日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「浅田真央 高橋大輔」に関する記事

今でも表現力は日本人随一だが…

GPファイナル最下位で涙…浅田真央に「引退危機」再び

12日(日本時間13日未明)の女子フリーは、SP3位の浅田真央(25)が最下位に転落する波乱となった。 前日のSPでは成功させたトリプルアクセルが、この日は回転不足の上、着氷も乱れた。その後も3回転、3回転が2回転の単発になり、課題のルッツもどこかぎこちない。出場6選手中最下位のフリー125.19点が足を引っ張り、総合順位でも自身初のGPファイナル最下位となった。 …

None

引退 真央 死ぬまで氷の上でニコニコしているしかない

「これからどんな形であっても、フィギュアスケートに恩返しができる活動はしていきたい」 12日、引退会見でこう話した浅田真央(26)。質疑応答で「トリプルアクセルに声をかけるとしたら?」というNHKアナのトンチンカンな問いにも「トリプルアクセルに声をかけるんですよね?(笑い) どうしよう……何でもっと簡単に跳ばせてくれないの? って感じです」と真摯に答え、最後は泣き顔…

None

真央 政界転身あるか

12日、会見を開き現役引退を表明する浅田真央(26)。早くも今後の活動に注目が集まっている。キャスターや女優への転身が囁かれているが、天才肌過ぎて指導者には不向きだろうとみるフィギュア関係者が少なくない。 しばらくフィギュア元世界王者の高橋大輔(31)のように“プロスケーター”として活動するのが現実的だろうが、その後、間違いなく囁かれるのが政界進出だ。実際、日本スケ…

ソチ五輪の高橋 (C)JMPA/真野慎也

引退後の稼ぎは真央以上? 高橋大輔「年収5億円」の現実味

CM起用やスポンサー契約も浅田真央(現在約10社)を追い抜くかもしれません。今の彼の年収は2000万円前後といわれていますが、一気に5億円ぐらいにまで跳ね上がるかもしれません」(某スポーツメーカーの広報担当者) 高橋本人は引退後の進路について、「1、2年ぐらいスケートから引いた生活をしてもいいかなとも思っている」と話しつつ、「アイスショーなどには出させていただきたい…

あの感動をもう一度 真野慎也/JMPA

浅田真央が3月世界選手権に “真の女王”は埼玉で決まる?

涙のフリー演技から一夜明けた浅田真央。22日のエキシビション(日本時間23日午前1時半)に向けての練習で再びリンクに姿を見せた。 戦いが終わった選手たちからは笑顔が絶えず、終始なごやかなムード。真央は高橋大輔とペアを組んで滑った。会場を後にする際には、世界選手権(3月・埼玉)に出場すると明言。 「ソチ五輪をスケート人生の集大成にしたい」と語っていた真央は、この大会が…

None

高橋大輔も鈴木明子も頼りにする 荒川静香の“アネゴ肌”

高橋大輔(27)の姉貴分なのは知られているが、浅田真央を抑えて優勝した昨年12月の全日本選手権直前には、鈴木明子(28)から「調子を落としてジャンプに自信がなくなりました。どうしたらいいでしょう?」とメールで相談を受けたという。 「今季が最後になるかもしれないので、プレッシャーがかかっていたのかな。こういう時は視野を広げてスケート以外のことも考えたり、(人と)話した…

雲隠れ?/(C)日刊ゲンダイ

高橋“擁護”も逆効果…HPダウンし橋本聖子「緊急入院」情報

■高橋に高まる同情論 漫画家の小林よしのり氏がブログでこの一件に触れて、「例えば森元首相が、浅田真央ちゃんに、無理チューしていたら、どうなったか。要職はとかれ、国民に半殺しにされかねない」と指摘した。まさに、その通りだ。ファンが激怒するのも当然、本来なら議員辞職ものだ。 高橋大輔が「パワハラ、セクハラとは思っていない」「羽目を外してしまった。反省している」と橋本を…

None

“真央人気”で3倍増 スケート連盟が貯め込んだ「13億円」

女子フィギュアの浅田真央(23)は何色のメダルを持ち返るのか。ファンならずとも気になるが、真央ちゃん人気によって、日本スケート連盟がボロ儲けしていることをご存じか。 05年12月に弱冠15歳でGPファイナルを制し、鮮烈なデビューを飾って以降、スケ連は“真央バブル”を享受してきた。公表する財産目録によると、06年6月末に約4.6億円だった「正味財産」は、13年同期で約…

None

家族、稼ぎ、男…メディアが報じない浅田真央の“私生活”

日本男子初GPファイナル連覇を遂げた羽生結弦/(C)AP

羽生が連覇も…ライバル不在のGPファイナル盛り上がらず

浅田真央(24=休養中)や高橋大輔(28=昨季で引退)ら、華のあるスターもいないから、注目度もガタ落ちだ。 ある広告代理店関係者が言う。 「昨年のこの大会はソチ五輪シーズンで、しかも国内(福岡)開催。みんな真央のジャンプの調子を気にしていたから非常に関心があった。ソチで金メダルが期待された真央はジャンプに悩み続け、GPファイナルのSPでシーズンで初めてトリプルアクセ…

NHK杯は4位に終わった羽生結弦/(C)日刊ゲンダイ

羽生強行出場が典型例 選手を潰す「スポーツ界」の悪しき体質

浅田真央は休養中とあって、フィギュア人気はソチ五輪金メダリストの羽生の双肩にかかっている。 スケート連盟は多額の費用を出しているスポンサーの顔色をうかがう。男女のスター選手がリンクを去った今、羽生まで欠場というわけにはいかない。羽生は自分の意思だと言うが、連盟が傷だらけでも中国杯を滑らせ、NHK杯出場にもストップをかけなかったのは、そういう事情もある。 組織や指導者…

SPは5位だった羽生/(C)AP

美辞麗句を並べ大騒ぎ…過熱する「羽生狂騒」のバカバカしさ

それをしない、いや、できないのは、浅田真央、高橋大輔の休養、引退によるスター不在で、連盟をはじめ周囲が羽生を担ぎ出すしかないからだ。 作家の吉川潮氏はこう話す。 「日本という国はいまだに戦時中の特攻精神というか、傷つきながら戦うことを美とする気質がある。そこに、テレビやスポンサーの思惑なんかが入り込み、筋書きをつくって強引に盛り上げようとする。周囲が意図的に羽生君に…

羽生選手(C)JMPA/真野慎也、町田選手(C)AP

ひねくれスポーツ論

羽生結弦と町田樹 「鏡よ鏡、世界一のスケート王子はだあれ?」

浅田真央に安藤美姫がいたように、羽生結弦には町田樹がよい。今年春の世界選手権で優勝を羽生に譲った町田の一言は印象深かった。 「次はぶっ潰す……」 あっはっは冗談ですよと笑ったが本心だろう。 シリーズ1戦目の勝利はめでたいが、 「え~町田? 王子が出てない大会でしょ」 という声もあるかもしらん。たしかに王子ぶりでは羽生に負ける。足長く小顔、育ちは東北被災地で悲劇性あり…

去就が注目される浅田(左)と引退表明をした高橋/(C)日刊ゲンダイ

スケート人生「キス&クライ」

小学生の頃から注目され続けた真央にはもう少し時間をあげて欲しい

彼が引退となれば、皆さんが気になるのは今シーズンの休養を発表している浅田真央選手でしょう。彼女自身が「ハーフハーフ」と話しているように、まだ現役続行か引退かの決断を下していません。そんな彼女に周囲はやきもきしているはずです。私は彼女にもう少し時間をあげて欲しいと思っています。 真央は小学生の頃から注目され続け、ずっとスケート一筋の人生。オシャレや買い物、恋愛など、…

キム・ヨナも出場辞退を表明している… 真野慎也/JMPA

五輪イヤーにまで強行…「フィギュア世界選手権」の“価値”

浅田真央や羽生結弦(19)、アデリナ・ソトニコワ(17)の男女の金メダリストが出場するとはいえ、トップスケーターが集う世界選手権とは名ばかりだ。 前売り券は12月14日から販売されており、4日間通し券はS席(7万円)、A席(5万8000円)、B席(4万6000円)と高額席はいずれも完売。他の席も、すでに予約受け付けを終了している。転売目的での購入者も少なくないとみ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事