日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「沢田研二 音楽」に関する記事

80歳になる今でも“孤高”のイメージがぴったり

あの人は今こうしている

“孤高のギタリスト”ソンコ・マージュさん ブレーク拒む理由

沢田研二、岡林信康と並んで注目のミュージシャンとして取り上げられてるだろう。でも、ボクの音楽は哲学だし、一過性のものじゃないから、歌謡曲やフォークと一緒にして欲しくなかった。で、編集長にボクを扱うのはこれっきりにしてくれって言ったら、“もったいない”ってたまげてたよ。まあ、ボクも若かったんだねえ。最近じゃ昔からボクを知ってるのは五木寛之さんぐらいなもんかな。40…

None

妹ユミさん死去 「ザ・ピーナッツ」が日本に残した“足跡”

同年6月、エミさんは7歳年下の沢田研二と結婚した(87年に離婚)。ユミさんは生涯独身を通した。 「2人とも引退後は一切テレビに出ず、実にきれいに芸能界を去りました」とは芸能評論家の肥留間正明氏だ。 「日本人の欧米コンプレックスを払拭してくれたコンビでした。歌唱力も表現力も一流で、いずみたくや宮川泰といった音楽界の大御所に磨きをかけられた。誰が聴いても“うまい”とうな…

None

出版HOT NEWS

日本初のコンセプトアルバムはタイガース

ボーカリストに沢田研二を召喚し、若い女性の熱狂的な支持を集めたタイガースは、楽曲から歌詞カードに至るまで、旧約聖書をモチーフに格調高く演出された「ヒューマン・ルネッサンス」(1968年)を発表。愛と平和、反戦がテーマに掲げられ、これが日本初のコンセプトアルバムといわれている。 山口百恵を育てた酒井政利、坂本九やドリフターズを手掛けた草野浩二など、昭和歌謡を支えた音…

一番目立っていた及川光博(左)と進行役の黒柳徹子

あれもこれも言わせて

過去映像頼み TBS「ハロウィーン便乗特番」の薄っぺらさ

一番目立っていたのはミッチーで、何度も衣装をチェンジし、最後にはパラシュートを背負って沢田研二の「TOKIO」を完コピしていた。 小林幸子&E-girlsが「お祭りマンボ」をコラボし、話題のピコ太郎が「ペンパイナッポーアッポーペン」を披露、松坂慶子が胸の谷間もあらわな妖艶なドレス姿で「愛の水中花」を熱唱と、まさにごちゃまぜ感満載。豪華なのかショボいのか、わけがわから…

None

プレイバック芸能スキャンダル史

沢田研二 田中裕子 8年越しの交際実らせて結婚

グループサウンズ「ザ・タイガース」のボーカル、沢田研二(65)との交際・結婚である。 出会いは82年4月、田中が26歳の時。当時、再結成したザ・タイガースのコンサートで沢田(当時33歳)と対面。その後、同年末の映画「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」で共演し、この頃から2人の熱愛が囁かれるようになった。83年夏ごろには沢田が田中のマンションに通う姿も目撃された。 沢田は…

及川恒平さん

あの人は今こうしている

六文銭の一人だった及川恒平さんは今もバンド活動継続中

沢田研二、和田アキ子、青江三奈……。主立った歌手はほとんど書き、1000曲は作詞・作曲したんじゃないかな」 だが、5年ほど過ぎた頃、「流行歌の量産なんて自分のやることじゃないな」と悩み、事務所を辞めるだけでなく、歌の世界からも足を洗った。 「で、何をやったか? 驚くことなかれ、テニスのコーチです。高校時代に軟式庭球の経験があり、テニスコーチの資格を取って、約10年間…

加瀬邦彦さんの訃報にファン衝撃

がんと闘い…ザ・ワイルドワンズ 加瀬邦彦さん「自殺」の謎

71年にグループを解散後も活動は順調で、同じ事務所だった沢田研二のプロデューサーとして、「危険なふたり」「TOKIO」の作曲も手がけた。その後、81年にワイルドワンズを再結成。ライブハウスを中心に精力的に活動し、2011年には全国ツアーも行ったほど。それだけに、加瀬さんを知る関係者は自殺と聞いて耳を疑っているという。 しかし、「明るく気丈にステージに立っていました…

郷ひろみはますます健在/(C)日刊ゲンダイ

往年スターと懐かし映像…テレビが頼る“エコ”な番組作り

郷の次は野口五郎、中3トリオ(懐かしすぎ!)で唯一残ってる森昌子、沢田研二が控えてそう。往年のスター・リサイクルのエコな番組作りは続く。 (作家・松野大介)…

NEWSを読み解く今週のキーワード

【スマロス症候群】前代未聞の成り行きで流れ解散したSMAP。おかげで“スマロス”騒ぎまで起こっているらしい。

それ以前は沢田研二も光GENJIも大人へ脱皮するのに一苦労も二苦労もしなければならなかった。またアルバムのデザインがおしゃれで、男でも買いに行けたのも画期的だったという。 ライター、編集者、そして「20年来のジャニヲタ」を自称する3人の鼎談(ていだん)はまさにファントーク。(宝島社 720円+税)…

「秋元さんのおかげ」と姿月あさとさん

今あるのはあの人のおかげ

姿月あさとは詞に涙…歌い手の心境見抜く秋元康の“洞察力”

シャンソンの名曲のカバーを中心に沢田研二さんの「時の過ぎゆくままに」や五輪真弓さんの「恋人よ」といったヒット曲も含めて全11曲を収録。もちろん「夜明け」も入っています。ぜひ、お聞きください。…

黒木憲ジュニア

その日その瞬間

歌手・黒木憲ジュニアが「父の名前」に込めたささやかな覚悟

■レコ大で最優秀新人賞の後は鳴かず飛ばず でも、歌番組の華やかなりし頃で、ピンク・レディーや沢田研二さんらをテレビで見るうちに、憧れちゃったんですよね。父についてスタジオに行って、そうした歌手の皆さんのサインをもらったりしているうちに、中学でフュージョンバンドをはじめ、7年間の内弟子を経て、「やせがまん」って曲でデビューしたんです。SMAPさんと同じ1991年組。…

(氷室京介オフィシャルサイトから)

氷室京介は燃え尽き症候群? 「引退宣言」に飛び交う憶測

たとえば、同じく13日には沢田研二のコンサートツアーが渋谷公会堂で初日を迎えたばかり。66歳のジュリーはこれから全国37公演を突っ走る。氷室は一回り以上も若い。しかも、なぜ発表が山口の会場だったのか。突然の引退宣言は不可解な部分が多すぎます」(芸能ジャーナリスト) 氷室は自身の公式サイトで「急な発表となり、ファンの皆様を驚かせてしまったことをお詫び申し上げます」「正…

None

今だから語れる涙と笑いの酒人生

近田春夫とNY便で痛飲 サエキけんぞうのプロデュース癖

作詞家としては沢田研二や小泉今日子に詞を提供、アイドルのプロデュースや文筆など幅広く活躍している。 ◆新刊「ロックの闘い 1965―1985」(シンコー・ミュージック)絶賛発売中。ビートルズ、ストーンズ等ロックを代表する21枚のアルバムを通し、ロックの歴史をつづっている。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事