日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「松田聖子 最近」に関する記事

現役アイドルがカバー/(C)日刊ゲンダイ

松田聖子のファン層に異変…親の影響で若い女の子が夢中?

50歳を過ぎても活躍中のアイドル・松田聖子のファン層に変化が起きている。これまでは40代から50代が大半だったが、最近はなぜか若い女の子のファンが急増しているという。 両親が熱狂的なファンだった影響もあり、リアルタイムを知らない世代の支持がここ数年で高まっている。コンサート会場にもそうした若者が増えていて、カラオケでの人気ランキングも上昇しているというから驚きだ。 …

役者・芸人「貧乏物語」

「女になれば聖子ちゃんに…」 かまだ聖子が語る整形貧乏時代

松田聖子のソックリタレントは多数いるが、ニューハーフは彼女だけ? しかし、変身のおかげで貧乏になったという。 父がバンドマンで昔は歌番組や歌手のバックでトランペット奏者を務めていて、母も音楽をやっていたので音楽一家でした。休みの日にはレコードが一日中流れたり、演奏したり。だから、私は物心ついてから歌ばかり歌ってました。21年前の養成所時代にミュージカルの初舞台に立っ…

好きと嫌いは紙一重

“嫌われ”に悟りの境地 神田うのに「泉ピン子目指せ」の声

デビュー直後は松田聖子は“ウソ泣き”、山口百恵も“ツッパリ”で嫌われていました。嫌われるっていうことは目立っているということの裏返しでもあります。そのランキングにずっと入っているということは、タレントとして“何かを持っている”ということ。嫌われ女優の大御所といえば、泉ピン子や和田アキ子がいますが、うのチャンにはぜひ、“目指せ、ピン子”と言ってあげたいですね」 嫌われ…

田畑智子(左)と中森明菜には相違点も…

田畑智子「自殺未遂騒動」 酷似した“明菜事件”との決定的違い

当時付き合っていた近藤真彦と半同棲状態でしたが、一方で近藤は明菜のライバルだった松田聖子ともNYで密会していた。明菜が事件を起こしたのは“NY密会”が報道された4カ月後のことでした」(芸能評論家の肥留間正明氏) 一方で、いくつかの相違点も見えてくる。田畑の場合は119番通報したのは本人だが、明菜の場合はマッチだった。また、田畑は当日に退院したが、明菜が退院したのは事…

None

「プチ移住」ここがお得!

東京都瑞穂町 国民健康保険料は世田谷区より年間4万円安い

松田聖子の「風立ちぬ」、森進一の「冬のリヴィエラ」、そして小林旭の「熱き心に」に共通するのは、作曲者が大瀧詠一だということ。その大瀧が2013年に死去するまでプチ移住先として愛していた町が、今回の東京都西多摩郡瑞穂町だ。 瑞穂町は都内で最も国民健康保険料が安い。社会保険のサラリーマンにはピンとこないかもしれないが、年金暮らしになってみれば、国保の安さが身に染みるはず…

None

藤あや子 再婚で描く大家族主義

「五月みどりさんの3度目の結婚相手が20歳年下だったことや、松田聖子さんがいま親密にされていると噂の11歳年下のマネジャーが整体師だということを思い出しますね。年下で、どちらかというとフォロー役の男性は、経験豊富で経済的にも自立した女性にとって、楽に付き合え、相性の良い相手なのかも知れません。50代半ばの藤あや子さんが、これが最後の恋かも知れないとときめき、大切に…

None

元祖お嫁さんにしたい女優 八千草薫も略奪婚?

松田聖子(54)はバックダンサーのジェフ・ニコルス、アラン・リードと肉体関係を結び、アランから逆セクハラで訴えられる始末。宮沢りえ(43)は貴乃花との破談以降、ビートたけし(70)らオジサンとの交際の噂が絶えず、21歳の時には宿泊先の京都のホテルで手首を切って自殺未遂騒動を起こした。当時、交際が伝えられた中村勘三郎(故人)の定宿での出来事だった。また、今やハリウッド…

他人事じゃない! 急増する「スマホ老眼」をどう防ぐ

中でもオススメは、松田聖子のテレビCMで話題の眼鏡市場から発売されている「i-relax(アイリラックス)」だ。 特徴は、近くが楽に見える“ちかラクゾーン”と遠くがハッキリ見える“はっきりゾーン”の2つのゾーンを1つのレンズに設定し、ピントを合わせる目の調節力をサポートしてくれること。レンズ下側は近くがラクに見えるように作用し、レンズ上側は遠くがよく見えるように作用…

左から時計回りに、タモリ、井上陽水、福山雅治

福山に陽水も? 紅白司会タモリ内定で「九州人脈」フル活用

女性陣も最近はジャズが人気の八代亜紀、松田聖子、浜崎あゆみ、椎名林檎、指原莉乃率いるHKTなど一線級がズラリ。タモリが司会を務める紅白への出演オファーがあれば二つ返事は間違いないだろう。 その上で、「サプライズは井上陽水の初出場です。陽水は『ヨルタモリ』にも出演していましたし、親友タモリのためなら一肌脱ぐのではないかとNHK側は期待を寄せています。もうひとりは結婚を…

ハワイ育ちの天真らんまんさが魅力

英語ペラペラ&高身長 すみれ“ハリウッドで成功”の可能性

渡辺謙、浅野忠信、真田広之、松田聖子、菊地凛子、竹内結子、菊川怜……枚挙にいとまがないほどだ。 「1、2本出演した芸能人はたくさんいます。それだけでもすごいけど、最近は渡辺謙のように、活躍し続けている人もいる。すみれさんがハリウッドで活躍できる可能性は十分あるでしょう。7歳からハワイで暮らしているから英語は問題ないし、身長175センチで手足が長く、顔立ちも“アジアン…

「荷が重かった…」と揚田さん

あの人は今こうしている

「第二の山口百恵」揚田亜紀さん 今は歯科院長夫人で“CEO”

芸能人と歯科医の結婚といえば、松田聖子や小沢真珠を思い出す。 「大学病院でダンナに診てもらったのがきっかけです。ひと目惚れしちゃって、12年前、『マネーの虎』(日テレ)に出て著名な起業家の方を相手に1435万円のプレゼンテーションをして、1420万円でマネー成立させた時と同じ。猛烈な熱意と情熱でアプローチしました。で、結婚成立! です、フフフ」 さて、揚田さんは1…

豊原功補との熱愛が報じられた小泉今日子

スキャンダルでも揺るがない 小泉今日子の「自信」と「実力」

小泉と同世代の松田聖子、中森明菜もスキャンダルは数知れずあったが、人気は今も不変。むしろ、ステップアップしている。公私にわたって小泉の今後が注目される。 (ジャーナリスト・二田一比古)…

向井理(左)と西島秀俊/(C)日刊ゲンダイ

西島秀俊と決定的違い…俳優・向井理が結婚で迎える“岐路”

そのためには女性ファンがゼロになるくらいの覚悟がないといけない」 典型的な例が松田聖子。デビュー当初、アイドル歌手として人気を得ていたが、結婚、離婚に浮気のおまけも付く恋愛遍歴を重ねた。男性ファン離れが懸念されたが、「生き方が潔くてカッコいい」と女性から憧れる存在になり支持も受けた。 すでにイケメン俳優の世界も飽和状態。サバイバル時代に入っている。結婚を機に向井が「…

ニックネームは「fumi fumi」/(C)日刊ゲンダイ

あの人は今こうしている

“ポスト聖子”沢田富美子は不動産投資家 海外飛び回る日々

沢田富美子さん(52)は松田聖子に遅れること1年、18歳の時に歌手デビュー。アイドルの中でもさらに可愛らしい容姿で人気を集め、“ポスト聖子”といわれた。しかし、本家ほどメガヒットは飛ばせないまま、表舞台から姿を消した。今どうしているのか。 「聖子ちゃんとは堀越学園の同級生でお友達でした。彼女が先にデビューし、アッという間にスターへの道を駆け上がっていくのを見て、スゴ…

懐かしい/(C)日刊ゲンダイ

「鉄人28号」は27万円…押入に眠る60年代お宝オモチャ

松田聖子さん、中森明菜さん、森高千里さん…80年代アイドルはたくさんいますが、やっぱり聖子さんがテッパンですね。ポスター、カレンダー、写真集などのグッズの中で、特に高値が付くのは新曲発売を告知するポスターです。保存状態にもよりますが、聖子さんの場合、5万円ということもありました。一時、露出が少なかった明菜さんも最近“復活”の話が出てきて、ジワジワ値が上がっていま…

None

プレイバック芸能スキャンダル史

時を経ても風化しない アイドル岡田有希子の「自殺の現場」

清潔感のあるルックスが人気を集め、ポスト松田聖子として売り出し中だった。 詳細はいまだに未公開だが、「あこがれていたのに、最近、冷たくされて悲しい。勝手なことしてすみません」と失恋をにおわせる遺書があると伝えられた。芸能マスコミは自殺に驚くとともに相手は誰かと騒然となった。 同夜22時20分には、恋人として遺書に名が挙げられたといわれる24歳年上の俳優、峰岸徹(08…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事