日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

新進気鋭・出演者の関連ニュース

週末オススメ本ミシュラン

ストーカーがエスカレートし信頼と愛情を考えさせられる一冊

「いなか、の、すとーか」の主人公・石居透は、新進気鋭の陶芸家だ。強い上昇志向を持っているが、それを隠す知恵もある。東京の大学で陶芸を学んだが、そこそこ名が知れるようになると、あえて故郷の小椚にもどって実家の近くに工房を造った。テレビ番組で石居の生き方が肯定的に紹介される。周囲から嫉妬を受けるが、それをかわす知恵はついている。ただし、問題は中年女性のストーカーの砂原…

ザッツエンターテインメント

タイトルが“すごい”本特集

北海道美瑛町で食文化を通した地域活性活動に尽力するジャーナリストとシェフ、震災後の福島県で完全予約制1日1組限定のレストランを経営するシェフ、鱧の骨切りをCTスキャンで見せて世界を驚かせた3つ星レストランシェフ、前衛的な料理で有名だが、食材の生産地で子供たちに食育イベントを行うシェフなど、新進気鋭の料理人が多数登場。 日本の食文化が誇るべきは、豊かな食材や緻密な技術…

「GLORIA」をカバーしたTAKAHIRO

TAKAHIROが名曲カバーも…懐メロ路線で透けるEXILEの苦境

だが、最近は同じ事務所の後輩グループで、昨年のレコ大を獲得した「三代目 J Soul Brothers」、新進気鋭のグループ「GENERATIONS」に人気の面では押されっぱなしだという。 「今年発売されたCDで比較すると人気の差は一目瞭然です。EXILEは3月発売のアルバムが約28万枚、それに対して、三代目は1月発売のアルバムが約85万枚。シングルの売り上げも絶好…

開業4年目で40歳

【フローラS】新進気鋭 奥村武厩舎ジャンプアップ

美浦の新進気鋭、奥村武師は、今年で開業4年目の40歳。助手時代はトップステーブルの国枝厩舎で腕を磨き、マツリダゴッホ、アパパネといったGⅠホースにもまたがっていた。 開業初年度こそ8勝だったが、2、3年目はともに16勝。コンスタントに勝ち星を挙げてきて、今年はいよいよブレークの兆し。 年明けのGⅢフェアリーSではライジングリーズンで厩舎初の重賞勝利を決めるなど、先週…

武井調教師

今週のターゲット

新進気鋭 武井師が送り出す3頭に注目

シルクホースクラブのパーティーで笠松の佐藤友則(左)、吉井友彦(右)両騎手と記念撮影

崖っぷち馬主の指南書

1口出資のメリットは大きい

実績がある名伯楽よりも新進気鋭の若い方が、より具体的なお話に発展するかもしれません。最近は、地方の競馬関係者も多数出席しているので、地方から始める人にとっても絶好の機会となっています。 また、共有のチャンスにつながるかもしれないので、1口ライフを楽しんでいる馬主さんと知り合いになっておくのも手です。一部の大馬主さん以外、何頭もの馬を所有するのは至難の業。なので、一口…

カレー風味のおいしいシチュー?

荒波相場に挑む 稼げる「鉄板」銘柄

主軸はリユースとリサイクル「リネットジャパングループ」

リネットジャパングループ(3556)は最近、東証マザーズに上場したばかりの新進気鋭の会社。インターネットを使って、①リユース事業②リサイクル事業――を行っている。 我々にとって難しいのは、「リユース」と「リサイクル」の言葉の違い。先ほどの、「作り過ぎたカレー」に例えれば、そのままカレーとして使うのが「リユース」、具材を取り出して違うものにするのが「リサイクル」。 …

カレー風味のおいしいシチュー?

荒波相場に挑む 稼げる「鉄板」銘柄

主軸はリユースとリサイクル「リネットジャパングループ」

リネットジャパングループ(3556)は最近、東証マザーズに上場したばかりの新進気鋭の会社。インターネットを使って、①リユース事業②リサイクル事業――を行っている。 我々にとって難しいのは、「リユース」と「リサイクル」の言葉の違い。先ほどの、「作り過ぎたカレー」に例えれば、そのままカレーとして使うのが「リユース」、具材を取り出して違うものにするのが「リサイクル」。 …

武井調教師

今週のターゲット

武井厩舎の2歳馬はここ2週が勝負

今回は美浦の〝新進気鋭〟、武井厩舎を取り上げる。 開業初年度の14年に13勝を挙げ、15年が20勝。そして、3年目の今年は先週終了現在で15勝をマーク。2年連続20勝はもちろん、自己最多勝を更新するのもほぼ間違いないだろう。大きな原動力となっているのが、現2歳世代の活躍だ。2歳戦の厩舎別トップ5は以下の通り。 厩 舎① ② ③ 連対率 1池 江7 4 5・314 2…

ピカチュウも

荒波相場に挑む 稼げる「鉄板」銘柄

「イマジカ・ロボット」 気鋭のシェフの具だくさんカレー

カレーでいえば、「新進気鋭のシェフが作る具だくさんカレー」といった感じか。ルーの盛り上がりがハンパではない。 では、何が材料に入っているかというと、「ポケモン」「VR」、そして「東京五輪」である。イマジカは4月にOLMという映像子会社を買収した。そこがポケモン映画を手掛けている。任天堂の「ポケモンGO」リリースを目前に控え、にわかにポケモンブームが沸き起こっている。…

宇多田ヒカルは紀里谷和明氏との離婚を突然発表した

スクープドッグ咆哮記「宇多田ヒカルと藤圭子」編

「思い描く未来図や夫婦像の方向性にズレが生じた」ヒカルは結婚生活をこう説明したが…

15歳でのデビュー以来、日本のトップに君臨し続けるカリスマ歌姫と新進気鋭のクリエーターが電撃入籍したのは02年9月。 〈思い描く未来図や夫婦像の方向性にズレが生じた〉 ヒカルは結婚生活がわずか4年半で破綻した原因をこう説明したが、 「昨年末、都内のレストランで紀里谷君とヒカルちゃんに会ったけど、いつもどおりすごく仲がよかった。2人が手を振って挨拶して、その様子からも…

見た目で買った面白読本

「遊びとムダ」がうらやましい

各賞受賞/新進気鋭のデザイナーや写真家、エッセイスト、イラストレーターなどの作品を掲載。「人選と組み合わせ」に編集者のセンスが光る。 結論めいたことから書いてしまえば、余裕や無駄のないところに文化が息づく訳もなし。編集長を兼ねるデザイナーが書籍という沃野を自ら用意した、うらやむべきケースと言えるのかもしれない。 自分自身をクライアントにするのは意外と大変だ。1人2役…

「東宝シンデレラ」出身

朝ドラ「まれ」で注目の美少女・浜辺美波「憧れは長澤まさみ」

今年ブレークが期待される新進気鋭の女優だ。 「朝ドラの現場は、いつも以上に緊張しました。おばあちゃんのお友達から『出てたね、凄いね』と声をかけてもらったり、幅広い年齢層の方から反響をいただきました」 ドラマの中だけでなく、撮影現場を明るくもり立てているヒロインの土屋太鳳の姿に大いに刺激を受けたという。となれば、やっぱり、将来的に目指すは「朝の顔」? 「自分が本当にそ…

映画「ソロモンの偽証」成島出監督特別インタビュー(上)

応募者1万人の中からオーディションで新進気鋭の役者33人を選び抜いた。中でも注目を集めているのが、原作の役名を芸名にして女優デビューを果たした藤野涼子(15)だ。 今回のオーディションでは、作品にひとつも出ていない子から、子役として活動し、14歳にしてベテランみたいな子までプロアマ問わず募集したんですが、涼子は演技経験がゼロ。本当に何もできない子だった。通行人のエキ…

「熱狂なきファシズム」想田和弘著

新進気鋭のドキュメンタリー映画監督である著者は、こうした状況を観察し、「ずるずるじわじわコソコソと進むファシズム」が現代の特徴なのだと喝破している。 (河出書房新社 1700円+税)…

勝っても負けても大人気/(C)日刊ゲンダイ

「大きい!スゴイ!」 遠藤効果で“両国動物園”化した国技館

昨年の秋場所で幕内デビューした新進気鋭の色男はファン人気も高い。遠藤が負けっぱなしだと客足にも影響する……と思われていたが、実際はそんなことはなかった。 この日は今場所7回目の満員御礼。平日にも4回と、最近の大相撲では考えられないほどの集客ぶりだ。 中でも顕著なのが若い女性ファンの増加だ。女性だけで観戦する者も多く、名前も知らないような幕下力士にすら、近くを通るたび…

“女王復活”と言われたが…/(C)日刊ゲンダイ

「沢尻ドラマ」を4カ月で再登板させるフジの危うい賭け

続編では、新進気鋭のデザイナーに転身しているそうだが……。 「この作品が当たったのは、すっかりヒールが板についた沢尻が、いじめられる役だったから。視聴者は、それなら見てやろうと思ったのです。そして、周囲を固めた意地の悪いオンナたちを見て、『あれは○○だ』『あいつは××そっくり』と知り合いに当てはめて喜んでいた。続編は、すでにポジションを得た沢尻を見せられることになり…

横綱の威厳もガタ落ち/(C)日刊ゲンダイ

白鵬ついに黒星 相撲ファンが渇望していたのは「負ける横綱」

この日は新進気鋭の遠藤が6勝目(5敗)を挙げたものの、いまや好角家が期待しているのは白鵬の黒星だけだ。…

(C)日刊ゲンダイ

プレイバック芸能スキャンダル史

松任谷由実ブレーク直後の22歳で松任谷正隆と結婚

新進気鋭の編曲家だった松任谷正隆(当時25)と結婚したのは76年11月だった。 74年ごろからフォーク関係者の間で「荒井由実はどう見ても松任谷正隆と恋仲だよ。あの2人の呼吸の合い方は絶対に他人同士じゃないよ」というウワサが聞かれるようになり、75年3月には交際報道が流れた。当時ユーミンは多摩美術大学の日本画専攻に在学中で、リリースしたアルバムは「ひこうき雲」「MIS…

あっという間に全国区/(C)日刊ゲンダイ

“天使すぎる”橋本環奈 「吉本」でメジャーデビューの理由

今年1月には単独で「an・an」の表紙を飾り、「1000年に一人のアイドル」というキャッチフレーズと共に特集を組まれた新進気鋭のアイドルだ。 小学3年生の時に芸能界入り。所属は福岡の芸能事務所「アクティブハカタ」で、これまでに日本マクドナルドのCMに起用されたり、是枝裕和監督作品「奇跡」(11年)に脇役として出演。しかし、なぜ福岡のローカルアイドルが全国区の脚光を浴…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事