日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

タクシードライバー・キャストの関連ニュース

文庫あらかると

「東京タクシードライバー」山田清機著

13人のタクシードライバーの人生を描き出すノンフィクション。 業界最大手の新木場営業所で班長を務める45歳の荒木は、それまで勤務していた会社を辞め家業の料理屋を継いでいた。だが、9年前、離婚をきっかけに両親との関係にも亀裂が入り家出。一時はホームレスになってしまった彼がタクシーに乗務するまでの波乱の日々を紹介。 一方、15年前に初めて一人で乗務した日に巧妙な手口で7…

None

CINEMAゲンダイ

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」マーティン・スコセッシ監督

タクシードライバー」「レイジング・ブル」「グッドフェローズ」と作品を挙げたら、切りがない名匠マーティン・スコセッシ監督(71)。レオナルド・ディカプリオ(39)と組んだ新作や映画への思い、今後について聞いた。 ――80~90年代のウォール街で年収49億円に成り上がり、10年後の36歳で破滅した男の物語。監督依頼を受けた理由は? 「まず、度が過ぎる拝金主義への不安と…

「そして誰もいなくなった」の豪華キャスト陣

故・渡瀬恒彦も出演 ドラマSP「そして誰もいなくなった」

いずれもテレビ朝日系で18日は「おみやさんスペシャル」、19日は「タクシードライバーの推理日誌32」だが、今週末は25日と26日の両日、渡瀬さんが出演している2夜連続ドラマスペシャル、アガサ・クリスティ原作「そして誰もいなくなった」がテレビ朝日系で放送される。 主演は仲間由紀恵。共演者は超豪華だ。沢村一樹、向井理、国村準、柳葉敏郎、津川雅彦、大地真央、橋爪功、渡瀬ら…

「タクシードライバー」 発売・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント  

観ずに死ねるか

タクシードライバー(1976年 マーティン・スコセッシ監督)

(森田健司)…

渡瀬恒彦

数字で読み解く芸能界

実に297本 渡瀬恒彦さん“4つの出演ドラマ”のタイトル数

また、2時間の単発シリーズドラマはテレ朝系「タクシードライバーの推理日誌」が92年に始まり、25年で39本。同じ92年スタートの「十津川警部シリーズ」は54本! その2つのドラマを2本の連ドラと並行して撮影していたわけで時間のかかるドラマでこの仕事量は驚異だ。 その4つのドラマをタイトル数で足すと297本。スペシャル版を加えれば300本超。しかも、2時間のシリーズも…

「8番らーめん」の『野菜ラーメン』

ドロンズ石本の「ラーメン旅」

【8番らーめん】金沢のソウルフードはホッコリおふくろの味

これはもう行くしかないと、夕方6時すぎに犀川大橋店に駆けつければ、タクシードライバーさんに仕事帰りのサラリーマン、家族連れと、さまざまなお客さんが麺をすすっています。なるほどね~。 僕はメニューに「定番ラーメン」と書いてある、野菜ラーメン560円(税込み604円)を注文。メニューには餃子定食や空揚げ定食などいろいろあって、これはついつい行っちゃうよね~と納得です。さ…

“可愛すぎる怪談師”山口綾子 DVDでマシュマロ美巨乳披露

大学卒業後、某大手製薬会社の営業、タクシードライバーを経て女流怪談師になったという異色の経歴の持ち主でもあります。 身長158センチ、B88・W63・H88。怪談ライブバー「スリラーナイト六本木」にも出演中の綾子クン。真冬の怪談も一興です。…

「教授のおかしな妄想殺人」

“中高年のための”新作映画ナビ

ウディ・アレンが描く つまらない毎日を変える危険な習慣

「悪徳判事を殺し、社会の不正をただせ!」 マーティン・スコセッシ監督「タクシードライバー」で、鬱屈したベトナム帰還兵(デ・ニーロ)が狂った浄化作戦を企てたのにどこか似ている。ただ、こちらはウディ・アレンの脚本と監督作。よわい80にして、ますます磨きのかかった皮肉とユーモアを存分に発揮し、軽妙なジャズを流しつつ、テンポの良いダークコメディーに仕上げた。恋愛映画の名作…

バラエティー番組では飄々としたキャラクターだが…

うつ克服、感情移入…ユースケ・サンタマリアの演技の根幹

父はタクシードライバー、母は飲食店経営者。88年、両親の離婚後は母の元で育つが、離婚後も両親は連絡を取り合っていた。 中1の時に、アメリカのミュージシャン・プリンスに夢中になる。モテたい一心で、中学の時はテニス部、高校ではフェンシング部に入部したが、部員に坊主頭を強いる体育会系に馴染めず退部。結成したバンドで人気者になるが、高校卒業と同時に解散。上京して、94年、ラ…

写真はイメージ

下流ワーキングプア 死の行軍

半導体大手を希望退職し今は年収280万円で働く

そんな中で唯一、高収入が見込めるのはタクシードライバーだ。「月収40万円可」という文字に心が揺れる。…

「天空の蜂」は原発が題材のサスペンス

2015年を総括! 大高宏雄の胸を打った6本の映画

タクシードライバー」で狂気的な青年を演じたデ・ニーロが好々爺となって現れたことに驚き、うらやましくも思った。 「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」…ハリソン・フォードはともかく、レイア姫だったキャリー・フィッシャーがおばあちゃん風情で登場しつつ、堂々と主要な役を演じきったことに感動。こちらも、涙なくしては見られなかった。 (映画ジャーナリスト・大高宏雄)…

None

観ずに死ねるか

ランボー(1982年 テッド・コッチェフ監督)

ベトナムの後遺症を取り入れた映画は「ソルジャー・ボーイ」(72年)や「タクシードライバー」(76年)、「ディア・ハンター」(78年)など数多くある。「ソルジャー――」は4人の帰還兵が米国内で白眼視され、一般市民を皆殺しにしてしまう話。72年にいち早く帰還兵問題に焦点を当てた。「ランボー」はその二番煎じとの見方もある。 (森田健司)…

「ギンレイホール」では名画が目白押し/(C)日刊ゲンダイ

京都でも初開催 秋はシネコンより「国内映画祭」が面白い

洋画では「真夜中のカーボーイ」「タクシードライバー」といった作品が並ぶ。これらは50代以上の人には名画中の名画だろう。 映画ジャーナリストの大高宏雄氏は、「日本の映画祭はユニークなものが増えている。好みで出かけてみると、シネコンなどで普通の映画を見るのとはまた違った面白い体験ができると思う」と話している。…

“2時間ドラマの女王”が主演/(C)日刊ゲンダイ

独自路線を翻し…テレ東「金曜8時ドラマ枠」が復活した事情

このまま、しばらくはドラマ枠を続けるのでは」(テレビ局関係者) 船越、北大路、名取とくれば……次は「赤い霊柩車シリーズ」の片平なぎさ(54)か「タクシードライバーの推理日誌」の渡瀬恒彦(69)か!?…

築地新聞

【大野屋精米店】復活! 地域一うまい「米屋のおにぎり」

市場関係者、界隈在住や在勤の会社員、タクシードライバーの胃袋をつかんで離さないというわけです。 おにぎり大臣の右腕を担う長女の陽子さん(40)にクエスチョン。ずばり、うまさの秘訣は何ですか? 「これといってこだわりってないんですよ。しいていえば、お米でしょうか。甘味や粘りなどを考慮し、おにぎり専用に数種類のお米をブレンドしたものを使っています。これは米屋のおにぎりら…

None

忘年会接待術 酒席で家族の話題は避ける

もし相手が政治家の悪口を言ったら、〈あいにく、そのへんは詳しくないもので……〉と言えばいいのです」 ユーミンが北海道で必ず運転を頼むことで有名な個人タクシードライバーの下川原正次氏は誰を乗せようと絶対に職業を聞かない。偉い人には卑屈になるかもしれないし、水商売の女性には上から目線になるかもしれない。お客で接客態度が変わるのが怖いからだ。 相手と打ち解けることが接待上…

None

運転中の“万が一”を記録 「ドライブレコーダー」がバカ売れ中

タクシードライバーが乗客から暴力を受けたり、京都で起きた自動車の暴走をドライブレコーダーが捉えていた映像は、読者も覚えているだろう。 事故やアクシデントに巻き込まれたときの“証拠”に使えると、タクシーへの装着率が高まっているわけだが、この流れが一般ドライバーにも広がってきた。 先日、レーダー探知機やカーナビでも知られる「ユピテル」のドライブレコーダーを試す機会があ…

None

CINEMAゲンダイ

「マラヴィータ」主演 ロバート・デ・ニーロ

――「タクシードライバー」などを共に送り出してきたマーティン・スコセッシ(70)が製作総指揮となり、再タッグを組んだ新作がアクションコメディーとは驚きました。 「マフィアものでありながら、誰もが共感できる家族の話です。NYの元ボスが仲間全員を警察に密告し、家族ともども証人保護プログラムに入ってフランスに送られるという設定も、少し超現実的に映るかもしれないけど、調べ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事