日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

愛川欽也特集

None

今あるのはあの人のおかげ

弁護士志望が芝居の道へ 愛川欽也を変えた「新劇界の巨人」

愛川欽也さん(79)は数年前に自前の劇場「キンケロ・シアター」をつくり、つい最近も幻のトーク番組「パックインジャーナル」を、自身が運営するネットTVで復活させるなど表現への情熱は衰えを知らない。その裏には「日本新劇界の巨人」の教えがあった。 浦和高校入学時の愛川の目標は「東大法学部を出て弁護士に」だった。ところが通学路途中にあった「北浦和映画劇場」がその後の運命を大…

伊代がうつみ宮土理に見えてきた!?

「ママ」連呼のヒロミが狙う“ポスト愛川欽也”おしどり夫婦枠

愛川欽也が亡くなり、うつみ宮土理は憔悴したまま。突然空いた芸能界おしどり夫婦席に座るのはヒロミ・伊代が適任だったりして。 これでこの夫婦、あと30年は安泰だ。心なしか伊代がうつみ宮土理に見えてきた!? それにしても、ヒロミが「ママ、ママ」と連呼する姿はウザイ。あれだけはなんとかしていただきたい。 (コラムニスト・桧山珠美)…

4月15日に亡くなった愛川欽也さん

“映画俳優”愛川欽也さんの評価が決まってしまった主演映画

愛川欽也さんが15日に亡くなったが、俳優としての活動について意外に報道されていないのを不思議に思った。愛川さんが監督や主演を務めた遺作「満洲の紅い陽」が死去3日後の18日から公開されたばかり。映画への意欲はハンパではなかった。 菅原文太さんとの共演で知られる75年製作の「トラック野郎」は愛川さんの企画だったといわれる。自主製作の「さよならモロッコ」を前年の74年に手…

愛川欽也さん

Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

【愛川欽也さんのケース(2)】人知れず闘病できた裏に緩和ケアあり

俳優・愛川欽也さん(享年80)が亡くなったのは、今年4月15日。長寿番組「出没!アド街ック天国」の司会者として1000回出演という金字塔を打ち立てられて降板後、わずか1カ月後の訃報でした。 当時の報道によると、死因の肺がんは昨年12月に発覚。体調が思わしくなく、受診したところ、すでに末期だったそうです。仕事第一を信念とされていたようで、仕事に穴があく入院を必要とする…

“キンキン”の愛称で親しまれた愛川欽也さん

Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

【愛川欽也さんのケース(1)】高倉健も菅原文太も。最期まで仕事できた共通項

タレントの愛川欽也さんが今年4月、肺がんのため80歳で亡くなりました。“キンキン”の愛称で親しまれた「マルチタレント」で、俳優、声優、ラジオパーソナリティー、エッセイスト、司会者と幅広く活躍。3月7日(収録は2月4日)の放送を最後に、20年間にわたって1000回の司会を務めた人気番組「出没!アド街ック天国」を降板してから、わずか1カ月後の訃報でした。 一部報道では、…

故愛川欽也さんは在宅で治療を受けながら仕事を優先

愛川欽也さんは自宅で“最期” 「がんでも治療せず」という選択

愛川欽也さん(享年80)の訃報に触れ、自分の最期について考えさせられた人もいるかもしれない。愛川さんは昨年冬に肺がんが見つかったが、本人の希望で手術を受けず、在宅で治療を受けながら“仕事を優先する人生”を選択した。 サラリーマンで80歳まで仕事を続ける人は少ないだろうが、家族や友人と楽しい人生を全うしようと思えば、治療とはいえゴール目前の人生を病院に缶詰めにされるの…

故・愛川欽也さんとうつみ宮土理夫妻

愛川欽也さんはレアケースだが…“病気取材”メディアの課題

亡くなった愛川欽也さん(享年80)は役者、司会、DJなど、すべてを完璧にこなせるプロだった。まさに「マルチタレント」の見本のような人。その姿は昔かたぎの職人にも似ていた。人に知らせず自宅で家族に見守られながら息を引き取ったのも昔かたぎの愛川さんらしいとも思う。 当初、妻のうつみ宮土理は「風邪をひいただけ」と重病説を否定して「嘘」をついたのも愛川さんの生き方を最後ま…

劇団や映画製作に私財を投じた

愛川欽也さん「巨額遺産」の行方…自宅は土地だけで約7億円

15日に肺がんで死去した愛川欽也さん(80=本名・井川敏明)。世界最高齢の司会者としてギネス認定された「出没!アド街ック天国」(テレビ東京系)の初回放送日もくしくも4月15日だったという。 「プライベートでは酒もほとんどやらず、たばこも吸わないので、肺がんと聞いて驚きました。鶏肉を食べないとか、寿司屋でも赤身しか頼まないとか、偏食家ではありましたが……」(知人) 2…

肺がんを隠して仕事を続けた

愛川欽也さん壮絶死…がん脊髄転移、最期まで「仕事行こう」

「キンキン」の愛称で親しまれ、テレビ東京「出没!アド街ック天国」の司会や俳優として活躍した愛川欽也(本名・井川敏明)さんが15日午前5時過ぎに自宅で亡くなっていたことが分かった。80歳だった。妻でタレントのうつみ宮土理(71)や家族の意向で、17日都内で密葬が営まれ、荼毘に付された。 17日午前、愛川の所属事務所はコメントを発表。それによると、昨年冬から体調に不安を…

15日、自宅前に集まった報道陣(右)

愛川欽也に“重篤”情報…本意ではなかった「アド街」降板の裏

愛川欽也(80)の重篤情報が流れている。都内の自宅への介護ベッドの搬入や、医療スタッフが往診する姿はすでにキャッチされていたが、この数日のうちに容体が急変したとみられる。16日のスポニチによると、15日昼過ぎ、都内の愛川の自宅から救急車で誰かが病院へ搬送される様子が目撃されたという。 今月上旬に一部週刊誌で長期療養が報じられた際は「風邪をひいて少しせきが出て、今は自…

お別れの言葉もなく…

愛川欽也から井ノ原快彦へ 「アド街」不自然すぎるMC交代劇

すでに愛川欽也(80)の降板が決まっていた「出没!アド街ック天国」(テレビ東京系、土曜夜9時)の司会を井ノ原快彦(38)が引き継ぐことになった。スポーツ各紙は「番組の顔、一新」「42歳年の差」などと持ち上げる一方だが、ちょっと待てだ。この交代劇、なんだかスッキリしない部分がある。 「女性誌の取材に愛川サイドは“当初はしばらく休ませていただくという話だった”と答えてい…

「びっくりしている」と驚きを隠せなかった愛川欽也/(C)日刊ゲンダイ

「仁義なき」見ていない…文太さん“盟友”愛川欽也が衝撃発言

菅原文太さんの訃報を受け、“盟友”の愛川欽也(80)が都内で会見を開いた。菅原さんと映画「トラック野郎」シリーズで“やもめのジョナサン”こと松下金造役で共演した愛川は、第一報を聞いて「キョトンとしてびっくりしているというのが本音」と驚きを隠せない様子。 「今年の春先に(別の仕事の打ち合わせで)東映に行き、そこで文ちゃんと会った。そのときはまったく変わりなくお元気で、…

None

連ドラ初監督 傘寿を迎える愛川欽也の“八面六臂”

来年80歳を迎える愛川欽也が、ここにきて活動を活発化させている。 まずは3日からBS11でスタートする「港古志郎警視」(毎週火曜、夜7時~)。主役の港古志郎を演じるのはもちろん、制作・監督も愛川が担当している。愛川はこれまでも「さよならモロッコ」など映画の監督は経験しているが、連続ドラマの監督は初めて。 愛川と「警視」といえば、どうしたって代表作「東京メグレ警視」を…

写真はイメージ

医者任せで悲惨な最期も…彼岸こそ考えたい「理想の死に方」

その上で、自分の治療方針を医師や家族に明確に示しておかないとダメです」 ■故・愛川欽也さんのケースが教訓に その教訓になるのが、今年4月に肺がんで亡くなった愛川欽也さん(享年80)のケースだ。 「愛川さんは、人気番組の1000回出演の金字塔を打ち立てて降板。その直後に急逝されましたが、最期まで仕事ができたのは、体に負担が大きい抗がん剤治療を受けなかったからです。その…

渡瀬恒彦さんは享年72

Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

渡瀬恒彦さんのケース がんなら家族が満足する介護できる

2年前に肺がんで亡くなった愛川欽也さん(享年80)も、人気番組の司会を終えて1カ月後の訃報でした。渡瀬さんと同じ胆嚢がんだった大沢啓二さん(享年78)も、最期までテレビ番組で「喝」を入れています。 多臓器不全は、がんの転移などで複数の臓器の機能がダウンした状態でがんの末期によく見られます。そこまでいかなくても、転移が見つかった時に体に負担の重い治療を行うと、それで体…

「ぼーっとしてる時間がない」と語る

その日その瞬間

穂積隆信「青空を見上げながら心静かに“その時”を迎えたい」

俳優座養成所時代、20歳のころに知り合って以来、ずっと懇意にしていた愛川欽也が2年前に亡くなり、同期といえる俳優仲間はもう片手で足りるほどです。随分と寂しくなりました。僕だって何カ月も入院するような大病はしていないだけで、いつお迎えが来ても不思議じゃない。それは今現在わからないだけで、明日、あっけなく死んじゃうかもしれないんですからね。 だから、「あれもしたい」「…

かすみ草に囲まれた藤村俊二さんの遺影

藤村俊二さん献花の会にかすみ草 ダウンタウン浜田も参列

弔問には、「昭和九年会」メンバーの森山周一郎(82)、中村メイコ(82)、夫・愛川欽也(享年80)が九年会のうつみ宮土理(73)、小松政夫(75)、薬丸裕英(50)、ダウンタウンの浜田雅功(53)、落語家の笑福亭鶴瓶(65)、林家たい平(52)ら芸能関係者が参列した。 小松政夫は「おいしいものを食べさせてもらって……オシャレでした。ダンディーという言葉がない時代の…

かすみ草に囲まれた藤村俊二さんの遺影

藤村俊二さん献花の会にかすみ草 ダウンタウン浜田も参列

弔問には、「昭和九年会」メンバーの森山周一郎(82)、中村メイコ(82)、夫・愛川欽也(享年80)が九年会のうつみ宮土理(73)、小松政夫(75)、薬丸裕英(50)、ダウンタウンの浜田雅功(53)、落語家の笑福亭鶴瓶(65)、林家たい平(52)ら芸能関係者が参列した。 小松政夫は「おいしいものを食べさせてもらって……オシャレでした。ダンディーという言葉がない時代の…

丸善ジュンク堂書店の工藤恭孝社長

語り部の経営者たち

丸善ジュンク堂書店 工藤恭孝社長被災が全国展開のきっかけ

「このとき、テレビ東京の『出没!アド街ック天国』で、司会の愛川欽也さんが店内を10分間もかけて回って紹介してくれたおかげで、池袋本店の売り上げが一気に120%に上がったのです」 池袋本店はその後、一番の稼ぎ頭になった。(つづく) (ジャーナリスト・林美保子)…

治療の選択は焦らなくていい

Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

改正がん対策基本法で考えた「がん治療と仕事」両立のカギ

「息を引き取る直前まで『仕事に行こう』と申しておりました」とは、昨年4月に亡くなった俳優・愛川欽也さん(享年80)を看取った妻・うつみ宮土理さん(73)の言葉です。病状に応じて治療法をうまく選択すれば、亡くなる直前まで元気に仕事ができますから。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事