日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

鈴木奈々に関する記事

角南圭社長はなぜ、突然…?

鈴木奈々CMがヒット 「うちナビ」カリスマ社長が謎の失踪

角南社長が自らテレビ番組に出演したり、タレントの鈴木奈々を起用した派手なCMを流し、男女問わず幅広い世代に企業イメージを浸透させてきた。 「角南社長が掲げていたのが16年の株式上場です。そのため、鈴木奈々だけでなく、磯山さやか、ヤクルトの山田哲人といった有名人を会社のホームページに載せて、知名度アップを図ってきました。昨年4月には直営店舗が20店舗まで拡大。急成長の…

大声で同じ発言を繰り返す

おバカで一人勝ち “ガヤ”タレント鈴木奈々はなぜウケる?

13日、紅茶ブランド「リプトン」の新キャンペーンローンチ記念イベントに登場した鈴木奈々(26)。 この日も大声で同じ言葉を繰り返すおバカキャラはフル回転。紅茶を試飲すれば「リプトン大好きです!」と叫び、キャンペーンソングを聞けば、「この歌大好き! CDほしい!」と連呼。さらに、「ダンナ大好きアピール」も健在で、12日に発表された上戸彩(29)の妊娠について「私はまだ…

対照的な2人/(C)日刊ゲンダイ

「顔怖い」鈴木奈々に言わせ放題 西川史子の“立ち位置”

医師でタレントの西川史子(42)と鈴木奈々(25)が26日、都内で行われたヘアケアブランド「Honeyce(ハニーチェ)」のPRイベントに出席した。 1月に結婚したばかりの鈴木と1月に離婚したばかりの西川という対照的な組み合わせに、西川は「そういうキャスティングなんでしょ」と苦笑い。一方の鈴木は「西川先生、かわいそう。(オノロケで)ごめんなさい。でもすっごく楽しい!…

政治バラエティー向き/(C)日刊ゲンダイ

大手民放よりのびのび ロンブー淳は「MXテレビ」と好相性

「淳と隆の週刊リテラシー」(MXテレビ)、8月23日の放送で、スペシャルゲストの小沢一郎氏をイジった鈴木奈々がネット上で話題をさらった。 スタジオのコメント席で隣に座った小沢の顔をいきなり触ったり、検察との一件でマスコミに叩かれた時期の解説をMCのひとりの上杉隆から聞くと「本当にかわいそうな人間ですね」と小沢の肩に手をかけてしみじみと呟いた。なんと番組後半には「昨日…

「申し訳ない」と語った角南圭元社長

失踪騒動から3カ月 「うちナビ」カリスマ社長は生きていた

鈴木奈々など有名タレント起用したCMをバンバン流して知名度アップを図り、2016年3月期の売上高は約9億6500万円をあげていたが、内情は火の車だったようだ。 「うちナビは2016年の株式上場を掲げていましたが、それがダメになってからは完全に下り坂でした。もっと早く倒産の決断をしていれば、株主や社員に迷惑をかけることもなかったのではないかと後悔しています」(角南元…

(左から)黒髪にイメチェンしたぺえ、鈴木奈々、へえ

おネエ界にニュータイプ登場 原宿店員「ぺえ」って誰?

21日に行われた化粧品ブランド「AYURA」のイベントには、事務所の先輩でもあるおバカタレントの鈴木奈々(28)、同居中で“セット売り”されているモデルの「へえ」とともに登場。 この日はトレードマークのピンクヘアを封印し、男と女のどっちが好きかと聞かれると「男しか好きじゃない」と力強く宣言していた。…

MCを務める田村淳

斬り取り 報道・情報番組この1本

説得力あった 消費税は「8%か10%か」より「5%がいい」

これに「社会保障費に回る支出が少なくなるのが心配」とコメントした鈴木奈々に対し、経済評論家の山崎元氏は「デフレ脱却のためにも延期するのが正しい。インフレに振れて税収が増えれば社会保障費の心配もない。8%を5%にしたほうがいい」と断言した。 「アベノミクスは成功しているのか」という淳の問いに、山崎は「成功していない。『(議員定数の削減、消費税増税などの)3党合意も判断…

ビジネスカップル説は否定

激安ギャラでオファー殺到 ぺこ&りゅうちぇるの“稼ぎ方”

鈴木奈々のように言葉を連呼するだけでは飽きられるので、時々ケンカをしたり別居したり、痴話喧嘩を起こすのも話題を引っ張るポイントになるでしょう」(芸能リポーターの川内天子氏) 薄利多売とはいえ“本業”であるモデルの仕事も多く、アパレルショップ店員出身という経歴を生かしてファッショングッズもプロデュースしている2人。りゅうちぇるは「夜寝る前には『ピンクのお家に住んで、ダ…

“新おバカ女王”の自覚が出てきた?

「虫も食べる」と覚悟…藤田ニコルはリアクション芸にも意欲

鈴木奈々(27)のお株を奪い、新おバカ女王としてブレークしたこの一年について「ガラリと変わった」と振り返り、来年の抱負をこう語った。 「虫を食べたり、空を飛んだり、いっぱい体を張りたい。そういうものにも挑戦できる年にしたいです!」 次なるライバルは出川哲朗か。…

“ニャー”だけでは… (C)日刊ゲンダイ

目玉なし…フジ「東京マラソン」中継特番に透けた“低迷”理由

「ゲストも武井壮、ピース綾部、鈴木奈々、はるな愛などスケジュールがあいている賑やかしタレントを並べ、ありきたりな企画をタレ流しているだけ。ゴールゲートに集まった報道陣の数も昨年に比べると格段に少なかった」(取材していた記者) この分では新番組も日テレに惨敗の予感アリアリだ。…

すっぴん?をブログで公開(右)した紀香、左はバッチリメーク/(C)日刊ゲンダイ

藤原紀香、神田沙也加も? “すっぴん風メーク”の巧妙テク

この先輩に触発されたのか、神田沙也加(27)や鈴木奈々(26)もすっぴん公開で続いている。 ただ、藤原の“奇跡”といわれる写真を隅々までよく見てみると、目はぱっちり二重だし、眉毛も薄く描かれてある。さらに唇に色つきリップを塗っているような気が……。 「男性たちはダマされてはいけません。これは、“すっぴん風メーク”といって、最近、女性誌がこぞって取り上げている化粧法な…

政界転身のウワサは尽きない/(C)日刊ゲンダイ

ロンブー淳が政治ショー司会 「紳助流」で目指す総理のイス

「週刊リテラシーはタレントの鈴木奈々もレギュラー。周囲におバカを配することで、相対的に賢く見せるのも紳助流です」(桧山氏) 紳助はテレビ番組での発言がきっかけで裏社会とつながり引退に追い込まれたとされる。たびたびツイッターが炎上する淳は、そのあたりも紳助流だが……。…

“芸風”はお笑い芸人張り/(C)日刊ゲンダイ

“正統派”の河北麻友子 バラエティーで「体当たり芸」の理由

29日、河北麻友子(22)と鈴木奈々(25)が競馬歴25年の林修(48)の開いた「誰でもわかる日本ダービー講座」に参加。林が日本ダービーの歴史や過去のレースについて熱弁すると、競馬初心者の河北は「勉強になりました。逆に短くてよかった。先生、熱くなるとマニアックになるので」とさらりとかわしていた。 河北は「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)の金曜レギュラー。「バラエティ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事