日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

小金井市の関連ニュース

「伝統のすた丼屋」を展開する早川秀人社長

語り部の経営者たち

アントワークス早川秀人社長 父が警官なのに補導歴8回

1964年生まれ、「地元は東京都の小金井市」という早川氏だが、中1まではお隣の小平市で育った。父親は公安畑を中心に歩んだ、警視庁の私服警官、母親は教育熱心な専業主婦という家庭だった。 ケンカが強くなくては不良は務まらないが、早川氏は小学校低学年から、その片鱗を見せる。「遊びの延長で、2対2の決闘をしようという話になりました」。顔面に一発食らい、腹も蹴られて、あえな…

何が不服なのか(送検される岩崎友宏被告=昨年5月)

アイドル刺傷 岩崎被告が“控訴”で検察“控訴せず”のナゼ?

昨年5月、東京都小金井市でアイドル活動をしていた女子大生、冨田真由さん(21)が無職の岩崎友宏被告(28)に刺されて重傷を負った事件。先月28日、東京地裁立川支部で裁判員裁判の判決があり、殺人未遂罪などに問われた岩崎被告に懲役14年6月(求刑は懲役17年)の判決が言い渡された。ところがその2日後の今月2日、岩崎被告はこの判決を不服として東京高裁へ控訴したのだ。 こ…

男性が暴行を受けた現場

グループで計画的に…続発する10代“美人局”の犯行手口

出会い系サイトで知り合った男性会社員(28)からカネを脅し取ろうとした恐喝未遂の疑いで警視庁に逮捕されたのは、いずれも無職の東京都小金井市の少年(19)、埼玉県新座市の少年(18)と、千葉県浦安市の高村初音容疑者(22)。 初音は昨年10月、出会い系サイトを通じて男性に援助交際を持ち掛け、「JR神田駅に来て」と呼び出した。同月15日午後8時半ごろ、コンビニで男性と…

中野区から国立市までの中央線沿線の数値がいい

大都市圏なんでも健康ランキング

【脳卒中標準化死亡比】全国でもベストワンの小金井市

東京都小金井市が57.5で、ベストワンに輝いています。小金井市は、全国の市区のなかでもトップ。首都圏ワーストワンの福生市が177.6ですから、同じ東京都多摩地区のなかで、脳卒中の死亡リスクが3倍以上も違っていることになります。 表を見ると、中央線沿線の自治体から、ほかにも杉並区、国分寺市、三鷹市がランクインしていることが分かります。中央線に注目すると、これら3市のほ…

中野区から国立市までの中央線沿線の数値がいい

大都市圏なんでも健康ランキング

【脳卒中標準化死亡比】全国でもベストワンの小金井市

東京都小金井市が57.5で、ベストワンに輝いています。小金井市は、全国の市区のなかでもトップ。首都圏ワーストワンの福生市が177.6ですから、同じ東京都多摩地区のなかで、脳卒中の死亡リスクが3倍以上も違っていることになります。 表を見ると、中央線沿線の自治体から、ほかにも杉並区、国分寺市、三鷹市がランクインしていることが分かります。中央線に注目すると、これら3市のほ…

写真はイメージ

大都市圏なんでも健康ランキング

【首都圏の特養事情】ワースト1位は小金井市

首都圏で定員が最低なのは、小金井市(6.4人分)。中央線沿線区間(新宿から国立まで)は、軒並み20人分にも満たない低い数字になっています。暮らしやすい地域かもしれませんが、要介護になってしまえば受け入れ先が見つからない、というのが実情のようです。都内(23区)でも多くの区が20人分以下にとどまっています。ただ、江東区、荒川区、足立区など下町エリアは25人分前後を確…

写真はイメージ

大都市圏なんでも健康ランキング

【首都圏の特養事情】ワースト1位は小金井市

首都圏で定員が最低なのは、小金井市(6.4人分)。中央線沿線区間(新宿から国立まで)は、軒並み20人分にも満たない低い数字になっています。暮らしやすい地域かもしれませんが、要介護になってしまえば受け入れ先が見つからない、というのが実情のようです。都内(23区)でも多くの区が20人分以下にとどまっています。ただ、江東区、荒川区、足立区など下町エリアは25人分前後を確…

写真はイメージ

大都市圏なんでも健康ランキング

出生率ワースト3入り 中央線沿線は子づくりには不向き?

三鷹市(1.04)、小金井市(1.12)、国分寺市(1.07)、国立市(1・13)は、辛うじて1を超えていますが、五十歩百歩です。中央線沿線は子づくり・子育てに不向きなのかもしれません。…

中央防波堤埋め立て地

今そこにある東京都の危機

2028年「二ツ塚処分場」の期限切れで“ゴミ戦争”勃発

小金井市もここの利用者だが、同市では中間処理施設の建設すら住民が反発してできず、他の自治体にお願いして焼却してもらっている状況だ。 「米軍基地問題と同じで、どこも厄介は請け負いたくない。11年後、どこに最終処分場をつくるかで大もめは必至です」(ジャーナリスト・中森勇人氏) 半世紀が経って再び「ゴミ戦争」が起きるとは思わなかった。…

中央防波堤埋め立て地

今そこにある東京都の危機

2028年「二ツ塚処分場」の期限切れで“ゴミ戦争”勃発

小金井市もここの利用者だが、同市では中間処理施設の建設すら住民が反発してできず、他の自治体にお願いして焼却してもらっている状況だ。 「米軍基地問題と同じで、どこも厄介は請け負いたくない。11年後、どこに最終処分場をつくるかで大もめは必至です」(ジャーナリスト・中森勇人氏) 半世紀が経って再び「ゴミ戦争」が起きるとは思わなかった。…

右は新浦安駅(上)と船橋駅

大都市圏なんでも健康ランキング

【急性心筋梗塞高死亡リスク】首都圏ワーストは横浜市中区

表には載っていませんが、同じ東京都でも、中央線吉祥寺駅-西国分寺駅間と、多摩川に挟まれたエリア、具体的には三鷹市、調布市、小金井市、府中市、狛江市が軒並み130~150以上という高い数字を示しています。住みやすいエリアとして定評がありますが、意外とストレスが多いのかもしれません。 ■全国平均の2.4倍 首都圏ワースト1の横浜市中区(237.1)の住民は、全国平均の…

右は新浦安駅(上)と船橋駅

大都市圏なんでも健康ランキング

【急性心筋梗塞高死亡リスク】首都圏ワーストは横浜市中区

表には載っていませんが、同じ東京都でも、中央線吉祥寺駅-西国分寺駅間と、多摩川に挟まれたエリア、具体的には三鷹市、調布市、小金井市、府中市、狛江市が軒並み130~150以上という高い数字を示しています。住みやすいエリアとして定評がありますが、意外とストレスが多いのかもしれません。 ■全国平均の2.4倍 首都圏ワースト1の横浜市中区(237.1)の住民は、全国平均の…

写真はイメージ

大都市圏なんでも健康ランキング

中京圏の特養事情 都道府県定員は愛知県がワースト1位だが

首都圏では青梅市(131.5)と小金井市(6.4)が約20.5倍、関西圏では南丹市(70.1)と岸和田市(10.8)が約6.5倍ですから、それよりはだいぶ小さいと言っていいでしょう。 ワースト10の大半が愛知県内の自治体。実は愛知県は、都道府県レベルで全国ワースト1位(23・2)になっています。名古屋市自体が21・3で、すでにかなり低いのですが、名古屋市を囲む周辺自…

写真はイメージ

大都市圏なんでも健康ランキング

中京圏の特養事情 都道府県定員は愛知県がワースト1位だが

首都圏では青梅市(131.5)と小金井市(6.4)が約20.5倍、関西圏では南丹市(70.1)と岸和田市(10.8)が約6.5倍ですから、それよりはだいぶ小さいと言っていいでしょう。 ワースト10の大半が愛知県内の自治体。実は愛知県は、都道府県レベルで全国ワースト1位(23・2)になっています。名古屋市自体が21・3で、すでにかなり低いのですが、名古屋市を囲む周辺自…

たまプラーザ

大都市圏なんでも健康ランキング

首都圏の平均寿命は若者の数が多いほど長くなる

■女性最下位は高齢化率30%の銚子市 しかし、男性の平均寿命の上位に位置する杉並区や小金井市は、際立った高級住宅エリアではありません。ただ、若者に人気が高く、「住みやすい街」と評価されています。実は宮前区や都筑区・青葉区も、周辺エリアと比べて若者人口が顕著に多いのです。 これらの自治体だけでなく、全般的に若者が多い自治体のほうが平均寿命が長い傾向がみられます。行政…

成功するのか?

都議選へ知事は戦闘モード 小池新党“自民30人落選”計画

「都議選の全42選挙区のうち、文京区や渋谷区、武蔵野市、小金井市、多摩地区など、公明党が候補者を擁立していない選挙区が島部を除き22あります。公明党が『小池新党』にこっそり票を回せば、オセロのようにひっくり返る可能性が出てくる。最悪、自民党は現有の60議席から半数近くを失うでしょう」(前出の都議会関係者) しかし、ブームに陰りが見え始めている小池知事。 「小池新党…

高齢者運転免許自主返納で受けられる都内の特典一例

高齢者の事故続発…「免許返納」特典でお得な老後ライフ

13日も小金井市で82歳男が死亡事故を起こしている。先月28日には横浜市で87歳男が軽トラで集団登校中の小学生の列に突っ込み、7人が死傷。今月10日には栃木県で84歳男の乗用車が歩道に乗り上げ、3人が死傷したばかりだ。 昨年、75歳以上が加害者になった死亡事故の割合は全体の12.8%と、2005年から5ポイント以上も増えている(警察庁調べ)。来春から高齢ドライバーを…

女性メンバーを解雇、法的措置も検討と発表

「性的出会い目的で」 地下アイドル運営側が訴訟も視野?

地下アイドルをめぐっては、5月に東京・小金井市で起きたファンによるメッタ刺し事件が世間を震撼させたばかり。首や胸など20カ所以上を刺されたアイドルで女子大生の冨田真由さん(20)は、その後意識を回復した。 アイドルが身近になりすぎた今、この手のトラブルはますます増え続けるかもしれない。…

これぞゲスの極み

巻頭特集

いつまで続けさせるのか 舛添辞任をめぐる与党の思惑

10日には清瀬市議会に続き、小金井市議会も「辞職を求める意見書」を都知事宛てに提出した。 都民は辞任を強く望んでいるのに、自公都議はその声を聞いたふり。議会での激しい追及姿勢もうわべだけのポーズ。裏ではこっそり舛添と“握っている”に違いない。 8日の一般質問では自民都議がわざわざ、強い調査権限を持つ「百条委員会」の設置について、事務方から後ろ向きな答弁を引き出してい…

23日、送検される岩崎友宏容疑者

また警察たらい回し メッタ刺しされた地下アイドルの悲劇

亜細亜大経営学部3年生でアイドル活動をしていた東京・武蔵野市の冨田真由さん(20)が21日、小金井市のライブ会場前でファンの男にナイフで首や胸など20カ所以上をメッタ刺しにされた事件。冨田さんは意識不明の重体だ。 傷害の疑いで現行犯逮捕されたのは、住所、職業不詳の自称・岩埼友宏容疑者(27)。調べに対し、「冨田さんにプレゼントを贈ったが返されたので憤慨した」「駅で待…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事