日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「オークション 落札」に関する記事

None

激安で買えるふるさと納税がダメなら官公庁オークション

そこで注目されているのがヤフーの「官公庁オークション」だ。簡単に言えば、税金滞納者の差し押さえ品をインターネットで公売する仕組みだが、「食品・飲料」から「チケット・金券」、はては「不動産」まで何でもそろう。しかも、“ワケあり”のため、価格は市価より安価だ。 「平成28年度産のはえぬき玄米30キロを6800円の見積価格で出品しました。スーパーで買うよりお安いと思いま…

なぜかヤフオクで人気

松島前大臣はヤフオクで1万円超「政治家うちわ」誰が買う?

オークションサイトでは、松島前大臣のうちわが多数出品され、そこそこの値がついている。「ヤフーオークション」で落札相場を調べてみると、最高値は、なんと1万6500円。持っている人からすれば、十分に価値を生む代物になる。 表に「法務大臣松島みどり」と書かれてあるところを見ると、入閣後に新たに作られたものらしい。そのあたりもレアな感じがして人気なのかもしれない。 ■蓮舫参…

懐かしい/(C)日刊ゲンダイ

「鉄人28号」は27万円…押入に眠る60年代お宝オモチャ

この夏、当社が開催したオークションでは『極彩色電動ブリキ ゴジラ』(マルザン製リモコン、高さ24・5センチ)が250万円で落札されました。当時80体作られたそうですが、現存品はこの1体のみ。こういう希少性は販売価格に直結しますね」 続けて雑誌・コミック。子供の頃むさぼり読んでいた「少年マガジン」や「少年サンデー」などだ。 さぞや高値が付くかと思ったら、アレレ…。59…

None

プレイバック芸能スキャンダル史

旧芸名「悠木千帆」をオークションで売った樹木希林

社名変更に伴い、テレビ朝日誕生記念特別番組「わが家の友だち10チャンネル徹子のナマナマ10時間半」も放送され、番組内のコーナー“にんげん縁日”では坂上二郎や野坂昭如らが参加してオークションが行われた。 社名変更に合わせたというわけではないが、そこに芸名の「悠木千帆」を出品したのが樹木希林(当時34)。当初は住んでいる家を売ろうかと思ったというが、番組では「わたしゃ…

民進党の調査チーム

今週の爆騰株

パナマ文書で“謎上げ” 「シンワアートオークション」

日本の近代美術を中心として、近代陶芸やワイン、ブランド雑貨、時計、宝飾品なども手掛ける国内最大級の美術品オークション会社であるシンワアートオークション(2437)です。 同社は、2000万円以上の高額落札作品における市場シェアでは業界トップの約45%を占めており、美術品に対する専門性の高さや富裕層マーケティングによる人的ネットワーク、豊富な実績に裏打ちされた信用力や…

None

CINEMAゲンダイ

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」マーティン・スコセッシ監督

ピカソの絵画がオークションにかけられたとき、拍手が起こるのは絵が売れたことではなく、37億円という落札額に対してだったというようにね。皆どうかしている」 ――酒、女、ドラッグ三昧の主人公、証券会社社長ジョーダン・ベルフォート(ディカプリオ)には魅力を感じましたか? 「確かに悪漢で、気分を害すようなことも平気でやるんだけど、悪魔がほほ笑みかけてくるというか、邪悪な行い…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事