日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

膳場貴子に関する記事

視聴率に結びつかず/(C)日刊ゲンダイ

「23」に後任浮上…膳場貴子アナは選挙特番が引退の花道!?

当然ながら、キャスターを務める膳場貴子(39)の立場も危うくなっている。 テコ入れ策として昨年4月からはアンカーマンにTBS報道の大御所・岸井成格氏を起用してリニューアルを図ったが目立った成果は表れなかった。そうなると、番組の顔を務め、高額ギャラの膳場が批判の対象になるのは業界の常だ。 「岸井さんの起用でも視聴率回復ができなかったことから、局内では“もう『23』はブ…

産休から復帰した膳場貴子アナ

NEWS23復帰も4月に異動…膳場貴子アナの気になるギャラ

昨年11月から産休中だったフリーアナの膳場貴子(40)が8日、「NEWS23」(TBS系)に復帰して話題になっている。復帰したとはいえ、ちょっと前には番組降板を「自ら申し入れたか」「局側から通告されたか」を巡ってTBSとゴタゴタし、結局は「『NEWS23』は3月いっぱいで降板。4月からは『報道特集』を担当する」ことで決着をつけた身。今後が心配になってくる。 「最たる…

山岸や尾野もすごいけど…最強は膳場アナ

過去2回の相手は東大出…“3度目”膳場貴子アナの最強伝説

【連載コラム 桧山珠美の「あれもこれも言わせて」】 尾野真千子(33)に山岸舞彩(28)、膳場貴子(40)……とこの1週間立て続けにおめでたいニュースが続いた。 尾野の相手はエグザイルの事務所の専務で渋谷のチーマー全盛時代にブイブイいわせ、山岸の相手は丸井の創業者の孫とはすごいが、膳場も負けてはいない。御年40歳、今年に入って3度目の結婚、妊娠4~5カ月。入籍が先か…

妊娠も同時に明るみに

再々婚発覚 膳場貴子アナ“秘密主義”に故・筑紫哲也氏の教え

結婚の知らせもなかったのに、突如、妊娠まで明らかになり、視聴者を驚かせた膳場貴子アナ(40)。結婚したのは今年春。子供は妊娠4~5カ月で、年末ごろに出産とみられている。相手は大手広告代理店勤務のエリートサラリーマン。膳場とは東大時代の同級生で、中学から大学まで柔道をしていた大柄な男性、率直に言うと「デブ」だという。 膳場アナはこれまでも自身の結婚・離婚について“秘密…

厳しい選抜試験があるケースも

大手vs寺子屋 予備校別「東大合格」最新ランキング

いまだに大教室の醍醐味(だいごみ)のイメージが残る代ゼミはこの点で後れを取ったと言えるでしょう」 ■菊川怜も膳場貴子も通った 東進は「今でしょ」でおなじみ、林修氏など実力講師を抱えることで有名。80年代後半、他校のカリスマ講師を次々にスカウトして現在の地位に上り詰めた。東進のHPによると東大の現役合格生は1988人。このうち東進の現役合格者は668人で、東大現役合格…

番組は好調スタート

女性誌で後妻に“反論” 復帰の雨宮塔子を覆う私生活の不安

プライベートでいえば前任者の膳場貴子アナも番組担当中に2度目の離婚をし、3度目の結婚も果たしています。古くは小宮悦子や安藤優子も私生活はゴタゴタしながら番組はキチンと務めていた。雨宮アナもまだ番組を始めたばかり。キャスターとしての視点がキチンとしてるのなら、私生活はもうちょっと長い目で見てみましょう」(芸能評論家の肥留間正明氏) 雨宮アナのキャスターぶりにA子さんが…

左上から時計回りに平山佐知子、林久美子、永江孝子、徳永エリ、石井苗子、伊藤孝恵の各氏

女子アナ&キャスター 参院選“元テレビ美魔女”候補の明暗

2013年まで14年間、NHK静岡のニュース番組で契約キャスターを務め、「静岡の膳場貴子」とも。知名度は抜群で、自民支持者にもファンが多い。トップ当選に注目が集まったものの、自民の現職、岩井茂樹(48)の組織力の前に後塵を拝した。 衆院から転身した愛媛(改選数1)の永江孝子(愛媛・56・無所属)は元南海放送アナ。12、14年の衆院愛媛1区で塩崎厚労相と激戦の末、連続…

毎日新聞特別編集委員の岸井成格氏

注目の人 直撃インタビュー

元NEWS23岸井成格氏 「このままだとメディアは窒息する」

――それが「ニュース23」降板につながったのでしょうか? TBS側はメーンキャスターの膳場貴子さんが産休に入るので前から番組一新を考えていた。そうしたら、あの意見広告が出たものだから、困っちゃった。決して圧力に屈して決めたわけではありません、という説明でした。 ――その説明を信じている? 今年5月、国連の人権委員会からデイビット・ケイ米カリフォルニア大教授が日本の…

17年ぶりに古巣に出戻り

報道経験ほぼゼロでも 「NEWS23」が雨宮塔子にすがるワケ

同番組は今年3月に、それまでアンカーを務めていた岸井成格氏(71)と膳場貴子キャスター(41)を同時降板させ、代わって朝日新聞から星氏を招いて大幅刷新を図っていた。ところが、視聴率が思うように伸びず、常時8%台を連発する日テレの「NEWS ZERO」に対抗するため、テコ入れ策を探っていた最中。 その事情は重々分かるが、どうしてよりによって17年前にTBSを辞めたア…

膳場アナの現場リポートに期待

斬り取り 報道・情報番組この1本

TBS「報道特集」が示す ニュースに向き合う“報道の基本”

4月から小林悠に代わり「NEWS23」の膳場貴子が加わったTBS系「報道特集」(土)。新たな番組に移っても金平茂紀をはじめとするレギュラーや記者と的確にやりとりし、中身を多角的に掘り下げる姿勢、滑舌の良さは相変わらずだ。 7日は36年ぶりに開かれた北朝鮮の朝鮮労働党大会取材のため平壌入りした日下部正樹が現地からリポート。肝心の党大会の取材はNGで、街並みや市民の暮ら…

小林悠に続いて久保田智子まで…

今度は久保田智子が退社 TBSから消えゆく報道畑女子アナ

つい先日、「NEWS23」の膳場貴子アナ(41)の後釜に決まっていた小林悠アナ(30)が「これから」というタイミングで辞めたばかりなのに、今度は膳場アナが産休中に代打を務めていた久保田智子アナ(39)もTBSを退社するという。 小林アナが交際男性とのツーショットを撮られたのが退社のきっかけになったのと違い、久保田アナの場合は、ニューヨークに赴任している夫(日本テレビ…

山口智子(左)と小野文惠

あれもこれも言わせて

不妊 小野文恵の“捨て石発言派”か山口智子の“子供を産まない派”か

年末に結婚した安倍なつみも妊娠、膳場貴子も出産を終え、復帰してきた。 一方で久本雅美や島崎和歌子のように、結婚できないキャラで人気のタレントもいる。彼女らのいいところは、どこか後ろめたさを感じているふりをしているところ。本当は一人の生活を満喫していて、山口の発言には複雑な心境だろう。 ともかく、バブル全盛期に生きた世代は異質みたい。…

古舘伊知郎はどれだけ稼いだの?

テレビ界に激震 古舘「報ステ」降板で飛び交う後任の名前

同番組の膳場貴子も産休中で、メーンキャスター不在の事態に陥る。 「ZERO」の村尾信尚がキャスターとしては評価が高くないのに安泰というのは、なんとも皮肉な話である。…

ナチスさながらの言論統制

巻頭特集

岸井騒動は氷山の一角 とっくに死んでいるテレビ局

TBSも断固戦うべきで、岸井氏の降板の噂が本当だとしたら、とんでもないことです」 岸井氏とともにキャスターを務め、現在産休中の膳場貴子アナも、TBSの幹部から出産を理由に「来年3月で専属契約を終わりにしたい」と告げられたと女性週刊誌に書かれていた。事実なられっきとしたマタハラだが、両キャスターを降ろして放送時間を短縮し、アナウンサーが原稿を読み上げるだけのストレート…

「NEWS23」は大揺れ…

NEWS23 岸井氏&膳場アナ総退陣なら「TBSは二度死ぬ」

アンカーの岸井成格氏(71)に続いてメーンキャスターの膳場貴子(40)まで――今、TBS「NEWS23」で一体何が起きているのか。番組内の岸井氏の発言をめぐって任意団体がイチャモンをつけているのはすでに報道の通りだが、膳場の一件とはこうだ。 3日の一部スポーツ紙がTBS関係者の話として「膳場アナから『番組に区切りをつけて育児に専念したい』と申し入れがあった」ため、来…

フリーか引退か

フリー転身なら年収ダウン? フジ阿部知代アナの“商品価値”

「ちょっと前の『フリー女子アナ年収ランキング』によると、トップは高島彩の2億円、続いて滝川クリステル1億4000万円、膳場貴子6000万円、赤江珠緒5000万円……という具合でした。いずれもCMや帯番組を持っていての数字で、さすがにピークは過ぎてトウがたっているのでここまで望むのは無理ですね」(女子アナウオッチャー) むしろ年代的にいえば、昨年TBSを定年退職した…

夏目三久を押しのけ1位/(C)日刊ゲンダイ

高橋真麻がトップ!? フリーアナ「潜在視聴率」ベスト20

亀井京子(31=元テレビ東京)、膳場貴子(39=元NHK)、中田有紀(41=元青森放送)あたりは“安定株”。一方、脊山麻理子(34=元日本テレビ)は、父親が東大医学部元教授でありながら、本人が30代にして水着グラビアを披露している。そのギャップで人気急上昇中だ。 「厳しいのは、55歳の安藤優子(元フジテレビ)に負けた山岸舞彩(27)でしょう。鳴り物入りでNHKから…

None

八田亜矢子は大丈夫? 「東大卒女性は離婚が早い」のジンクス

大胆に即決して周囲をアッと言わせることもありますが、ただ、結婚となると話は別ですからね」 ■大先輩の膳場アナは「バツ2」 確かに、八田と同じ東大医学部健康科学・看護学科卒のキャスター膳場貴子(38)にも“バツ”が2つある。東大卒ではフジテレビの佐々木恭子アナ(41)も離婚歴があるし、片山さつき参院議員(54)だってそう。 「NHKの小野文恵アナ(45)にも、式まで挙…

None

「独身の星」有働由美子アナ NHKに捧げた“女の幸せ”

草野満代、久保純子、膳場貴子、住吉美紀といった同世代が続々とフリーへ転向する中、有働アナにも独立を促す声がかかったはず。それでもなびかず、NHKに骨をうずめる姿勢を見せる彼女のことを上層部も高く評価しているでしょう。ニューヨーク支局勤務も経験。同局の将来を担う人材であるのは間違いなく、このままいけば、50代半ばで理事待遇に上り詰めた山根基世を上回る早さでの出世が期待…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事