日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

身辺警護・出演者の関連ニュース

女性工作員とされる人物(左)

日本の要人も餌食に…北朝鮮女性工作員“恐怖の忠誠心”

「韓国警察は脱北要人の身辺警護を強化する方針ですが、北の工作員が本気で動いたら、簡単に居所をつかみ殺害できます」(韓国ウオッチャー) ■要人の“現地妻”になり… 当然ながら、美女も暗躍する。 「北を訪れた海外の科学者や大学教授のホテルを夜中に若い女がノック。“先生を尊敬しています”と裸になり、セックスに持ち込みます。全員が喜び組級の美女で、“現地妻”になるのです。…

岩埼友宏容疑者

アイドル刺傷に学ぶストーカー対策 防犯の専門家に聞いた

だけど、警察は忙しいので身辺警護をしてくれません。むしろ弁護士をうまく使ったほうがいい。冨田さんは犯人からプレゼントされた腕時計を郵便で返したそうですが、これは相手の憎悪をかき立てる行為。弁護士を交えた3者で会い、弁護士から事情を説明して返してもらったほうが安全です」 ■弁護士同伴なら警察も真剣対応 警察に相談する際も弁護士を同伴させる。弁護士の口から細かい注文を出…

話題の書き下ろし文庫

「向かい風でも君は咲く」喜多嶋隆著

ゴルフ場研修生の哲也は県警本部の河本から、日本女子アマで優勝した高校生の夕花の専属キャディーとして身辺警護を頼まれる。5日前に夕花を名指しした脅迫状が届いたのだという。 2カ月前に公開イベントでアイドルが矢を胸に撃たれる事件が起きた。同一犯からの脅迫状らしい。貧しい母子家庭で育った夕花にとって、間近に迫った大会はスポンサー企業を獲得するためのまたとないチャンスで、彼…

銃撃事件の現場(上)と“標的リスト”/(C)AP

コペンハーゲンの次は…テロ「標的リスト」と「危ない都市」

今後、身辺警護を強化する必要がある。対象者は性別や国籍を問わないようですが、日本人の名前はありません」(国際ジャーナリストの堀田佳男氏) 1988年にムハンマドを風刺する小説「悪魔の詩」を発表したサルマン・ラシュディ氏も入っているし、リストには女性2人がいる。うちひとりは、イスラム社会での女性への暴力を扱った映画「サブミッション」(04年公開)の脚本を担当したオラン…

目を引く美貌/(C)日刊ゲンダイ

安倍首相も気に入り 永田町で話題「美人すぎるSP」の素性

元SPで、首相や都知事の警護に当たった「身辺警護SP学院」講師の伊藤隆太氏がこう言う。 「SPの9割以上は男性。年齢も30代後半から50代が中心です。長時間に及ぶ警護があるためどうしても男性が多くなる。ただ、適性において男女の向き、不向きはありません。SPにとって大切なことは漏れなく現場で目配りをして、いち早く不審者を発見して警護対象者を守ること。武道の強さではあ…

None

ついにテロのターゲット 現実味帯びてきた習近平の「暗殺」

しかし、爆破テロのタイミングがもう少し早ければ、習主席も災禍に巻き込まれたのは事実だから、習主席はかなり危機感を募らせたはずです」 ■クーデター恐れ警備強化 狙われることを警戒した習は、昨年末、身辺警護を強化した。共産党指導部の護衛を担当する党中央警衛局の最高責任者に、腹心中の腹心といわれる栗戦書・党中央弁公庁主任を就任させた。同時に職員約2000人の警衛局で大規模…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事