日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

隠蔽捜査・出演者の関連ニュース

None

「隠蔽捜査」語りで存在感…麻実れいの“声質”に驚きと称賛

杉本哲太と古田新太がダブル主演の「隠蔽捜査」(TBS系、月曜20時~)のナレーションを担当。山根基世や奈良岡朋子に勝るとも劣らない重厚感たっぷりの口調で、視聴者の耳をくぎ付けにしているのだ。 「これまでテレビのナレーションを務めたという記憶はないので、一瞬分かりませんでしたが、あの貫禄のある声は麻実れいさんそのもの。1970年のデビュー当時から85年の退団まで長身の…

None

あまコンビW主演で話題 「隠蔽捜査」は“警察版・半沢直樹”

月曜ミステリーシアター「隠蔽捜査」(TBS系)の初回放送当日(13日)、ゲスト出演した「はなまるカフェ」でこうPR。昨年の視聴率ナンバーワンドラマを引き合いに出し、番組MCの岡江サンとヤックンの心をグッとつかんだのは間違いない。「半沢直樹を見てた人が半分見てくれたら、20%いくんで」と鼻息も荒かった。 刑事ドラマといえば「現場」が主役だが、本作は「キャリア官僚」を描…

ベストセラー早読み

「自覚 隠蔽捜査5.5」今野敏著

(新潮社 1500円)…

None

1月放送が5本! 警察ドラマで占うテレビ局の2014年

「戦力外捜査官」(日本テレビ系) 「隠蔽捜査」(TBS系) 「S―最後の警官―」(TBS系) 「緊急取調室」(テレビ朝日系) 「福家警部補の挨拶」(フジテレビ系) よくまあ、これだけ警察ドラマがそろったもんだ。いずれも来年1月からゴールデンタイムで放送される予定。 「水谷豊主演の『相棒』シリーズのように、警察ドラマは安定した数字が期待できます。だから各局こぞって放送…

視聴率の底上げに一役買っている

人気ドラマ下支え 杉本哲太は物語に深み出す“隠し味”俳優

その後はすぐさま、「隠蔽捜査」(14年)で民放連ドラ初主演をゲットし、古田新太(50)らとともに上層部と現場の板挟みに悩む刑事を好演。中年俳優の底力を見せた。 「長年のキャリアを今まさに開花させている印象。演出家レベルで自分に求められる役割を察するから、使う側も起用したくなる。悪目立ちすることなく視聴者と制作陣の心に“杉本哲太印”を刻んでいく。貴重な存在ですね」(前…

イケメンなのに性格は“超三枚目”

公開包茎手術、脱ぎ癖も…安田顕は“破天荒”エピソード満載

テレビドラマにも引っ張りだこで、昨年から「チーム・バチスタ」「隠蔽捜査」「アオイホノオ」「問題のあるレストラン」と立て続けに出演し、休む間もなさそうな売れっ子脇役なのだ。 「最近では、映画でもドラマでも、キャスティングの段階で必ずといっていいくらい安田の名前が挙がる。極道でもゲイの役でも、どんな役でも自分の“色”を失うことなく演じ、しかも何かやらかしてくれそうな雰囲…

None

脂ノリノリ椎名桔平に引けを取らなかった塚本高史の存在感

杉本哲太は、NHKの『あまちゃん』に続いて、来年はTBSの連ドラ『隠蔽捜査』に主演する。ついでに言うと、続編“ビヨンド”の西田敏行が出演しているテレビ朝日の『ドクターX』は、秋ドラマの中で最高視聴率をマーク。北野監督が好んで使う役者には何かがあるんでしょう」(テレビ誌編集者) 塚本も後に続ける!?…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事