日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

熊本県の関連ニュース

異色の経歴の持ち主

安倍政権の震災対応に激怒 蒲島熊本県知事「強気」の源泉

前震の発生直後に熊本県の蒲島郁夫知事が早期指定を求めたところ、安倍政権はその要求をはねつけた。16日の「本震」発生でやっと方針を改めたとはいえ、腰が重すぎる。ひょっとして、安倍官邸と蒲島知事との間で確執でもあるのか。 「熊本県の財政事情は決して悪くない。財政の健全性を示す実質公債費比率も14年度は13%と、早期健全化基準の25%まで、まだまだ余裕がある。財政出動を…

補選投票日前日に被災地入り

被災者冷ややか 安倍政権“復興予算バラまき”熊本でも画策

しかし、熊本県にはすぐに入居できる公営住宅が420戸もある。九州・山口も合わせると、8県で約3100戸あると聞きました。この地方は6月中旬に梅雨を迎えます。いつ完成するか分からない仮設住宅ではなく、公営住宅に入居したいです」(熊本県益城町の被災者) ■魂胆見抜き呆れる被災者 公営住宅の入居は熊本県住宅課の担当だ。県は被災者の住まい確保を急いでいるが、医療支援、インフ…

阿蘇山火口付近

相次ぐ地震と関連か 阿蘇山「小規模噴火」で100M噴煙も

M7.3の「本震」に見舞われ熊本県では16日午前9時過ぎ、阿蘇山から噴煙が上がった。煙は100メートルに達している。この噴火と地震の関係ははっきりしていないが、阿蘇山の噴火という最悪事態に地元住民の恐怖と不安は頂点だ。 熊本県内の病院や警察によると、16日未明の「本震」などを含め、熊本県内ではこれまでに計30人以上の死亡が確認された。重軽傷者は800人を超えた。 八…

住民の不安は募るばかり

巻頭特集

震災対応は不手際だらけ 口先政権への怒りと失望

熊本県や大分県などで続く地震は、最大震度6を記録した16日未明の「本震」から5日目を迎えた。大規模な土砂崩れが起きた熊本県南阿蘇村では、19日も自衛隊や警察による捜索・救出活動が行われ、新たに3人の遺体が発見され、一連の地震による死者は計47人となった。 熊本県益城町で震度7を記録した14日夜以降、震度1以上の地震は700回近くに達し、19日も熊本県内で震度5強の…

自衛隊が派遣された(写真は東日本大震災当時)

熊本城崩落…九州初の「震度7」 9人死亡、負傷者1000人超

熊本県益城町で最大震度7を観測した地震による被害は、時間を追うごとに深刻さを増している。 防衛省や熊本県などによると、これまでに20~90代の男女9人の死亡が確認された。警察庁によると、倒壊家屋の下敷きになった犠牲者は8人で、残る1人は自宅内で転倒して亡くなった。死因を明らかにした4人のうち、窒息死が3人、外傷性ショック死が1人だった。 県内のケガ人は1000人を超…

今すぐ稼働停止すべき(川内原発)

今度は鹿児島トカラ沖 川内原発は南北の地震に挟撃される

一連の地震でテレビのニュースは震源地の熊本県や大分県に焦点を当てて、鹿児島県の地図をほとんど映さない。だから位置関係がつかみにくいのだが、トカラ列島と熊本県の中間地点には、全国で唯一、稼働中の鹿児島・川内原発が存在する。トカラ列島近海の地震は熊本地震と関連はないのか。 武蔵野学院大特任教授の島村英紀氏(地震学)がこう言う。 「確定的なことは言えませんが、この状況下で…

現場の気持ちが分かってない

差し入れ要求で対策本部長“解任” 松本副大臣は妄言だらけ

熊本県で震度7の「本震」があった16日に、テレビ電話で“差し入れ”を要求したことが発覚し、20日に現地対策本部長を事実上“解任”された松本文明内閣府副大臣(67)。現地で支給された食事に、「こんなメシで戦えるか」と文句をつけたとされるが、現地対策本部長としての松本の暴言、妄言、珍行動はこれだけにとどまらない。 「松本副大臣が官邸で報道陣から『こんなメシでは――』発言…

松本文明副大臣

松本文明副大臣 災害用テレビ回線で「差し入れ」要求のア然

熊本地震の現地対策本部長をわずか5日で交代した内閣府の松本文明副大臣が、熊本県庁と政府をつなぐテレビ会議を使い、自分たちへの差し入れを要求していたことが分かった。 松本氏は地震発生直後の15日から現地入り。熊本県庁の現地対策本部で、政府に対して被害状況の報告や被災者支援の調整を要請していた。翌16日の「本震」の後、松本氏はテレビ電話で河野太郎防災相に「食べるものが…

選挙アピールしか頭にない

紙一重で死者数千人 安倍政権「現場無視」の大甘地震対応

熊本県や大分県を襲っている連続地震は、発生から丸3日が過ぎても一向に終息する気配が見られない。国民の不安は募る一方だが、この地震への安倍政権の対応は、あまりにひどい。 14日夜にマグニチュード6.5の地震が発生した直後、まず政府が行ったのが「全避難者の屋内避難」の指示だった。これに対し、熊本県の蒲島知事は猛反発。「避難所が足りなくて外に出ているわけではない。余震が怖…

いつ余震に襲われるか分からない…

余震で長期操業停止…大手企業を下方修正ラッシュが襲う

ローソンは熊本県内(全141店)の約7割で営業を続けているが、夜間は5割ほどしか店を開いていない。 「人手の確保が難しくなっています。店舗だけでなく、配送センターも状況は同じなので、店舗に商品が届きにくくなっています」(ローソン関係者) 企業の困惑はメーカーも同じだ。 「工場内の点検をしたいのに、いつ余震に襲われるか分かりません。点検作業はなかなか進まず、工場再開の…

95年の阪神大震災(写真)級の地震に見舞われた

阪神大震災に匹敵…熊本地震「巨大本震」で壊滅的な被害

熊本県熊本地方を中心に激しい揺れに見舞われ、熊本市や同県菊池市などで震度6強の揺れを観測。各地で生き埋めが出るなど、壊滅的な被害が起きている。 気象庁によると、震源の深さは約12キロ(暫定値)。その後も強い余震が続いており、阿蘇大橋が崩落するなど、交通網もズタズタだ。これまでに30人以上の死亡が確認されており、被害はさらに拡大するとみられている。 激しい揺れのたび…

熊本県のモリンガ茶

真似したい伝承療法

熊本県のモリンガ茶

しかし、10年ほど前から気候が温暖な熊本県天草で栽培され、“モリンガ茶”として全国に広まりつつある。 モリンガ茶を扱う、アイテル代表の福浦哲氏はこう話す。 「妻は便秘が改善し、私は代謝の向上を実感しています。メタボにならないのもモリンガ茶のおかげかもしれません」 実際、モリンガの栄養素の種類、量は特筆すべきものがある。 「特に多く含まれているものを挙げると、食物繊維…

None

語り部の経営者たち

五嶋正風 花まる学習会 高濱正伸代表「メシが食える大人」に育てるをコンセプトにした学習塾ができるまで

高濱氏は熊本県人吉市出身。1959年、町医者の長男として生まれた。体が弱く肌荒れもあったため、子どもの頃はまるで自信がもてなかったという。 「小学校3年のとき、担任の先生との出会いが、私を大きく変えてくれました」 算数の時間に、パズルのような問題が出された。「この問題を解けたのは、学年で高濱君だけだとほめられた。その一言でスポンとはじけて、世界が明るくなりました」…

阿部広美は知名度がイマイチ

7.10参院選 全選挙区「当落予想」

【熊本】現職vs野党統一候補も地震で選挙どころじゃない

仮設の投票所をつくったり、数を減らしながら対応する予定です」(熊本県選挙管理委員会) 投票率の低下が危ぶまれるだけに、組織票のある自民現職の松村が優勢。ただ、今年に入り、松村は政治資金疑惑で市民団体に告発され、イメージ回復に躍起になっているという。 「松村さんの政党支部から3500万円の出所不明の寄付金があったことが分かったのです。本人は記載ミスを主張していますが、…

震災直後、繁華街は閑散としていた

行かずにやれる熊本・大分支援

黒川温泉、由布院…閑古鳥が鳴く人気観光地のいま

たくさんの方に来ていただきたいです」 こう言うのは熊本県の黒川温泉観光旅館協同組合・北里有紀組合長だ。全国有数の人気温泉地が大きなダメージを受けている。 くしくも今年は「入湯手形」発行30周年。今月8日から記念イベントを開始している。例年なら観光客であふれ返っているはずなだけに寂しいスタートを切った。 ■それぞれ15万泊分の被害 GWを挟んでも九州全体で53万泊分を…

各自治体ごとに特色がある

行かずにやれる熊本・大分支援

ふるさと納税で特産品を受け取るのも復興に役立つ

「たとえば熊本県のふるさと納税では、1万円以上の寄付でメロンや馬刺しなど、熊本の特産品を用意しています。最近はさすがに縁もゆかりもない家電などを目玉にする自治体は減っていますが、熊本はもともと地元のモノばかり。それらを受け取ることは生産者に対する支援にもなります。辞退する必要はありません。ただ、現在も災害対策モードの自治体からすれば、寄付者への受領書(確定申告の際…

甚大な被害を受けた熊本城と「16年の地震発生件数」表

熊本地震にも予兆はあった 発生データが示す首都圏大地震

43回も揺れた「トカラ列島近海」は、熊本県に近い鹿児島県十島村に属する島だが、「熊本県熊本地方」を震源とする地震も9回起きていた。 「統計学では、小さい地震が普段より多くなると、その後、大規模地震が起きやすいといわれています」(東北大災害科学国際研究所・遠田晋次教授) だとしたら、気になるのは次の巨大地震だ。相変わらず東北地方は多いが、「茨城県北部」「茨城県沖」「…

安倍首相

巻頭特集

お呼びじゃない! 安倍首相の被災地訪問パフォーマンス

熊本県知事も「早く指定して欲しい」と強く要望している。「激甚災害」に指定されれば、自治体は動きやすくなり、住民も安心する。 3.11の時は、民主党政権が翌日に閣議決定している。 ところが、安倍政権は、熊本県知事の要請を、「激甚指定はゴールデンウイーク前だ」と冷たくハネつけているのだからどうかしている。なぜ、大急ぎで指定しないのか。しかも、震災以降、安倍首相は記者会見…

上場107社が被災 熊本地震で生まれる“シャープ予備軍”

東京商工リサーチの調査によると、熊本県に本社を構える企業は約3万5000社。全体の売上高は約9兆4000億円に上る。業績への懸念を公表する企業は刻一刻と増えている。 「東証をはじめ、国内の株式市場に上場する企業のうち、熊本地震に関するプレスリリースを出したのは133社(19日現在)。〈影響なし〉が26社だったのに対し、8割以上の107社が何らかの被害を受けています…

熊本県庁の救援物資支給に並ぶ県民

プロはこう見る 経済ニュースの核心

化血研の被災で状況急変 「アステラス製薬」の困惑

14日から熊本県を中心とする九州地方を断続的に襲った大地震。熊本市に本拠を置き、国内インフルエンザワクチン市場で約3割のシェアを持つ化学及血清療法研究所(化血研)も被災。複数の建物や製造設備などが損傷を受け、操業停止に追い込まれた。 インフルエンザワクチンは製剤化から国の検定を受けて出荷するまで通常、約5カ月かかる。化血研では「生産再開までには時間を要する見通し」と…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事