテレビ系)でのこと。 漫画「美味しんぼ」(原作・雁谷哲)で、福島第1原発を訪れた主人公らが原因不明の鼻血を出す描写について各所から「風評被害や偏見を助長する」…

None

最終日もガラガラ…映画「ハダカの美奈子」が3週間で打ち切り

松本人志(50)監督の「R100」が5週間、上戸彩(28)主演の「おしん」が4週間……ともに、この秋に大コケした話題作の打ち切りまでの期間だが、「ハダカの美奈子」はそれすら下回ってしまった。 どこまで不入りなのかと、上映最終日にシネマート六本木に足を運んでみると、150席の館内に観客は10人程度。当初含まれるはずだった過激な濡れ場シーンなどをカットし、ファミリー向…

再来年のプロツアー参戦が目標/(C)日刊ゲンダイ

あの人は今こうしている

山崎邦正とコンビ 元TEAM―0軌保博光はどうしてる?

邦正? 1年ぐらい前に後輩に誘われて吉本の劇場の楽屋に顔を出し、プロゴルファー目指してんねん、って言うたら、『相変わらず頭おかしいな』って言われました、ハハハ」…

(C)2014 「青天の霹靂」製作委員会

劇団ひとりの監督デビュー映画に「人志よりひとり」の高評価

昨秋公開の「R100」で4作連続の大惨敗を喫した松本人志に至っては“打ち切り監督”のレッテルが貼られ、目も当てられない状況である。 監督本人が書き下ろした同名小説が原作の「青天」は、「職業監督が手がける以上に完成度の高い一本」(映画に詳しいライターの稲田豊史氏)という。天涯孤独で売れないマジシャン(主演・大泉洋)が、40年前の浅草にタイムスリップし、若き日の父(劇団…

製作発表では和気あいあいだったが…/(C)日刊ゲンダイ

過激濡れ場も不発…18禁「ハダカの美奈子」は2週間で終了

ファミリー向けに編集された「ハダカの美奈子」(PG12)が昨年11月に公開されたが、こちらは3週間で打ち切られ、同時期に大コケした松本人志監督「R100」の5週間、上戸彩主演「おしん」の4週間を下回ったとことで話題だったばかり。 「R-18」編は「限定ロードショー」という触れ込みで公開され、初日にはテレビのCS放送で「PG12」編を放映するなど仕掛けも上々だったは…

None

松本人志の「(島田紳助)戻ってきていい」発言は“陽動作戦”か

「僕は全然(芸能界に)戻ってきていいと思うんですよ」 真剣な表情でこう語っていたのはダウンタウンの松本人志(50)。21日深夜放送のトークバラエティー「ワイドナショー」(フジテレビ)で、一昨年8月に引退した島田紳助について語ったものだ。 発端は来月12日に放送される「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京)の「放送1000回SP」内で紳助が過去に出演したVTRが放送され…

SMAP解散騒動に揺れるジャニーズ事務所

キムタク翻意で独立ご破算 窮地のSMAP4人に吉本入り浮上

芸能界の人脈も豊富で、タモリ、ビートたけし、明石家さんま、笑福亭鶴瓶、「ダウンタウン」松本人志など斯界の大物とも懇意。昨年大晦日には「絶対に笑ってはいけない名探偵24時!」(日テレ系)にも初のゲストメンバーとして出演。先日は「人志松本のすべらない話」(フジ系)にも初参戦して話題になった。 これが伏線だったとすれば、浮上するのが吉本興業への電撃移籍である。 吉本関係者…

みんな“土ワイ”で再ブレーク

日曜午前放送は吉か? 「土曜ワイド劇場」の偉大な功績

「裏ではTBSが爆笑問題の『サンデー・ジャポン』、フジが松本人志の『ワイドナショー』をやっていますが、平日も自宅にいて午前中ワイドショーを見ている中高年にとっては、“日曜くらいは気分を変えてゆっくりドラマを”と思うかもしれません。土曜ワイドにはまだ終わっていない人気シリーズもありますから、意外と“鉱脈”を探り当てるかもしれません」 もっとも、日曜朝となると、お色気…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事