日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「新庄剛志 現在」に関する記事

None

あだ名は「ビッグボス」 新庄剛志が語ったバリ島悠々ライフ

22日、オーストラリアのスポーツブランド「HEAD」のイメージキャラクターに就任した元メッツの新庄剛志(41)。久々の表舞台だったが、“宇宙人”ぶりは健在。開口一番「よろチクビ!」とハイテンションだった。5年前にインドネシア・バリ島へ移住した新庄は現在、8000万円かけて改築した自宅にモトクロスバイクのコースを建設。そこで自身の練習とインドネシアの選手育成に励んで…

ロシアの柔道女王とガチンコ勝負

プレイバック芸能スキャンダル史

桜庭あつこ 羽賀研二との醜聞から“無謀”格闘家転身まで

11日、新庄剛志がニューヨーク・メッツに移籍表明。12日、米大統領選でフロリダ票の再集計禁止の判決。ブッシュの勝利が確定する。30日、世田谷一家殺害事件発生。一家4人が惨殺される。…

None

プロ野球人物研究 対岸のヤジ

新庄剛志 薄気味悪さの正体

新庄剛志は近年のプロ野球界の大功労者だ。その規格外の言動から一部では批判されることも多いが、彼がいたからこそパ・リーグ人気が向上したのはまちがいない。 また、私のような虎党にとっても、かけがえのない存在だ。時は90年代。阪神がダメ虎と揶揄されていた暗黒時代にあって、新庄は唯一の希望だった。超人的な守備範囲と“狂”肩、そして意外性のある打撃。とにかく彼のプレーには華が…

グローバルに活躍する上原ひろみの最新作

ヒットチャートめった聴き

痛快この上なしの躍動感 上原ひろみは“音楽界のマーくん”だ

野球界だと黒田博樹とか、かつての新庄剛志とか。音楽界だと坂本龍一あたり。 逆に成果をあげられず無念の帰国を果たした日には、悲惨だ。「ほら見ろ、やめときゃよかったのに。本場じゃ無理だよ」と、蔑みと自嘲が相半ばする視線を浴びせる。まあ、こちらに関しては具体例を挙げにくいけど……。 とにかくややこしい国民性だってこと。が、そんなせこい国民性など吹っ飛ばす勢いで日本を飛び出…

None

読むメジャーリーグ

ジャイアンツの青木に対する掛け値なしの評価

日本人初のメジャーリーガーとなった村上雅則氏を筆頭に、新庄剛志氏、藪恵壹氏、田中賢介、青木と日本人選手との契約に積極的な球団は、彼らの存在がチケットセールスにも好影響を及ぼすことを知っている。 青木は無理をする必要はない。目に見えない病の脳振とうは、コンタクトスポーツの代名詞ともいえるアメリカンフットボールの世界では後遺症に悩まされ、キャリアを断たれる選手も少なくな…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事