日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

石井竜也に関する記事

抱かれたい女性多数だが…

地方でも妻が監視? 石井竜也は“不倫の代償”で悶々の日々

先日、「女性セブン」のスクープで20代半ばの女性との不倫密会を報じられた石井竜也(56)。しかし、まったく反論することなく、同誌の発売前日に公式サイトで謝罪、さらに翌17日には、ラジオ番組の公開収録終了後、集まった報道陣に対して妻・マリーザさんとの“手つなぎツーショット”を披露。神妙に頭を下げた。 「とにかく、今回は嫉妬深いマリーザさんの怒りを抑えることが石井にとっ…

石井竜也

愛人との不倫を潔く謝罪 石井竜也「全面降伏」に恐妻の影

「見せしめ」「男として哀れ」なんて声も上がっているのが、20代の女性ファンとの不倫疑惑を報じられた米米CLUBの石井竜也(56)。「女性セブン」が「被災地の浪漫飛行」のタイトルで第一報を伝えた16日に公式サイトで謝罪、さらに17日に公開収録先のラジオ局からカナダ人妻マリーザさんと手をつないで出てきて、改めて「心から反省しています」とし、深々と頭を下げた。 これを元宮…

SMAPの元メンバーはジャニーズ所属

サプライズか? オリコン特番の「SMAP映像」に歓喜の声

堺正章、篠原涼子、雨上がり宮迫の3人をMCにゲストは今陽子や小柳ルミ子、菊池桃子、石井竜也、薬丸裕英、高見沢俊彦ら。 さらに別室から徳光和夫&ミッツ・マングローブの2人が歴代オリコン週間ランキング1位の曲を紹介。歌唱シーンだけでなく、当時のニュース映像や懐かしCMも交えた4時間特番だった。 注目は別格扱いで登場の近藤真彦。それもそのはず、50年間の歴史の中で週間1位…

左から時計回りにベッキー、川谷絵音、三遊亭円楽、とにかく明るい安村

乙武氏、田中萌アナも…まるで刑事罰「ゲス不倫」の代償

桂文枝、石井竜也、とにかく明るい安村、ファンキー加藤、三遊亭円楽、中村橋之助……。その中でも“ゲスっぷり”が際立ったのが、妻が妊娠中に女性タレントと不倫した元国会議員の宮崎謙介氏。さらには、5人もの女性と不倫していたことを認めた乙武洋匡氏だ。芸能評論家の肥留間正明氏はこう言う。 「不倫に対して世の中が厳しいということがよくわかった一年でした。会見して謝罪して、番組…

不倫疑惑報道が飛び出した加藤泰平アナ(左)と田中萌アナ

あれもこれも言わせて

加藤泰平アナと田中萌アナは中尾彬に叱ってもらうしか

ベッキーのゲス不倫に始まり桂文枝、石井竜也、三遊亭円楽、中村橋之助(当時)、ファンキー加藤、とにかく明るい安村……不倫の当たり年で、テレビは散々報じてきたくせに、自分たちの時は頬かむりかよ。視聴者の反感を買うのは必至で、「『プライベートなことですので』ってどの口が言ってんだよ」と乙武洋匡が怒るのも無理はない。 田中のせいで、テレ朝の女子アナって不倫スキャンダル多くな…

不倫醜聞で世間を騒がせたベッキー(左)と乙武氏

サラリーマンと不倫

社内不倫が多い3大業種とは?

桂文枝や米米CLUBの石井竜也もそう。これらの不倫騒動を見て、「許せん」と嫉妬するサラリーマンは少なくない。日本の“不倫人口”は500万人。隣のOLだって、違う部署のオヤジと不倫しているかもしれない。その実態に迫ると――。 サラリーマンの不倫で最も多いのが社内不倫だ。専門家によると、教師、医師、IT企業の営業マンが3大不倫業種になるという。 離婚裁判に詳しい弁護士法…

(C)日刊ゲンダイ

プレイバック芸能スキャンダル史

吉野公佳 清原との噂だけが独り歩きして激ヤセ入院

セクシーな健康美が人気で、米米CLUBの石井竜也が監督を務めた96年の映画「ACRI」では美しいヌードも披露して話題となった。 だが、「ACRI」公開直後の96年秋ごろから激ヤセが指摘されるようになる。マニアの間で「丸顔にムチムチがいい感じだったのに」「1年ちょっとであんなになっちゃうとはネ」といった声が聞かれるようになった。出演していたバラエティー番組には「公佳ち…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事