日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

新宿区の関連ニュース

著書「五体不満足」が大ヒット/(C)日刊ゲンダイ

「掃除」しながら挨拶回り 乙武洋匡氏、新宿区長選出馬へ

乙武洋匡氏(38)が、今年11月9日投開票の新宿区長選の出馬に向けて準備を進めている。今月11日、“23区初の女性区長”として話題になった現職の中山弘子区長(69)が4選不出馬を明言した。後継候補が誰になるか注目が集まっていたが、乙武氏に白羽の矢が立ったようだ。 新宿区は乙武氏の地元だ。都立戸山高校と早稲田大に在学するなど9年間を過ごした。また、中山区長とも強いコネ…

森口候補は出遅れを挽回できるか(右は街頭でアピールする大門候補)

vs.小池新党 都議選バトルの行方

【新宿区】小池元秘書がリベンジ誓う 自民女性現職へ再挑戦

新宿区(定数4)】 △秋田 一郎 50 自現 ▲大門 幸恵 47 自現 〇古城 将夫 37 公新 ○大山とも子 61 共現 △森口つかさ 35 都新 「区内をくまなく回ろうとは思いますが、秋田さんの地元、西新宿エリアに足を運ぶのは遠慮してしまいますね……」と困惑気味に話すのは、自民の大門だ。昨夏の都知事選と同時に行われた都議補選で初当選。2年連続の選挙となる。 新…

「キッチンたか」のハンバーグは絶品

思わぬディープスポットに遭遇 市川紗椰の“東京さや散歩”

新宿区荒木町から新大久保近辺、約3キロの道のりだ。案内人は、食べ歩きや地形を愛する「オタク美女モデル」市川紗椰。グルメや興味深い地形だけでなく、思わぬディープスポットにも遭遇!? 寝正月でダラけきった体の“リハビリ”にもいいかも。 ①津の守弁財天(東京都新宿区荒木町10-9) 散策のスタート地点は「荒木町」。四谷三丁目駅と曙橋駅の間に位置するこの界隈は、新しい店と古…

有名病院 この診療科のイチ押し治療

【痔の手術】 東京山手メディカルセンター大腸肛門病センター(東京・新宿区)

東京・新宿区にある旧社会保険中央総合病院の大腸肛門科。 ◆スタッフ数=9人(専門医8人) ◆初診患者数(2013年度)=4686人(紹介患者約53%) ◆肛門疾患手術件数(13年)=2423件(痔核957件、痔瘻904件、裂肛85件、その他477件)…

東京山手メディカルセンター・整形外科でスポーツ外来を担当する田代俊之医長(右)

有名病院 この診療科のイチ押し治療

【ランニング障害】東京山手メディカルセンター・整形外科(東京都新宿区)

◆スタッフ数=常勤医師4人 ◆年間外来患者総数(2015年)=1万522人 ◆スポーツ外来の月間初診患者数=20人前後…

東京医科大学病院の山中岳講師(右写真はイメージ)

有名病院 この診療科のイチ押し治療

【小児頭痛外来】東京医科大学病院小児科(東京都新宿区)

頭痛と上手な付き合い方ができれば、6~8割前後は改善します」…

慶応義塾大学病院・心臓血管外科の志水秀行教授

有名病院 この診療科のイチ押し治療

【大動脈疾患】慶応義塾大学病院・心臓血管外科(東京都・新宿区)

データ ◆スタッフ数=医師6人、レジデント7人 ◆年間手術総数=約500例 ◆大動脈疾患の年間治療数=約160例(人工血管置換術約90例、ステントグラフト内挿術60~70例、うちハイブリッド治療20~30例)…

オーダースーツ専門会社が「世論調査」って?

小池百合子氏に新疑惑 “正体不明”の会社に調査費210万円

12~13年分の収支報告書の〈支出を受けた者の住所〉の欄には、東京・新宿区とあり、14年分には新たに渋谷区と記載されていた。 日刊ゲンダイ本紙は、住所や屋号を登記簿で調査したが、「M―SMILE」という会社は存在せず、“正体不明”。架空支出ではないかと小池事務所に問い合わせると、担当者はこう答えた。 「当初は『M―SMILE』という会社名だったのですが、現在は『モノ…

聖母病院・産婦人科の樋口泰彦部長(左)

有名病院 この診療科のイチ押し治療

【周産期医療】聖母病院・産婦人科(東京都新宿区)

◆スタッフ数=常勤医7人(非常勤10人)、助産師65人、看護師3人 ◆年間初診患者数(2015年)=産科2472人 ◆年間分娩数(同)=1638人…

写真はイメージ

介護を助ける“切り札”はコレだ

優しい言葉と紙パンツの選び方で排泄ケアの負担は変わる

介護福祉士等を養成している「東京国際福祉専門学校」(東京都新宿区)の斎藤千秋介護福祉科主任が言う。 「よく問題になるのが、部屋や廊下で排泄してしまったとき、『ワァ!』といった大きな声を出してみたり、また、『臭い!』『どうして早く知らせないの!』などと声を荒らげて怒る行為です。これは何の意味もありません。むしろ、高齢者を萎縮させ、さらに人間の尊厳や人格を傷つけてしまう…

悲鳴も上がった

火災で“行政のメス”懸念…新宿ゴールデン街は消えるのか

東京五輪前で、ただでさえ新宿区は取り締まりを強化しています。消火器を至る所に置き、『火災だけは起こさないよう協力しよう』とみなで話し合っていたのですが……」(ゴールデン街関係者) 新宿区の吉住健一区長は火災についてフェイスブックに、「権利関係、風情、歴史、観光等の複雑な方程式を解くための時間は待った無しの状況だと再認識しています」と意味深な書き込みをしていた。昭和の…

慶應義塾大学病院の高月誠司准教授

有名病院 この診療科のイチ押し治療

【心房細動の治療】慶応義塾大学病院・循環器内科(東京都新宿区)

◆スタッフ数=医師21人(助教以上) ◆年間初診患者数=1200人(うち心房細動患者の割合=約20%) ◆心房細動のアブレーション治療実施数=年間約260件…

最新式のトモセラピー機器

有名病院 この診療科のイチ押し治療

【がんの放射線治療】JCHO東京新宿メディカルセンター放射線治療科(東京都新宿区)

東京医科歯科大学病院・渡航者医療センター センター長・濱田篤郎教授

有名病院 この診療科のイチ押し治療

【海外渡航の病気対策】東京医科大学病院・渡航者医療センター(東京都新宿区)

◆スタッフ数=常勤医師2人(非常勤5人) ◆年間初診患者数=約2000人 ◆受診渡航者の割合=ビジネス関係7割、旅行者2割、留学生1割…

死因は大動脈破裂胸腔内出血だった

近隣住民「いつも一人」と…“突然死”阿藤快さんの孤独な晩年

16日、東京・新宿区の自宅マンションで亡くなっていたことがわかった阿藤快さん(享年69)。関係者によると死因は大動脈破裂胸腔内出血で、苦しむことなくあっという間にあの世へ旅立ったという。 日刊ゲンダイの記者が東京・新宿区内にある自宅付近を歩くと、晩年の暮らしがおぼろげながら見えてきた。近隣住民はこう話す。 「阿藤さんは1年ほど前に取り壊されたゴルフ練習場に、一人でジ…

マーケットのご主人

江戸東京 町歩き

もう店を閉めるよ

「住民は、以前は300人くらいいたから、今は3分の1くらいに減ったね」 こう話すのは、都営霞ケ丘アパート(東京・新宿区)のマーケットのご主人。隣近所に入っていた店も、ほとんどは閉めてしまった。 「半年後には引っ越さなければならない。先日は、新しい住居の見学会があったんだ」 霞ケ丘アパートは、原宿や明治神宮前、外苑前、北参道駅から十数分ほど歩いたところにある。住所では…

写真はイメージ

患者に聞け

【脳血栓症】 気づくのが遅かったら脳梗塞になっていた

東京・新宿区内で、不動産仲介業を営む舟橋泰一さん(仮名、56歳)は、これまで2度入院したことがある。 1度目は30代のとき。交通事故を起こし、足を骨折した。2度目は50歳を迎えてまもなくのころ。痛風に襲われた。尿酸値(基準3~7㎎/dl)が9を示し、3日間入院したのだ。 以来、担当医のアドバイスで、プリン体の多い飲食物(ビールなど)の過剰摂取を避けてきた。それ以外は…

None

点検は申告任せ…札幌・看板落下 事故責任は誰が負う?

外壁については、事故があった新宿区によると、建築基準法に基づいてビル所有者に対し、3年ごとに目視による点検、10年ごとに棒などで叩いて調べる“打検”を呼びかけているという。区による立ち入り検査はない。 要するに看板も外壁も安全確認はビル所有者任せ。“ザル法”によって危険が見逃されている可能性が高い。 さらに恐ろしいことに今回、外壁が剥がれたビルは報告の義務を免れて…

ドサクサ紛れ/(C)日刊ゲンダイ

菅官房長官が受け取った親密税理士からの怪しい個人献金

「東日本税理士法人」(新宿区)の代表社員の長隆氏なる人物が、菅が代表者の「自由民主党神奈川県第二選挙区支部」に対し、平成25年2月から12月まで毎月10万円、合計で110万円を献金。さらに菅が代表の「横浜政経懇話会」にも10万円を献金していることだ。 これが問題視されているのは、長氏がいわくつきの人物だからである。 「長氏は税理士の立場を利用して、『公的病院等への…

コンドームが堂々と/(C)日刊ゲンダイ

「公然わいせつ」か「大人の社交場」か 新宿ハプバー潜入ルポ

新宿区内の「ハプニングバー」経営者がこのほど公然わいせつ幇助の疑いで逮捕された。 逮捕は2回目で、前回はバンに客を乗せ、車内で客の男女を絡ませる、わいせつドライブを企画したことが明るみになっている。 一体、ハプバーとはどんなところなのか。同じ新宿区で、歌舞伎町は区役所通りに4店あるうちの1店に潜入した。 夜9時。ホストが行き交う風俗ビルのエレベーターを上がり、入り口…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事