日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

鶴田浩二特集

尾上右近「研の會」

3つの血継いだサラブレッド 尾上右近が自主公演で真骨頂

さらに右近の母は映画スター鶴田浩二の娘なのだ。菊五郎家からみても、鶴田浩二家からみても、「女系の男子」となる。父は清元の家元、七代目清元延寿太夫と、これまた名門だ。 役者をほめるのに、「声よし、顔よし、姿よし」という言葉があるが、右近は菊五郎・延寿太夫・鶴田浩二の3つの血を継いで、その全てを備えている。だが「歌舞伎役者の子」ではないというハンディがあり、これまでは知…

加茂田重政元組長の自伝「烈侠」

元大物組長が自伝で明かした ヤクザと芸能界の“蜜月時代”

菅原文太や鶴田浩二は加茂田氏の自宅にも泊まりに来るほどの仲で、“本職”からヤクザの所作を学ぶこともあったという。 「烈侠」の中で加茂田氏は「芸能人とはよう付き合うたよ」と話し、「松平健、火野正平もすごい仲良かった。まだデビュー前の赤井英和が家に来てたり。よく小遣い渡したとか、そんなんもあるし。細川たかしも関係があったな」とも。同書には加茂田氏が主催していた地元の夏祭…

女優で歌手の鶴田さやか

今あるのはあの人のおかげ

女優の鶴田さやか 「鶴田さん」と呼んだ亡き父への感謝を語る

鶴田さん(俳優・歌手の鶴田浩二さん)のことは今も常に、息をするように考え、思っています。62歳で逝って28年経ちますが、家族中がありがたく、特に同じ世界に入った三女の私(女優・歌手の鶴田さやか=55)はその影響、恩恵、エネルギーで仕事させていただいている。本当にありがたい限りです。 ■女性関係以外は筋が通っていた 父を「パパ」と言うような時代は少なかったですね。私は…

None

流されゆく日々

連載9933回 今ふたたび昭和の名曲

『赤と黒のブルース』(詞・宮川哲夫 曲・吉田正 歌・鶴田浩二)『恍惚のブルース』(詞・川内康範 曲・浜口庫之助 歌・青江三奈)『伊勢佐木町ブルース』(詞・川内康範 曲・鈴木庸一 歌・青江三奈)『懐しのブルース』(詞・藤浦洸 曲・万城目正 歌・高峰三枝子)『あなたのブルース』(詞・藤本卓也 曲・藤本卓也 歌・矢吹健) 本場のブルースとはちがうが、その影響をうけて、こ…

司忍6代目山口組組長

新・政官業研究「警察vs山口組」編

「政官業暴」を象徴した結婚披露宴

披露宴の来賓の名前をざっと挙げると、政界からは元神戸市長の中井のほか、大阪出身代議士の中山正暉や兵庫の石井一、芸能界では梅田コマ劇場から舞台衣装のまま大村崑、西郷輝彦が馳せ参じ、鶴田浩二、高倉健、富司純子、清川虹子、勝新太郎と中村玉緖の夫婦、梅宮辰夫、伴淳三郎、五木ひろしなども列席。さらには財界から東急電鉄社長の五島昇や三菱倉庫社長の松村正直といった顔触れもあった…

None

流されゆく日々

連載9904回 昭和歌謡は生きている

歌うスターといえば、戦後は鶴田浩二とか渡哲也、高倉健、そして裕次郎などが頭に浮かぶ。だが、かつての李香蘭や、高峰三枝子の存在感は圧倒的だった。あの軍歌や国民歌の全盛時代に『別れのブルース』や、股旅ものなどが世に送られていることは忘れがたい。 食うや食わずの生活の中で、若者たちが声をはりあげて、 〽山の淋しい湖に ひとりきたのも悲しい心 などと蛮声を張りあげてうたう…

None

観ずに死ねるか

やくざ戦争 日本の首領(1977年 中島貞夫監督)

原作によると、中島組の強さは佐倉の右腕である辰巳若頭(鶴田浩二)の戦術のたまものだ。辰巳は戦争中、中国で八路軍と戦い、ゲリラ戦が最も有効な戦闘法であると悟った。そこで従来の集団同士のケンカをやめ、組員を3人1組の密殺チームに分けて相手の縄張りに送り込み、敵に打撃を与える戦法を考案した。3人は互いに面識がないので逮捕されても仲間の素性を白状する心配がない。この攻撃法…

本人が活字で語った小林旭との関係

小林旭との恋愛暴露…浅丘ルリ子の「新聞連載」次は何が出る

他には佐久間良子が鶴田浩二との不倫関係を書いたこともある。大女優たちは皆、自身の恋愛関係を赤裸々に述べることで、浮き沈みがあったであろう女優人生に、ある強烈な彩りを添えようとしているように見える。 また、ファンからしたら彼女たちの旧作をこれから見る場合には、別の楽しみが生まれることも指摘しておきたい。浅丘なら小林と多く共演した「渡り鳥」シリーズ。ちょうど恋愛関係に…

いまだに健さんの影響力は大きい (C)AP

レアな高倉健作品続々上映で池袋「新文芸坐」が大にぎわい

日刊スポーツの“健さんを探して”で「昭和残侠伝」などを一緒に作ってきた吉田達プロデューサーが、鶴田浩二とのちょっとした確執や、深作欣二監督とはソリが合わなかったことなどを“暴露”していて興味深い。 雑誌でも、2月末発売の月刊誌「一個人」が“高倉健VS菅原文太 やくざ映画名作対決”と銘打った特集を行う。東映ヤクザ映画が、なぜ出てきたのか。2人の魅力は何かなど“フカボリ…

(C)日刊ゲンダイ

プレイバック芸能スキャンダル史

岩井小百合 初デートでボーイフレンドが急死

16日、俳優・鶴田浩二が死去(享年62)。同日イタリア下院議員選挙で元ポルノ女優チチョリーナが当選。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事