日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

ミュージックステーション・出演者の関連ニュース

お茶目な印象

松井珠理奈 “まだすっぴん”写真に「やばい」と称賛相次ぐ

「今日は、SKEでミュージックステーションに出演させていただきます」と松井がアップしたのは、お茶目にほっぺをつまんだ自身の顔写真。ハッシュタグで「まだすっぴん」と明かしており、テレビ出演に向けて準備を進めている最中に撮影したもののようだ。 ファンからは<絶対見るよ~>と放送時間を待ち望む声が集まっているほか、<すっぴんでもこの可愛さやばい!>といった興奮気味の声が…

None

タモリの顔にも泥… テレ朝1億4000万円横領社員の“素性”

ミュージックステーション』『タモリ倶楽部』『題名のない音楽会』などの音楽系番組や『銭形金太郎』といったバラエティーのプロデューサーを歴任。GP(ゼネラルプロデューサー)として辣腕を振るっていた制作幹部の一人です。GPは他のプロデューサーを束ねる統括プロデューサー。番組制作費や予算を管理する責任者です。つまり、どの制作会社に仕事を発注するかも思いのまま。逆にいえば、…

このままフェードアウト?

豪邸売却を事務所も認めた 浜崎あゆみに迫る“引退”の足音

3月にテレビ朝日系「ミュージックステーション」に出演した際も、そのムチムチボディーが話題となってしまった。不摂生を注意する人間も周りにいないのかもしれない。 「実はしばらく前から事務所の“コントロール”が利かなくなっているようなんです。昨年、10歳下の米国人医大生と離婚した際も、浜崎が自らのブログで発表したのですが、所属事務所は把握しておらず“寝耳に水”だった。今回…

スリムだった時代も(写真は2007年8月)

海外歌姫と同じ…浜崎あゆみの“体形変化”は心のぜい肉か

31日に出演したテレビ朝日系「ミュージックステーション」で披露した肩出しドレスは巨乳に見えたものの、脇の下、肩回りがムッチムチ。ドーリー(お人形のよう)なあゆだっただけに、ファンは驚きを隠せなかった。 レディー・ガガ、ブリトニー・スピアーズ、ジャネット・ジャクソンと歌姫たちも体重の変動が激しい。音楽評論家の富澤一誠氏がこう言う。 「長年第一線で立ち続けるということは…

小沢健二

今週グサッときた名言珍言

「ホントにボクは聞き手に恵まれていて。聞いてくださる方が素晴らしいんで、それだけで、できてます」by 小沢健二

そして、今回の復帰でも真っ先に20年ぶりの出演を果たしたのは、タモリ司会の「ミュージックステーション」(17年2月24日)だった。 番組のエンディング、小沢は最高の聞き手に敬意と感謝をあらわすように番組を称賛した。 「20年間、この番組が音楽の火をともし続けてきたことに感動してます」…

90年代にカリスマ的人気を誇った

テレビにも出演 小沢健二19年ぶり新曲で“復帰”のワケ

ただ、長い時を経て“こだわり”なども解消されたかもしれません」 24日のテレビ朝日系「ミュージックステーション」に出演するという小沢。どんな姿を見せるのか。…

夫婦コントを披露したマツコとタモリ

「原点返れ」の声…視聴率40%でも最低だった紅白の惨状

音楽番組としては、桑田佳祐やコブクロ、aiko(いずれも紅白不出場)らが出演したテレ朝『ミュージックステーション』の年末特番のほうがよっぽどまともです。“バラエティー歌合戦”と化した紅白は一度、原点に返ったほうがいい」 数字が良かったのは、裏番組に見たい番組がなかったから。今月24日で退任する籾井会長にとっては史上最低視聴率の汚名を着せられずに済んでホッとしていると…

夫婦コントを披露したマツコとタモリ

「原点返れ」の声…視聴率40%でも最低だった紅白の惨状

音楽番組としては、桑田佳祐やコブクロ、aiko(いずれも紅白不出場)らが出演したテレ朝『ミュージックステーション』の年末特番のほうがよっぽどまともです。“バラエティー歌合戦”と化した紅白は一度、原点に返ったほうがいい」 数字が良かったのは、裏番組に見たい番組がなかったから。今月24日で退任する籾井会長にとっては史上最低視聴率の汚名を着せられずに済んでホッとしていると…

左上から時計回りに、堺正章、ビートたけし、池上彰、明石家さんま

コラムニストがイチ押し 年末特番どうせ見るならこの7本

星野源に上白石萌音に桐谷健太にピコ太郎……話題のアーティストを網羅する「ミュージックステーションスーパーライブ2016」(テレビ朝日系)。4時間強のライブは「紅白」よりも豪華との声も!? さらに、今年で16回目を迎える「クリスマスの約束2016」(TBS系)は小田和正とゲストアーティストによる大人のクリスマス・ライブ。 24日はこの日、22年9カ月の歴史に幕を下ろす…

今年の紅白は「見たくない」と恨み節

あれもこれも言わせて

和田アキ子「紅白落選」は終わるものは終わる閉経と一緒

NHKの宣伝に一役買って何かメリットでもあるのか!? それよりも「ミュージックステーション スーパーライブ」(テレビ朝日系)の出場者の方が気になるという人だっているはず。少なくとも私はそっちの方。 まあ、なんだかんだ言っても結局、見るわけだけど。アッコも海外逃亡などせず、自分が出ていない「紅白」を冷静に見るべき。ピコ太郎の格好で「PPAP」をさせられずによかったと心…

動画アップから2カ月で世界を席巻

新ビジネス矢継ぎ早 ピコ太郎が自覚する一発屋の賞味期限

日本テレビ系「スッキリ!!」に続き、4日には「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)に出演。三代目JSB、乃木坂46が出演する中、ライブでラストを飾った。 「ジャスティンインパクトと呼んでいるんですけど、BBCやなんかのCEOから直でメールが来るので驚いています。驚き、モモの木、20世紀でございます。(今後は)いけるならグラミー(賞)行きたいな。グラマーでもいい…

本人としてはビックリ!?

浜崎あゆみ大苦戦か FC限定公演で異例のチケット4次募集

去る9月19日放送のミュージックステーション(テレビ朝日系)の特番で歌った際は高音部分で絶叫調になり、視聴者から「野太い声しか出なくなった」などと酷評された浜崎。声の異変に加え、盤石に思えたファンクラブが揺らぎ始めているのか。 コンサート開幕まであと3日。残りのチケットの売れ行きには、浜崎も気が気ではないだろう。…

現在はロンドンでリア生活

初紅白への期待も…宇多田ヒカルに「人間活動6年」の代償

宇多田ヒカル(33)が19日、「ミュージックステーション ウルトラFES 30th」(テレビ朝日系)に出演。今年4月に約6年ぶりに音楽活動を再開してから初のテレビ出演ということで注目を集めたが、久々の表舞台は“人間活動”に専念していたブランクをいや応なく感じさせる内容だった。 司会のタモリとのトークでは活動休止した理由について「こういう世界からとにかく離れたくて。い…

結婚式ソングとして定着するか

DAIGO結婚ソング「KSK」ヒットに周囲がウハウハの理由

さらには、DAIGOが6日、自身のツイッターでテレビ朝日系「ミュージックステーション」で、同曲を披露することを発表。しばらくは“KSKバブル”が続きそうだという。 「DAIGOがボーカルをつとめるバンド・BREAKERZはまったくヒット曲がなく、披露宴で勢いよく同バンドの曲を披露したものの出席者が曲を知らずかなりスベってしまった。しかし、『KSK』を披露してなんと…

もし打ち切りなら政界進出も近い

ロンハーに打ち切り説 再び囁かれる田村淳の「政界転身」

毎回8~10%台の安定した視聴率をマークしている『ミュージックステーション』の後に放送することで“ながれ視聴”の視聴率アップを狙った。ロンハーは局の低迷期を支えてきた番組。その功績を重んじ、即打ち切りにはしなかった。番組スタッフは“執行猶予中”のタイミングだけにマエケンの死はダブルでショックだったようです」(テレ朝関係者) ■ロンブー淳「子づくりに意欲」の裏事情 制…

役者としての意識も大きく変わった

冬ドラ俳優“辛口”通信簿

“変人”を好演 小泉孝太郎に「2時間ドラマ新帝王」の呼び声

初回視聴率は7.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とまずまずだったが、裏番組の「ミュージックステーション」にベッキーとの不倫騒動で話題のゲスの極み乙女。が出演したことを考えれば大健闘といえる。 「これまで“首相の息子”で育ちの良いお坊ちゃまというイメージが強く、それが俳優としての幅を狭めていた。ところが『下町ロケット』で自分の殻を破って悪役を好演したことで、もっと…

15年のNHK紅白には出演したが…

不倫で紅白は絶望的…ゲス川谷もベッキーと“共倒れ”危機

「『ゲス乙女』が出演したテレビ朝日の『ミュージックステーション』やNHKなどにも苦情が殺到しました。とくに民放の場合、スポンサーが嫌がります。恐らく『ゲス乙女』がアーティストとしてベッキー同様、テレビやCMから干されることになる。NHKはボーカルが不倫というのはNGだから、今年の紅白は難しいでしょう。当然、露出が激減するのでCDやダウンロード数にも影響する。ベッキ…

ファンとやじ馬で会場は“お祭り騒ぎ”に

ベッキー騒動でライブ盛況…ゲス川谷は不倫で“焼け太り”

不倫疑惑が報じられて以降、初めてのテレビ出演となった15日放送の「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)では深々と頭を下げたが、謝罪の言葉は一切なし。この日は語るのか、またもやスルーするのか――。 会場に張り詰めた空気が漂う中、ライブは定刻通りの13時にスタート。まず、川谷ひとりがチェック柄のスーツに水色のシャツ、赤の蝶ネクタイ姿といういでたちで登場し、「集ま…

(左上から時計回りに)笹崎里菜アナ、林美紗希アナ、久代萌美アナ、吉田明世アナ

笹崎里菜、W玲奈…2016年「女子アナ戦国時代」覇者は?

ミュージックステーション」を担当する入社3年目の弘中綾香アナに注目したい。おとなしそうな清楚なビジュアルとは裏腹に、実はかなりのキャラクターの持ち主。ネプチューン・堀内健と共演した番組では、ボケまくるVTR振りにもカラダを張って実践していた。今のアナウンサーで大事なのはキャラクター性。その点、彼女はテレビ朝日の若手アナの中では群を抜いている。 もうひとりは「報道ス…

“ありのままの姿”を楽しみ始めた?

最近は自虐ネタ化? タモリ「Mステ」で“頭髪の異変”が話題

9月11日に放送された「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)で、司会のタモリ(70)に起こっていた“異変”がちょっとした話題になっている。 お辞儀をしたりうつむいた際に、頭頂部の地肌がいつにも増して透けて見える状態だったことから、視聴者の間で、<タモリの髪が薄くなっててびっくりした>などと驚きの声が上がっているのだ。 タモリの頭髪については、「笑っていいとも!…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事