日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

専門店の関連ニュース

アンテナショップにも個性派が/(C)日刊ゲンダイ

専門店急増、デパ地下でも…「クラフトビール」ブーム到来

都心ではクラフトビールが飲める店や専門店が激増中。先週の日曜日の夕刻、地下鉄赤坂見附駅を出ると人通りはまばらだったが、東急プラザ赤坂2階には人だかりが。長野県のクラフトビールメーカーが昨年10月に出店した直営店「よなよなビアキッチン」の行列だった。「ビール=オヤジ臭い」はすでに過去のこと。丸の内や虎ノ門など専門店の前では当たり前に見られる光景なのだ。 約400種類…

3代目見習い中の小島さん

築地新聞

【手焼き玉子焼き専門店 本玉小島】本物の玉子焼きしか並びません

創業当時から厚焼き玉子へのこだわりは強く、息子で2代目の小島忠さん(68)のもと、専門店へとシフトしたそう。 「親父は時代の流れから、オールマイティーな和食屋よりも玉子焼き専門店の方がいいと思ったようです。その決断力はアッパレのひと言。よほど自信があったのでしょう。20代前半で店を継ぎ、この道50年。今も毎朝2時に工場に入り、す巻きだけは他の誰にも任せず、自分で焼く…

「一見さんお断り」が売り文句だった

フグ肝提供で一斉逮捕 大阪「会員制専門店」の客筋と評判

猛毒のため、食用を禁じられているフグの肝を客に食べさせていた大阪の会員制専門店「大阪とらふぐの会」の関係者8人が24日、捕まった。食品衛生法違反の疑いで大阪府警が逮捕したのは、経営者の沢原将人容疑者(42)と妻の沢原君代容疑者(62)のほか、府内に展開する4店舗の店長や従業員など8人。 「とらふぐの会」は一見さんお断りが売り文句で、2010年5月に天王寺区の古びたマ…

G―FACTORY

倍返し株はコレだ

ウナギ専門店も サービス業の出店支援する「G-FACTORY」

ウナギ専門店「名代宇奈とと」も運営。飲食店への経営サポート事業への情報収集が目的だ。店舗展開をしようと物件を探しても思った物件を紹介してもらえない、不動産屋さんに相談しても相手にされなかったという経験を持つ飲食店などは多い。だから店舗展開サポートという事業に対するニーズは高くなる。 「キャストは役者、お店は舞台。G―FACTORYは演出家。昨日の不可能を明日の可能…

2号店のオープニングセレモニー(左が工藤社長)

語り部の経営者たち

丸善ジュンク堂書店 工藤恭孝社長“専門書の専門店”の原点

「そこで、三宮店では揃えきれなかった専門書ばかりを詰め込み、“専門書の専門店”というコンセプトで始めました」 これが、予想以上に当たった。サンパル店の成功が、「専門書に強いジュンク堂」と評価される素地をつくっていったのだ。 さらには、専門書の品揃えに力を注いでいく過程で、それに比例するように書店員たちの実力もアップしていったという。 「弊社の書店員には、トップクラ…

キノコと野菜の量は圧巻!イワシの香りが口いっぱいに広がる

大人が満足 厳選「変わり鍋」

【長屋】つみれ鍋 イワシ料理専門店の会心作

「ウチはイワシ料理専門店。刺し身から焼き物、煮物、酢の物、デザートまでイワシメニューだけで四十数種あります。イワシ鍋は冬限定で、ぶつ切りのイワシが入った“鰯鍋”と、イワシの“つみれ鍋”。デート? それなら、女性に人気のつみれ鍋がオススメだね」 こう言うのは、柴山裕行さん。この居酒屋激戦区・新橋駅前で34年。イワシ料理専門で生き抜いてきた実力店の主だ。 「ご覧の通り、…

鳥めし鳥藤のチキンライス

肉食女子マイコとミユキが行く

蒸し鶏を食べなくても分かる“鶏専門店”の実力

どれだけ鶏を使えばこんないいあんばいの出汁ができるのよ? メーンの肉を食べなくても実感できる鶏卸専門店の実力。いつもながら感服ですぅ。 さてさて、チキンライスに蒸し鶏をのせて一気にいくわよ。ふわっふわのむね肉とチキンライスで鶏の味わいが二重にも三重にも増す感じ。ショウガのソースでスッキリとした辛味もサイコー。 完食してイライラは消えたけど、あっちの店もこっちの店も…

宗家ガムジャタン

肉食女子マイコとミユキが行く

アチチと骨をつまみ隙間から肉をこそげ取る

ゴロゴロとしたジャガイモとともに、豚の背骨の肉をグツグツ煮込む鍋の専門店。20年近く通っているから、無性に食べたくなって、久しぶりに一人でお邪魔して、メニューも見ずに「生ビールと赤、2人前。あっ、コッチョリも」。 2人前でも、驚かないでよ。鍋は骨のカサがあって、肉の量は大したことないの。3人前でもペロリとイケちゃう。箸の先で肉をこそげ取るのが、肉に食いついてる感じ…

タレントが通う店 やってる店

市川染五郎が長年ひいきにしているシチュー専門店「銀之塔」

歌舞伎界のプリンス、市川染五郎が長年ひいきにしているのが、東銀座にあるシチュー専門店「銀之塔」。場所は地下鉄東銀座駅から歩いてすぐ。昭和30年の創業以来、市川団十郎、海老蔵親子をはじめ、名だたる役者たちから親しまれてきた、歌舞伎界御用達の名店だ。 メニューはシチューとグラタンのみ。長年、支持され続ける最大の理由は、料理人の丁寧な手仕事が生み出す、“昔と変わらぬ味”に…

None

タレントが通う店 やってる店

ミッキー・カーチスが夫婦で足を運ぶ原宿のチャーハン専門店「元祖 もっチャーハン まるも」

「元祖もっチャーハン まるも」は原宿駅前のビル2階に小さな店を構えるチャーハン専門店。11年夏のオープン以来、老若男女問わず人気を集め、芸能人にも支持されている注目店だ。 「チャーハンってなぜか“半チャーハン”みたいに脇役になりがち。だからこそ、あえてメーンに持ってきたんです」と語るのは、とにかくチャーハンを作るのが好きという店主。 「自家製の魚介ソースを使い、超…

None

東京駅八重洲界隈がエビづいている!?

札幌発祥のラーメン専門店で、都心では新宿店に次いで2店舗目。 「ずんどうに15キロ分の甘エビの頭を入れてダシをとっています」 ガタイのいい厨房担当者がこう言う。低温でじっくりエビの香味を移したエビ油、頭を炒って仕上げた純度100%のエビ粉を加えた渾身(こんしん)の一杯だ。 スープは、①エビの風味を生かしたストレートスープ「そのまま」②エビスープにとんこつスープをブレ…

None

バブル世代VS.平成生まれ 肉食女子の夜遊び事情

『性欲を満たしながら稼げる』と割り切って風俗店でバイトする子もいます」 平成生まれの肉食女子が、自ら“専門店”にシケ込むとはすごい。 「バブルを知らず、生まれたときから景気が低迷している今の若者にとって、『先に何が待っているか分からない』という状況は不安なんです。初対面の男性に手を出さないのはそのため。“専門店”での関係なら、セックスを楽しむだけと分かっているので安…

None

成功のヒミツ失敗しないコツ

決算大セール家電ホントに買いなのか

実店舗は何といっても実際に商品を見比べることができますし、ネット専門店に感じる不満はカバーされる。それに、ポイントもしっかりつく。トータルで考えれば、家電量販店の買い得感は小さくありません」…

24時間も熟成させる

タモリが通う店巡り論争も 名古屋名物きしめんの奥深さ

■讃岐うどんを超える熟成時間 「名古屋には、きしめん専門店が多くなく、うどん、そば、きしめんを出す麺類の店できしめんを食べるのが一般的。かけは赤つゆ、それ以外の卵とじや天ぷらなどは、愛知県の特産・白醤油を使った白つゆで出すのがオーソドックスです」 駅ホームの赤つゆだけでなく、ぜひ白つゆのきしめんを食べ比べてみたいが、専門店の少なさから、観光客やビジネス客にはきしめ…

キノーズマンハッタンニューヨークの「ニューヨークルーベン」

肉食女子マイコとミユキが行く

ボリューム満点のパストラミ

熟成肉の有名店、芸能人もよう来る焼き肉屋、肉どんぶりの専門店などなど、ええ肉と縁が深い街でもあんねん。 そやから、ちょいちょい来てるんねんなー。駅を降りたら春日通り、それを右にま~すぐにすすむと播磨坂や。ここの桜並木は春になると花見客で大賑わいやねん。ま、いまは枯れ木やから、パッと見は桜かどうかも分からへん。昔は、よう散歩したもんやけどなあ。カレシとうまくいけへん…

郊外店は大量閉鎖

企業深層研究

ヤマダ電機 「爆買い」の波に乗れず悪戦苦闘が続く

遅ればせながらと、昨年4月、新橋駅前に免税専門店をオープン、冒頭に紹介したLABI東京も、インバウンドを強く意識したものだった。 ところが、中国のお土産に対する関税が引き上げられたこともあり、爆買いは消え、ヤマダ電機の当ては外れた。その結果、新橋の免税専門店はオープンからわずか1年で閉鎖、LABI東京は閑古鳥が鳴いている。 郊外店はダメ、都心店も見込み違い。この苦…

タビオ越智直正会長

語り部の経営者たち

タビオ越智直正会長 システムは道具、大事なのは構想

大手取引先である三愛や玉屋といった婦人服専門店が、販売員をアルバイトに切り替え始めたのだ。アルバイトでは商品知識の低下が否めない。実際、高級なアルパカの素材を使った靴下を開発した際に、手入れ方法の説明が徹底されず、多くのクレームが寄せられたという。 「うちの商品の品質を維持するためにも販売方法の見直しを考える必要がありました。そんな折に、三愛から出店の打診がきたんで…

タビオの越智直正会長

語り部の経営者たち

タビオ 越智直正会長 悩み苦しんだ在庫管理のヒント

そして、有名な婦人服専門店などにも販路を広げていった。 「順調に見えますが資金繰りは苦しかったですよ。20日締めの月末払いだからすぐ支払わないといけませんし、自社製品は売れる商品と売れない商品の差が大きく、在庫負担に悩まされました。創業5年後には借金が7000万円になった。当時の年商分に相当する金額です」 手形の期限が間近に迫り、死の覚悟までしたという。そんな越智氏…

値段ピンとキリなぜ

【トイプードル】26センチより大きくても小さくても値が下がる

ここ15年、犬ではプードル、チワワ、ダックスフントが不動の人気ベスト3なのだそう(ペットの専門店コジマ調べ)。 中でも1番人気はトイプードル。ペットショップでは最低でも10万円台、最高は60万円と幅広い。 「うちで一番高いトイプードルはお父さんがチャンピオン犬のメスの赤毛です。赤みを帯びた茶色(レッド)で約40万円、オレンジがかった茶色(アプリコット)になると5万円…

 (C)日刊ゲンダイ

築地新聞

【藤井商店】役に立つ、そしていいものが揃う

今回は大正4年創業の調理道具専門店です。 少し前まで放送されていた木皿泉脚本のNHKドラマ「昨夜のカレー、明日のパン」。質の高い物語に加え、垂涎モノのレシピや匂いが漂ってきそうな調理シーンが話題になりました。その要となる小道具――日本のごく一般的な家庭の台所にある日用づかいの調理道具の数々は、シンプルながら長年使い続けられてきた「いいもの」がさりげなく並び、作品に花…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事