日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

藤川球児特集

球団側も藤川球児入りを正式発表

藤川球児の「男気」は本気なのか 高知入団は“腰掛け説”の根拠

大リーグ・レンジャーズを自由契約となった藤川球児(34)が1日、自身のブログで四国アイランドリーグplusの高知ファイティングドッグスに入団することを発表したからだ。8日に高知市内で入団会見を行う。 藤川は98年のドラフト1位で高知商から阪神入り。05年はセットアッパーとして80試合に登板し、46ホールドで優勝に貢献。07年には46セーブのプロ野球記録を樹立。球界…

None

レンジャーズ藤川球児が今季初登板 無安打無失点で締める

オープン戦で右脚付け根付近の張りで開幕から故障者リスト(DL)入りしていたレンジャーズ・藤川球児(34)が14日(日本時間15日)、今季初昇格。同日のロイヤルズ戦で即、起用されて1回を無安打無失点に抑えた。 3点を追う八回に4番手でマウンドに上がり、先頭ブテラを低めの変化球で一直。続くダイソンを中飛に仕留めると、今季打率3割をキープする好調な1番エスコバルを146…

完全復活は来年か/(C)日刊ゲンダイ

復帰もまだなのに…カブス来季の抑えは藤川球児で決まり?

右肘のトミー・ジョン手術(腱の再建手術)からの復帰を目指すカブス・藤川球児(34)が順調な回復を見せている。 現在、マイナーで調整登板を続ける藤川は、30日(日本時間31日)の3A戦で1回を3者凡退、1三振。ここまで3Aでは5試合に投げて防御率1・80。格下相手とはいえ上々の仕上がりぶりである。昨年6月11日に右肘にメスを入れてから約1年2カ月。懸命なリハビリが実っ…

藤川劇場は胃に悪い…

阪神悩ます“大荒れ”藤川劇場 金本監督も「毎回ヒヤヒヤ」

2点リードで迎えた八回に送り出した4番手の藤川球児(35)が、荒れに荒れた。先頭打者を二塁エラーで出塁させると、連続四球で無死満塁の大ピンチ。この間、12球を投げて9球がボールだったから、スタンドの阪神ファンも固唾をのんだ。 迎えるは4番のバレンティン。ここで、開き直ったか藤川球児、バレンティンを空振り三振に切って取ると、続く5番の雄平も4球すべて146キロ超の真っ…

日本では1341日ぶりとなるセーブ

プロ野球人物研究 対岸のヤジ

藤川球児 先発と控えはどっちが上か

引退後の風貌は6代目山口組組長そっくり

シャブ漬け番長 堕落の軌跡

目上を籠絡し後輩たらし込む…清原和博の“ヤクザ的気質”

藤川球児もダルビッシュもやられた 後輩選手に対してもヤクザまがいのやり方を好んだ。有名な「藤川球児チン○コ事件」もそうだろう。 05年の巨人―阪神戦、七回裏2死満塁で藤川のフォークボールに三振すると、試合後に「2対10の大差で、2死満塁。カウント2-3でフォークボールはないやろ。ケツの穴が小さいヤツや。チン○コついとんのか!」と報道陣に怒りをブチまけたあの一件だ…

原監督(左)と話をする藤川(右)

貧打よりむしろ深刻…若手先発候補育たぬ巨人投手陣の惨状

四国アイランドリーグの高知に所属する元阪神の藤川球児(35)が25日、ヤクルト-巨人戦を中継するテレビ局のゲスト解説者として神宮球場を訪問。練習中の原監督ら巨人ナインと談笑し、関係者から「きょう投げてよ。ピッチャー、苦しいんだよ」と冷やかされると、満面に笑みを浮かべてかぶりを振っていた。 「いや、冗談じゃなくなるかもしれませんよ」 そう言って巨人のチーム関係者が続…

鳥谷はプロテクト入り!?

プロ野球人物研究 対岸のヤジ

糸井獲得でプロテクトリスト提出 阪神の口の軽さはなんだ

とりわけ注目が大きかったのは鳥谷敬、藤川球児、西岡剛ら“下り坂”のビッグネーム。彼らがリストに入るのか否かという点は、マスコミの格好のネタだった。 もちろん、プロテクトリストは球団の機密情報であり、公表すべきものではない。そんなことをしたら、リスト漏れした選手が精神的ショックを受けるだろう。また、リスト漏れしたからといって、必ずしも球団から評価されていないわけでもな…

4年ぶりのセーブを記録

やはり先発より救援 阪神・藤川が紆余曲折で得た“居場所”

ここでマウンドに上がったのが、かつての守護神、藤川球児(35)だ。 甲子園の虎党が総立ちになる中、藤川はオール直球で3者凡退。12年の巨人戦以来、4年ぶりとなるセーブを挙げた。 今季から日本球界に復帰し、先発に転向したものの5試合で1勝2敗、防御率6・12。再調整を兼ねて、当面はリリーフでベンチ入りとなっていた。 14日には敗戦処理として登板。首脳陣も使いどころに頭…

内部の火種になりかねない

先発で5試合1勝2敗…金本監督“藤川推し”に虎OB投手疑問符

今季から阪神に復帰した藤川球児(35)は、7日のヤクルト戦に先発し、今季最短となる3回5失点でKOされた。 先発転向の今季はこれで5試合に登板して防御率6・12。抑えで通算220セーブを挙げた選手としては、寂しい結果になっている。 評論家の福間納氏は、「先発で長いイニングを投げるのは難しいのかもしれない」と、こう続けた。 「7日のヤクルト戦は初回に3失点しているが…

やはり「抑え」が適任か

阪神・藤川の先発大炎上に岡田元監督“ニンマリ”のワケ

阪神の藤川球児が、10日広島戦に先発。甲子園での先発登板は実に14年ぶりのこと。スタンドは大いに沸いたが、五回途中7安打7失点で今季初黒星。チームも僅差で敗れ、初のカード負け越しとなった。 藤川は、今季初登板の中日戦(3月27日)は、5回7安打4失点で勝ち負けなし。2度目の登板となった3日のDeNA戦は、6回無失点で勝ち投手となり、「球児は先発でいける」との印象を…

160キロの剛速球

ひねくれスポーツ論

大谷贔屓のオヤジは肩の力を抜こう

大谷翔平が鼻毛をちぎって投げている光景を思い浮かべようとしたが、顔は大谷でも阪神の藤浪でもなく、藤川球児に変わった。藤川すまん!…

スピードもパワーも桁違い

史上初の開幕3戦連発 中日ビシエドは凡打も見る価値あり

打たれた藤川球児が思わず苦笑いを浮かべるほどの当たりだった。 27日の阪神戦で中日のビシエド(27)が、3戦連発となる3号ソロ。高めのカーブをとらえた瞬間、打球はライナーでバックスクリーンに突き刺さった。新外国人に限れば、開幕戦からの3試合連続アーチはプロ野球史上初の快挙である。 25日の開幕戦でいきなり周囲の度肝を抜いた。決勝適時打にダメ押しの本塁打で5打数2安打…

「いい準備」と笑顔の藤川

先発5回ピシャリも 阪神・藤川「リリーフ再転向」に現実味

「一つのいい準備になった」 笑顔でこう言ったのは阪神の藤川球児(35)。 13日の日本ハム戦に先発し、5回を無安打1四球に抑える好投。金本監督も「真っすぐで(打者を)差し込んでいる印象」と目を細めた。 すでに開幕ローテ入りが決定している藤川。ストレートで押す抑え時代とは違い、カーブ、フォークなど変化球を交えたニュースタイルが奏功している。先発での活躍は期待大だが、阪…

変身した藤川

阪神・藤川は先発転向で緩急巧み カーブにOB投手も太鼓判

6日、阪神の藤川球児(35)が巨人戦に先発し、4回3安打1失点の好投。ストレートの球速は主に140キロ台前半。抑えを務めていた頃の球速、球威には及ばないが、110キロ台のカーブを織り交ぜるなど、緩急を使った新たなスタイルを披露し、対戦した巨人の村田は「球速は落ちたけど、スピンがきいていた」と印象を語った。 すでに開幕ローテ入りが内定している藤川は、「いろいろ駆け引…

金本監督は中継ぎ陣をどうやりくり?

2016年 キャンプ探訪記

【阪神】金本監督の一番の心配事はコマ不足の中継ぎ陣

抑えは、4年ぶりに古巣復帰を果たした藤川球児ではなく、マテオを考えているとのこと。188センチ、107キロの体格から放る球は重く、制球も悪くない。四球を連発して崩れるタイプではなさそうだ。 助っ人といえば、高代ヘッドは3年目のゴメスについて「今年は体を絞ってきたし、これまでで状態が一番いい」という。他球団に研究された昨年は、打率.271、17本塁打、72打点。1年目…

今季に復帰かける阪神・藤川

直球手元で伸びた 阪神・藤川4年ぶり復帰登板は上々の出来

藤川球児(35)は本来、後者の代表みたいな投手だ。メジャー移籍1年目の13年6月に右肘靱帯移植(トミー・ジョン)手術を受け、その後、パッとせず。打者の手元で浮き上がるように見えるストレートも鳴りを潜めていた。このオフ、4年ぶりで阪神に復帰。14日の紅白戦は生命線ともいうべきストレートが投げられるかどうかが焦点だったことを考えれば、合格点ではないか。 先発して2回を…

バーネットはレンジャーズと2年契約で合意

呉昇桓失う阪神 バーネットのメジャー行きに大ショック!

阪神は札束積めばバーネットを口説けたはずだ」 阪神の守護神候補には藤川球児(35)がいる。しかし、13年6月にトミー・ジョン手術をしており、毎日ブルペンに入るには不安が大きい。藤川は「言われたところで投げるだけ」と、抑えに指名されたらやる気でいる。 今季所属した四国の独立リーグ関係者は、「球児はやる気でも、本人だって右肘には怖さがある。全盛期の球威もない。来季は先発…

藤川は2年4億円で契約

藤川、高橋に大盤振る舞い 拙速補強が金本阪神のクビしめる

阪神が今オフ、藤川球児(35)を「2年4億円」、元中日の高橋聡(32)を「3年1億5000万円」で獲得したことだ。 藤川は球団の功労者とはいえ、最多セーブを記録(41)した4年前同様のパフォーマンスが、果たして期待できるのかどうか。メジャー3年間で29試合1勝1敗2セーブ。一昨年にトミー・ジョン手術を受け、回復具合も気になる。 高橋にしても最も活躍したのは5年前(…

藤川球児はホクホク?

藤川は5000万円が4億円に…阪神“手のひら返し”の裏事情

「グラウンドでいつ倒れてもいい覚悟です」 24日、阪神復帰が決まった藤川球児(35)が涙ながらに決意表明した。 2年総額4億円。金本新監督が要望した元守護神の獲得に、阪神は破格の条件を提示した。 もっとも、阪神は当初、米球界から日本に復帰する意向を見せた元守護神に対して、あまり興味を示さなかった。藤川は阪神時代、チームを良くしたい一心で球団幹部にも意見、要望をしてき…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事