日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

神田駅の関連ニュース

秋はうまい日本酒が出回る季節/(C)日刊ゲンダイ

プロ推薦の日本酒 旬の「ひやおろし」と11月の「しぼりたて」

姉妹店「かんだ光壽」(TEL03・3253・0044)が、神田駅近くにある。 ■「しぼりたて」はフルーティー ひやおろしが終わると、しぼりたての時季がすぐにやってくる。 「だいたい11月末ごろから流通しますが、こちらはその名の通り、新酒のしぼりたてが加熱処理せずに出荷されます。ひやおろしの円熟味とは対照的に、フレッシュでフルーティー。シュワシュワと微炭酸のような風…

バーミヤンでちょい呑み/(C)日刊ゲンダイ

ファミレスやカフェまで…大激戦の「ちょい呑み」を実況中継

吉野家 「吉呑み」はJR神田駅店など3店で展開中。生ビール300円。牛皿250円。牛丼も食べられる。 二八そば「あずみ」 生ビール、3種の天ぷら、せいろの「ちょい呑みセット」980円などを用意。 築地銀だこ ハイボール酒場 「ザ・角ハイボール」(360円)他、タコ焼き(310円~)もオーダー可。…

オリジナルのつまみも充実/(C)日刊ゲンダイ

実験的スタート 吉野家が展開する居酒屋「吉呑み」の居心地

この「吉呑み」、「JR神田駅店」「西五反田一丁目店」「東京駅八重洲通り店」の3店舗で実験的にスタートしている。 「2階にも客席のある店舗は、行列ができる昼時以外は2階が閑散としている。吉野家の居酒屋進出は、遊んでいる店舗を有効活用するのが狙いです」(流通関係者) 今後、東京や大阪、名古屋、福岡などに20~30店舗を構える方針だ。吉野家には、牛皿をつまみにビールを飲…

入って行くにはちょいと勇気が必要?

怪しさ120% 東京ディープ酒場

JR神田駅南口にひっそり佇む“秘境”

その店々への通路は、JR神田駅南口の大きな交差点に面した目立たない場所にある。ガード下の薄暗い、幅1メートルちょっとの細~い道路を入った先で5軒が営業中だ。 「昔は千代田小路っていってたけど、今じゃ、もう誰も使わないね。住所? ちゃんとあるよ。千代田区鍛冶町2―14―8。天井の真上は、京浜東北線の東京方面行きが走ってるよ」 こう言うのは、通路の一番奥で寿司屋「次郎長…

午後7時過ぎ。だれも歩いていない…

怪しさ120% 東京ディープ酒場

神田 “賑やか系”ワイン居酒屋で酔う

その通りは、JR神田駅西口が一番近い。西口を出て左へ、左手にガード下を見ながら真っすぐ線路沿いを3、4分歩いたガード下だ。「今川小路」の看板が見える。チョイと名の知れたディープ酒場エリアのひとつだ。 真上に山手線、京浜東北線などに加えて東北・上越新幹線も並行して走る。見上げれば線路を支える鉄骨……。サラリーマンの街、神田駅からものの数分だというのに、閉店した店の方が…

「水餃子ごまラー油だれ」

肉食女子マイコとミユキが行く

水餃子のごまラー油は複雑なスパイスの香り

オイシそうな土鍋を提供しているのは、JR神田駅から西口商店街を抜けてすぐの「五指山」。おわんにすくって一口すすると、ニンニクとショウガが効いたスープが抜群にウマい。あのエキスを吸い込んだネギもしっとりで、これまたいい感じ。 肝心のアレは、煮込まれたせいか、人間のピーク時より細いものの、とぅるんとぅるんな食感にうっとり。あまりのウマさに写メ忘れっちゃったー。こんど男を…

安旨ワインを気軽に飲み歩く

今日もぶらり街歩き

ワインの街にしよう

「柳屋」の稲村さんは「再開発の波は近くまで来ていますが、この神田駅周辺はまだ昔ながらのビルが残っている。その中でワインって、面白いでしょ」。あちこち散歩していると、再開発で昔の面影が一掃されてしまったところを見る機会が多い。ぜひとも神田は「ワイン村」として、独自の雰囲気を残してもらいたいと思った。 どちらかといえば、神田で好きなのはJRの東口・南口側。数席しかなさ…

None

13%の真偽 ニッポン援交物語

ざっと43万人の女子学生がやってるはホント?

JR神田駅で19時半。スーツに赤のネクタイ、新聞片手に待ってまーす」 援交相手との出会いは女子高生たちが多用する「LINE掲示板」がスタンダード。こんな感じのやりとりで交渉成立だ。 この10年、大都市を中心に、AVや風俗の勧誘やスカウト、出会い系サイトも未成年者への規制が強化。廃業を恐れる業者側の年齢確認は徹底して登録しづらいため、女子高生の“LINE利用”が増えて…

「立ち食いは庶民の味方」と山路氏/(C)日刊ゲンダイ

増税後もうれしいサービス続々 「立ち食い」安くてうまい店

■高品質と激安を両立させる秘訣 東京・神田駅の高架下にある焼き肉の「六花界」も、知る人ぞ知る立ち食いの名店だ。店舗面積はわずか2.2坪。たった1つしかないテーブル上の2つの七輪を客同士が「融通」し合って使うのが特徴だ。ロース、タン、ハツなど新鮮な和牛肉がすべて一皿500円。飲み物は一律400円で、消費税増税以降も「価格は据え置き」(高垣孝一店長)というから心強い。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事