日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

クイズ番組・出演者の関連ニュース

None

BS11で人気「高橋英樹のクイズ!なるほど歴史館」

BS11で人気の歴史クイズ番組「高橋英樹のクイズ!なるほど歴史館」が14日夜に2時間特番で放映される。MCの高橋英樹が番組の見どころを語った。 「歴史は大好きなジャンルですので、常に興奮しまくってやっております。この番組は昨年12月にスペシャル番組として放送されまして、4月から隔月放送でシリーズ化することになりました。今回は『本能寺の変』と『井伊直虎』を取り上げます…

バラエティーには向いていない?

また“おバカ”露呈 広瀬すずはバラエティー番組に不向き?

5日放送のクイズ番組「ネプリーグ」(フジテレビ系)に出演した女優・広瀬すず(18)の“おバカぶり”が話題になっている。 クイズ番組初出演の広瀬が挑んだのは、「ハイパーイングリッシュブレインタワー」というコーナー。制限時間内に日本語の単語を英語で解答するルールだが、正解もあったものの、「朝食」「例えば」「警察」などの英単語を答えられず、パニックに。一緒に出演していた小…

くりぃむしちゅー

大みそか民放 お笑いvs格闘技にクイズ番組は対抗できるか

None

●スカパー「ダラケ!」の裏側

あり得ない激レア人物ばかり

今、おカネを払ってでも見たいクイズ番組「ダラケ!」(BSスカパー! 木曜21時~)がアツイ。元・極道の妻、枕営業しているキャバ嬢、格闘プロゲームファイターといった、毎回その道を極めた人物をパネリストに、MCの千原ジュニアが斬り込み、ディープなクイズが展開される。「BSスカパー!バラエティー部門」月間ランキングで常にトップ3。すでに17年度も続投が決定している超人気番…

麻木久仁子さん

愉快な“病人”たち

タレント 麻木久仁子さん(51) 乳がん ㊤

クイズ番組の収録中、解答を書いている時にも“例のしびれ”がやってきたこともありました。でも、20~30秒待てば治まる。 しびれの回数が増えるでもなく、しびれている時間が長くなることもないのですが、何か悪い方に進行したらイヤだなと不安でした。病院で脳のMRIを撮ってもらうと、やはり首の付け根の上の脳の真ん中に小さな梗塞がありました。といっても、“できたてホヤホヤ”で、…

億万長者と付き合ったこともあるが…

あの人は今こうしている

6.5億円の借金返済し…水沢アキが語る「男に頼らない」生き方

頭の回転の速さを生かし、クイズ番組「連想ゲーム」(NHK)の女性軍キャプテンとしても活躍した。リッチでイケメンな白人男性との結婚・離婚でも話題になった水沢さん、今どうしているのか。 会ったのは都内は私鉄某駅からすぐのマンションの共用スペース。敷地も、建物も、家具も、高級感があふれている。 「最上階の部屋は4億円しますから。私が引っ越してきたのは4年前。ええ、一人暮ら…

None

プレイバック芸能スキャンダル史

7年越しの恋を実らせた 武豊と佐野量子

クイズ番組でたまたま一緒になったのだ。武が「昨日、名古屋に来ていましたね」と声をかけ、2人は少しだけ話をした。だが、そこで交際が始まったわけではなかった。交際のスタートは89年12月。武の「笑っていいとも!」テレフォンショッキングへの出演がきっかけだった。翌日にバトンを渡す相手として紹介したのが佐野だった。 「当時、武騎手には芸能人の友人がおらず、苦肉の策で佐野の名…

None

ずん飯尾 今週の「○○師匠」

海越えはるばる師匠

そして帰宅した途端、半数くらいの人たちが、「あ~やっぱり家が一番」と、おのおのの声量でボヤいたんですかね? 自分が「あ~やっぱり家が一番」と思うのは、海外のホテルで現地のバラエティートーク番組やクイズ番組を見ているとき。言葉が分からないんで、ガイジン特有のいま面白いことを言いました顔を頼りに楽しい雰囲気を味わうのが精いっぱいなんです。万が一、スタジオゲストだったら、…

None

大化け株のヒント満載! 必読「投資に勝つ」新語集

None

あれもこれも言わせて

芸能界は元カノ元妻 呉越同舟の何でもアリだから面白い

そもそも3人がなぜクイズ番組に出たかというと、4月スタートの新ドラマ「やすらぎの郷」の番宣のため。4月から「徹子の部屋」の後、12時30分から20分間、月~金で放送するもので、ターゲットはシニア世代。倉本聰の発案によるもので、脚本も倉本が手掛ける。 舞台は全盛期の映画やテレビを支えた俳優、作家、ミュージシャンが集うテレビ人専用老人ホーム「やすらぎの郷La Stra…

None

今週グサッときた名言珍言

「最終的には、お風呂に入りたいですね」 (カズレーザー/フジテレビ「モシモノふたり」3月8日放送)

強烈なキャラを武器に、“名言”を求められ、クイズ番組に引っ張りだこ。そんな未来は想像していなかった。 だからカズレーザーは、夢を持ち努力することは大事だが、夢を達成することと、成功し幸せになることは別の問題だと言うのだ。 きっとカズレーザーは京本政樹と「おためし同居生活」をするなどとは夢にも思ってもいなかっただろう。同居生活を始める前に抱いた「一緒にお風呂に入る」と…

代表合宿では若手に熱血指導

年末年始はタレント専念 吉田沙保里「フリー転身」の功罪

しかし、今年は「Qさま!!」(クイズ番組)、「おしゃれイズム」(トーク番組)、「SMAP×SMAP」(バラエティー番組)などレスリングに関係ない番組にも出演。「秘密のケンミンSHOW」では地元・三重県のローカルグルメを紹介し、「ヒルナンデス!」(ともに情報バラエティー番組)ではファッション企画で美脚を披露していた。 ここまで“雑食”になったきっかけはフリー転身だ。所…

絵本の読み語りをする高見知佳さん

あの人は今こうしている

80年代アイドル高見知佳さん 家族のため沖縄と愛媛を往復

78年、シングル「シンデレラ」でデビューし、映画「蒲田行進曲」やクイズ番組「アイ・アイゲーム」(フジテレビ系)、情報番組「追跡」司会など、多方面に活躍した。 「山城新伍さん、川島なお美さん、青島幸男さん……素晴らしい方たちと共演させていただきました。かわいがってくださった方たちが亡くなると、本当に胸が痛い。『ああ、いい時代だった昭和が終わる』と思います。当時を思い出…

細川茂樹(央)とメイプル超合金の安藤なつ&カズレーザー

ベッキー騒動後の稼ぎ頭 メイプル超合金のフルスロットル

高学歴芸人としてクイズ番組に出場していることで、広告のウケが良く、PRイベントのオファーが増えているという。 バイセクシュアルがマイナスイメージになっていないのも珍しく、今や事務所の稼ぎ頭に成長している。それでも「仕事で寝ていないほど忙しくはない。まだまだです」(担当マネジャー)と言う。 ベッキーが完全復帰には至っていないだけに、これから年末年始のかき入れ時はアクセ…

「相棒」角田課長でお馴染みの山西惇

その日その瞬間

会社か芝居か 山西惇が“役者一本”決意した生瀬勝久の一言

人気ドラマ「相棒」の角田課長が当たり役となり、バラエティーやクイズ番組、舞台で活躍している山西惇さん(53)。大学卒業後、一時はサラリーマン生活を送ったが……。 ■舞台上演とのハワイ研修がモロかぶり 「食うくらいなら、なんとかなるで」 1991年12月。暮れ近い頃だったでしょうか。大阪弁でこう言ったのは生瀬勝久さん(56)でした。 当時、僕は関西にある石油化学メーカ…

下ネタ系のネタもいとわない

2016年下半期“ネクストブレーク”芸人

石井てる美 数千万円の年収を捨て転身した超エリート芸人

ネタ番組に限らず、クイズ番組、バラエティー、教養番組、そのどれからもオファーがくる可能性があるので、今後もっと露出が増えるのは確実だ。…

IBMのワトソンが難病治療に貢献

米IBMの人工知能「ワトソン」 病名見抜き難病治療に貢献

治療した東京大医科学研究所が使ったのは、米国のクイズ番組で人間のチャンピオンを破った米IBMのAI「ワトソン」。 女性は意識障害を起こすなど容体が悪化。そこで女性のがんに関する遺伝子情報をワトソンに入力すると、急性骨髄性白血病のうち「二次性白血病」というタイプであると判明した。ワトソンは抗がん剤を別のものに変えるよう提案。現在、通院治療するまでに回復した。…

金田一秀穂さん

この人に密着24時間

金田一秀穂さんは週1回デパ地下を散歩しないと落ち着かず

テレビのクイズ番組などでもお馴染み、分かりやすい解説と独特の風貌で幅広い世代に人気がある言語学者。普段は杏林大学で教壇に立つ。週末は講演で全国を飛び回る一方、著書も多い。最新刊「美しい日本語が身につく本」(高橋書店)は、手紙用語や普段の会話力アップに役立つ実践書だ。多忙な“国語の先生”の1日は――。 「コレは、1週間で一番大変な金曜日のスケジュール。1日に授業が4つ…

引っ張りだこのオカリナ(左)とゆいP

「おかずクラブ」がブチ切れた 知らない人からの迷惑行為

オ 私は仮面ライダーが好きなので、クイズ番組で仮面ライダーの俳優にお会いしたときはテンション上がりましたね。 ゆ そういう人たちを廊下で見つけたら「オカリナと写真撮ってやってください」「オカリナ、早く!」と言ってね。 オ 世話焼きおばさんみたいなんです。 ▽「おかずクラブ」 オカリナ(31=左。本名・稲尾真季)とゆいP(30=右。本名・藤野ゆい)のコンビ。09年、…

大きな事件が起きると出演オファーが殺到

この人に密着24時間

犯罪ジャーナリスト小川泰平さん 「お酒は年に数回だけ」

バラエティーやクイズ番組の出演オファーもなるべく受けるようにする。そこに「犯罪ジャーナリスト」としてのこだわりが垣間見える。 「事件の解説やプロファイリングをコメントするだけではなく、事件を検証して再び起きないように警鐘を鳴らす役割を担いたいのです。だからメディアの一員として現場に出て、被害者の無念を感じ取ったり、時には警察の捜査の落ち度を指摘したりすることも必要だ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事